つらい食事制限や運動不要の健康志向のダイエット法

・肉もお酒も楽しんで運動はしてもしなくてもマイペースでできる!!
・万病の源である高血糖と肥満を改善し、綺麗に痩せる!!
・9年間の治療で一向に改善できなかったのに「ある気づき」をきっかけにわずか2ヶ月半で肥満と二型糖尿病を改善できた実践法!


テーマ:
こんにちわ

後藤です。

本日は、糖尿病とストレス、うつについてです。

糖尿病は、過食と運動不足が原因という印象が大変強いですが、

実はもうひとつ重要なファクターがあるって、ご存知ですか?

それがストレスです。

ここでは、糖尿病とストレスの関係、

糖尿病+ストレスがうつを発症しやすいこと。

糖尿病&うつの解消法について紹介します。

続きはこちらです。↓↓↓

糖尿病とストレスの関係は?うつも併発?治療はストレス解消から?

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちわ 
2型糖尿病改善アドバイザーの後藤です

今回は、糖尿病とうつの関係について見てみましょう。

気分が落ち込んで、うつ気味になるときは誰にでもあります。

「うつは心のかぜ」といわれるように、もともとはストレスから逃れる一種の防衛反応なのです。

本来は時間の縫過で回復するようになっています。

でも、糖尿病患者は「うつ」になりやすいので注意が必要です。

糖尿病治療がずっと続き、成果がでないと、次第に疲れてきてストレスが溜
まり、うつ的な傾向が始まりやすいのです。

そしてこのストレスが、長期化すると、糖尿病が原因でうつ病を発症することになります。

実際、糖尿病になると、食べすぎはダメ、お菓子はダメ、アルコールはダメと食事や運動療法を病院から指導されます。

それで、生活上のさまざまな制約やわずらわしさなどを感じたりします。

さらに視力障害、腎障害、神経障害、など重い合併症や、脳梗塞や心筋梗塞の不安も高まります。

 これらすべてが精神的ストレスであり、糖尿病患者にはつねに大きなストレスがかかった状態が続きます。

だから、糖尿病患者は「うつ」になりやすいのです。


実際、糖尿病患者がうつになる確率は、健康な人に比べて2~3倍だそうです。


ところで、「うつ病」が発生するメカニズムですが、

ストレスでセロトニンという脳内物質が減ると、元気を回復することができず、気分が落ち込み続ける「うつ病」になるとされています。   

そのため、うつ病の治療薬はセロトニンを増やすものとなっています。

しかし、普段の生活の中からセロトニンを増やすことが何より重要です。

  全身に朝日を浴びることはセロトニンを増やす一つの方法です。

朝、ゆっくりと30分ほど散歩するのが理想ですが、屋外に出なくても、カーテンを開けて明るさを感じるだけでも効果があります。

また、大きく呼吸すること、ヨガや座禅、ゆっくりとした有酸素運動でも、セロトニンの働きは維持されます。

他にも、家族やペットとのスキンシップも、セロトニンを増やすには有効だといわれています。

糖尿病の治療には、ストレスを溜めないようにして、セロトニンを減らさないことも大切です。

(まとめ)
うつ対策は「光・呼吸・絆」がポイント

1.朝日を全身に浴びる

2.有酸素運動や呼吸法をする

3.マッサージで皮膚を刺激する

4.ストレスをうまく解消する



ストレスも解消できる糖尿病改善法はこちら
     

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちわ 

2型
糖尿病改善アドバイザーの後藤です。
今日から10月、高松はようやく秋らしくなってきました。

さて、糖尿病とストレスの関係ってご存知ですか ?

 糖尿病は、過食と運動不足が原因という印象が大変強いですが、
実はもうひとつ重要なファクターがあります。

それがストレスです。

ストレスは過食、運動不足に次ぐ、第三の原因といわれています。

 過度のストレスにより糖尿病を発症したり、
糖尿病が悪化するケースが増えています。

また、ストレスの多い人は糖尿病合併症にもなりやすいそうです。

仕事上の悩みや家庭内でのトラブルなど、
身体的・精神的に急激に ストレスがかかると、
血圧や血糖値が上がって免疫力も低下するからです。  

 
そういえば、私の糖尿病が悪化した時期を思い返せば、
仕事上の悩みで、ストレスを抱えていた時期でした。

 
ストレスを感じると、副腎髄質からアドレナリンが分泌されるそうです。
アドレナリンは別名「戦闘ホルモン」とも呼ばれるもので、
このホルモンによってカラダは戦闘モードに切り替わります。


