我慢と自慢

テーマ:

「退屈」 に続いて仏教に由来する言葉 第2弾です



「我慢」は一般的には「辛抱する事」、「自分を抑えて耐え忍ぶ事」


と言う様ないい意味に用いられています


最近では 「MOTTAINAI」 と同じように「GAMAN」も


日本人の美徳として海外でも知られているとか


ところが


「我慢」は仏教語ではあまりいい意味ではないようです


「慢」と云う字は慢心という言葉があるように


「驕りたかぶる」 と云う意味があり


我慢というのは


  「自分を優れていると思い、他を軽んずること」


  「自分に執着することから起こる慢心のこと」


とされています 自慢に近い意味ですね



こうなると


子供などに「我慢しなさい」とうっかり言えませんね



字典などには両方の意味が載っています


言葉使いは難しいですね



付けたし


仏教では おごりたかぶる心を七つ挙げて「七慢」と称しています


 「慢」 「過慢」 「慢過慢」 「我慢」 「増上慢」 「卑慢」 「邪慢」


それぞれの意味について興味のある方は調べてみてください


AD

完璧はいいのか?

テーマ:

また 間が開いてしまった


先日 10月11日に 「宝塚 ブスの25条」 を載せましたが


全てを満たしている人は果たしているのだろうか? と思ってしまう


もし居たら、きっとかなりツマラナイ そして


極めて付き合いにくい人だろうなぁ


完璧な人間なんて居ないし、完璧になる必要もない


どこかに欠点があることこそが人間味のある美人ではないかと思う


自分の足りない所を見つけて


完璧を目指して努力を続ける過程が大切なのではないか



11日のあのブログを書いてからずっと気になっていたので書きました



完璧である事について、近々続きを書きたいと思います


よろしくです



AD

ヘチマ

テーマ:

何の参考にもなりませんがにひひ


昨日アップできなかった

ヘチマ水を取る仕掛けだけ載せておきます


収穫したヘチマの実の一部  

        使い道が今一?叫び  やっぱりタワシですね


行政書士とその相棒ペレの雑記帳-ヘチマ水




ヘチマのツルからペットボトルへ  美人のもとを集めます音譜


   ちょっと見難いのですが

   プランターの底を突き抜けて根っこが出ています



行政書士とその相棒ペレの雑記帳-へちまのみ

AD