 闘うためにはカラダが力強く動かないといけません。

そのために心臓は心拍数と血圧を上げて カラダを闘える状態にします。
 
 また、アドレナリンは心臓と同時に肝臓にも作用し、
肝臓からはブドウ糖を血液中に放出して筋 肉細胞にエネルギー源として供給します。


これで筋肉が活発に動くことができるのです。


健康な場合は、肝臓から放出されたブドウ糖は、血液中のインスリンにより
筋肉細胞内 に速やかに取り込まれ、筋肉細胞内でエネルギー源として燃焼します。  


しかし、糖尿病の場合はインスリンの作用が不足しているので、
肝臓からブドウ糖が放 出されても、筋肉細胞内に取り込めず、
そのために血液中にブドウ糖があふれます。


つま り血糖値が上がりやすくなってしまいます。


また、ストレスそのものの作用以上に血糖値を上げるのが、
ストレス解消の手段として 過食に走る、いわゆる 「ストレス食い」です。


イライラするときや精神的に不安定なときには、
空腹でなくてもつい手近にあるものを口に運んでしまいますよね。


あなたも思い当たるところはありませんか?


実際、これで血糖コントロールを乱す人が多いのです。


従って、糖尿病治療のためには このストレスを上手に解消することが大切です。


だから、糖尿病治療法はストレスの少ない方法が良いですね。



その点、私がおおすすめ後藤式糖尿病改善法

薬に頼ることなく糖尿病が治療できる、
しかもつらい食事制限や運動も不要!

食後の血糖値の上昇を抑制するにはいろいろな方法があるらしく
選択肢が豊富!

それらの中から自分のライフスタイルにあったやり方を選んで
わずかな努力で、マイペースで実施できます。

これなら、ストレスなく糖尿病治療できると思いませんか
▼ ▼ ▼

後藤式糖尿病改善法

 
 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんにちわ 

糖尿病改善アドバイザーの後藤です。

前回は糖尿病患者が「うつ」になりやすいことをご説明しましたが、
その逆はどうでしょうか

つまり、うつの人は糖尿病になりやすいのでしょうか?

 うつ病の人は、対人関係が苦手になり、あまり外出したくないという気持ちになるようです。

そして、引きこもりがちになると、どうしても過食に走ったり、運動不足に陥りやすくなるので
、それが糖尿病を引き起こす原因のひとつになるようです。

 また、前回述べたように、長期にわたる過度のストレスは血糖値を上げてしまいます。
 
 不安感の強い人、まじめで凡帳面な人、責任感の強いタイプの人などは、もともとうつ
病になりやすい性格といわれています。

こういうタイプの人が糖尿病になると、さらにうつ病が重くなる可能性があります。

たとえば責任感の強いタイプの人は、食事管理やウォーキングができなかったときに
自分を強く責めてしまい、そのことがさらに「うつ」や糖尿病を悪化させるのです。

 このように前回見た、糖尿病→「うつ」の流れとあわせて、「うつ」→糖尿病の流れもあり
、ますます糖尿病が悪化しやすくなるのです。

つまり、肥満が糖尿病を招く悪循環の引き金となるように

ストレスが長期化してなる「うつ」も糖尿病を招く悪循環となりやすいのです。

従って、糖尿病治療では、この悪循環に陥らないために、ストレスを長期化させないよう

上手に発散させることが大切
です。

  
私がおすすめする、烈しい食事制限や運動が不要で、
マイペースで自分のライフスタイルにあわせて実践できる糖尿病改善法

は選択肢が豊富で柔軟性が高いので、ストレスの解消やうつの予防にも適した
実践法です。

詳しくはこちら→後藤式糖尿病改善法
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 こんにちわ 糖尿病改善アドバイザーの後藤です。


前回、ストレスが過食、運動不足に次ぐ、糖尿病の第3の原因であること、
および、ストレス解消のポイントについて記載しました。

今回は、ストレスとうつ、糖尿病とうつの関係について見てみましょう。

まず、ストレスとうつについては
ストレスが長引くと、誰でも気が滅入ってきます。
その度がすぎて、カラダも心も疲れ果てると「うつ」になります。

従って、ストレスは糖尿病の原因であると同時に「うつ」の原因なんですね。、

また、糖尿病とうつについては糖尿病治療がずっと続き、成果がでないと、次第に疲れてきて
ストレスが溜まりうつ的な傾向が始まりますね。

そしてこのストレスが、長期化すると、糖尿病が原因でうつ病を発症することになります。

実際、糖尿病になると、食べすぎはダメ、お菓子はダメ、アルコールはダメと食事や運動療法を病院から指導され生活上のさまざまな制約やわずらわしさなどを感じたりします

さらに視力障害、腎障害、神経障害、など重い合併症や、脳梗塞や心筋梗塞の不安も高まります
 
 これらすべてが精神的ストレスであり、糖尿病患者にはつねに大きなストレスがかかった状態が続きます。

だから、糖尿病患者は「うつ」になりやすいのです。

実際、糖尿病患者がうつになる確率は、健康な人に比べて2~3倍だそうです。


私も9年間の治療で一向に改善できなかったとき、このようなストレス状態になりうつ気味になっていました。

でも、ある「気づき」から試した方法で、これらのストレスから解放され、糖尿病が改善できたのです。

その理由は自分のライフスタイルにあわせて、マイペースで実践でき、
糖尿病治療のストレスを軽減できる糖尿病改善法
を見出したからです。

詳しくはこちら→後藤式糖尿病改善法


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
糖尿病を改善するためのストレス解消のポイントとは?

ストレスを解消するために、ストレスをなくせばいいのでしょうか?

そうではありません。

ストレスは、私たちが生きていくうえで直面する精神的、
物理的・化学的刺激であり、社会生活を営む以上、逃れることはできません。
                    
 仮に、社会生活を捨てて、山里に隠遁したとしても、自然の厳しさや孤独といった
ストレスにみまわれます。
 人間の生活は、ストレスとは切り離せないものです。

そこで、ストレスとどう付き合うか、どうかわすかがポイントになってきます。
 
実は、ストレスには、好ましいストレス と悪いストレス があります。

好ましいストレスは、人生の可能性を広げる礎にもなります。

たとえば、難しいけれどやりがいがある仕事や趣味は、
適度なプレッシャーとなり、前進の契機を与えてくれます。
 
一方、悪いストレスは仕事上の過度のノルマ、過労、好ましくない人間関係などです。

好ましいストレスが適度にあり、悪いストレスが極力少ない状態が理想的だといえます。

この点からも、ストレスと付き合い、うまく対処していくことが大切です。

 ストレスをため込み、ひとりで悩む人には、次のような性格の方が多いようです。
             
  ●自分の考えや感情を表に出さない
  ●責任感が強く、世話好き
  ●物事が完璧に進むことを求める


 
  このような性格は、糖尿病になる人にも多く
長年、我慢や無理を続けるなかで健康への悪影響が重なり、
糖代謝に異常をきたした例が相当数見受けられるそうです。
 
悪いストレスをためないためには、
ムリをしない、きちんと休む、人生を楽しむ ことが大切です。

誰でも「やらなければならないこと」が山積していますが
一歩ひいて眺めてみると、今すぐやらなくてもよいことは、けっこう多いものです。

一度きりの自分の人生、楽しく自然に、自らの思う道をマイペースで
楽しみましょう。

私の糖尿病改善法はこのことを念頭に置いたものです。

詳しくはこちら→後藤式糖尿病改善法
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

糖尿病とストレスの関係ってご存知ですか?

 糖尿病は、過食と運動不足が原因という印象が大変強いですが、
実はもうひとつ重要なファクターがあります。それがストレスです。

ストレスは過食、運動不足に次ぐ、第三の原因といわれています。

 私が受診している糖尿病専門医の先生によると、
過度のストレスにより糖尿病を発症したり、糖尿病が悪化するケースが増えており、
また、ストレスの多い人は糖尿病合併症にもなりやすいそうです。

  仕事上の悩みや家庭内でのトラブルなど、
身体的・精神的に急激に ストレスがかかると、
血圧や血糖値が上がって免疫力も低下する
からです。  

 そういえば、私の糖尿病が悪化した時期を思い返せば、
仕事上の悩みで、ストレスを抱えていた時期でした。

 ストレスを感じると、副腎髄質からアドレナリンが分泌されるそうです。
アドレナリンは別名「戦闘ホルモンとも呼ばれるもので、
このホルモンによってカラダは戦闘モードに切り替わります。

 闘うためにはカラダが力強く動かないといけません。
そのために心臓は心拍数と血圧を上げて カラダを闘える状態にします。
 また、アドレナリンは心臓と同時に肝臓にも作用し、
肝臓からはブドウ糖を血液中に放出して筋 肉細胞にエネルギー源として供給します。

これで筋肉が活発に動くことができるのです。

  健康な場合は、肝臓から放出されたブドウ糖は、血液中のインスリンにより
筋肉細胞内 に速やかに取り込まれ、筋肉細胞内でエネルギー源として燃焼します。  

  しかし、糖尿病の場合はインスリンの作用が不足しているので、
肝臓からブドウ糖が放 出されても、筋肉細胞内に取り込めず、
そのために血液中にブドウ糖があふれます。

 つま り血糖値が上がりやすくなってしまいます。

  また、ストレスそのものの作用以上に血糖値を上げるのが、
ストレス解消の手段として 過食に走る、いわゆる 「ストレス食い」 です。

イライラするときや精神的に不安定なときには、
空腹でなくてもつい手近にあるものを口に運んでしまいますよね。

あなたも思い当たるところはありませんか?

実際、これで血糖コントロールを乱す人が多いのです。

従って、
糖尿病を改善するためには このストレスを上手に解消することが大切です。

糖尿病を改善のためのストレス解消法とは?

詳しくはこちら→ 後藤式糖尿病改善法
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)