つらい食事制限や運動不要の健康志向のダイエット法

つらい食事制限や運動不要の健康志向のダイエット法

・肉もお酒も楽しんで運動はしてもしなくてもマイペースでできる!!
・万病の源である高血糖と肥満を改善し、綺麗に痩せる!!
・9年間の治療で一向に改善できなかったのに「ある気づき」をきっかけにわずか2ヶ月半で肥満と二型糖尿病を改善できた実践法!

こんにちわ

 

本日は、7月最終日、夏真っ盛りです。

 

午前中から、気温がぐいぐい上がり、各地で熱中症警戒アラートが出ています。

 

<熱中症警戒アラート発表 明日31日(日)対象>
 福島県 山形県
 神奈川県 千葉県 埼玉県 栃木県 群馬県 山梨県 
 新潟県 石川県 福井県 三重県 
 大阪府 兵庫県
 広島県 香川県

 

新型コロナ第7波のリスクも拡大中の現在、ネット通販が盛んです。

 

現在大人気のグッズは熱中症対策として効果的な「冷却ファン付ベスト」です。

 

冷却ファン付ベストなら暑い日でも快適!


クーリングペスト使用時の表面温度を比較。
 

こもった熱が排出され、さらに汗を気化させることで涼しくなります。

 

 

詳細情報はこちら       

 

アマゾンではこちら➡

 

 

楽天ではこちら➡

 

 

 

 

 

こんにちわ 

 

 

さて、前回までにケトン体食事法によるダイエット効果についてご紹介しました。

 

 

 

 

 

 

今回は、実際にケトン体食事法によるダイエットを実践された55歳の男性の方の体験談をご紹介します。



・・・ 以下綺麗に痩せたい.comから・・・

fukusukeさん 55歳 男 講師 身長163センチの体験談


私の体重増加歴は30歳を超えた頃から、いつも体重は65キロをオーバーしていて、50歳を超える頃からはさらに中年太りが進んでしまい、70キロ前後になることもありました。


 


肥満解消のために、食事のカロリーと脂肪を減らしつつ、運動量を増やしたり、サプリメントを服用してみたり、さまざまな減量を何度も試みました。

 

しかし、一時的に2~4キロ程度の体重は減らせても、おいしいものが食べられず、食事量も少ないカロリー制限を長期間継続するのは困難で、すぐに禁を破ってしまい、リバウンドしてしまいました。

 

ここでは、そんな私が新しく出会った「ケトン体食事法による方法」の体験談をご紹介します。

 

詳細はこちらダウン

 

試し読みできるよ

 

 

 

こんにちは、今回は新しい糖質制限をご紹介します。

 

 

 

腸内細菌の研究で有名な東京歯科大学名誉教授の藤田紘一郎氏がご自身で実践されている糖質制限ダイエットに関する本を出版されました。

 

タイトル

 

 

 

この本は、腸内細菌の働きや、糖質を欲する脳のメカニズムも医学的に解明した、正に最新の糖質制限ダイエット法です。

 

ここでは、この本をレビューし、どうすれば失敗しない糖質制限ダイエットができるのかの概要をご紹介しているブログを紹介します。

 

藤田浩一郎先生の糖質制限はこれまでのものとどこが違うのでしょうか?

 

 

一般的な糖質制限論との違い

藤田紘一郎先生のこの本が一般的な糖質制限論と異なる特徴的な点は次の点を強調している点です。

  • 糖質を食べたくなる、脳のメカニズムを知り、脳の暴走を止めること
  • 「ヤセ菌」優勢の腸内フローラをつくること
  • 「糖質を減らせばいい」というものではない
  • ミトコンドリアエンジンを良く働かせることが主目的
  • 30代までは無理な糖質制限をしてはならない

そして、糖質制限の実践法も「白く精製された炭水化物だけ制限する」というシンプルなものです。

今、話題になっている腸内フローラダイエットを含んだ新しい糖質制限ダイエット法といえるでしょう。

 

注:糖質制限もやりすぎる栄養のバランスが悪くなり、健康維持に必要なビタミンやミネラルを不足させやすくなってしまう。

糖質制限は「ほどほどにおこなうこと」、すなわち糖質制限は栄養のバランスを見ながら行うことを強調しているのです

 

詳細はこちら☛

 

 

こんにちわ  ダイエットアドバイザーの後藤【仮名:藤田】です。

 

 

 

さて、このブログではこれまで、さまざまな栄養学の常識の間違いをとりあげてきました。

 

今回は、糖質制限やケトン体に関連する6つの説をの間違いを再確認します。

 

そして、脳はブドウ糖の流れがストップした時ににケトン体を利用する!ことをご紹介します。

 


 

・・・ 以下 糖質ラボから・・・

 

既に本サイトでは、記事ケトン体の健康効果とは?「ケトン体が増えると危険」は誤解だった!

で「ケトン体が増えると危険」という従来の常識は大きな誤解であることをご紹介しました。

 

今回は、

 

「ケトン体」こそ人類史上、最強の薬である 病気にならない体へ変わる“正しい糖質制限”

 

医者が教える食事術 最強の教科書――20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68

 

を参考にして、糖質制限やケトン体に関する従来の栄養学の誤解について、代表的な6つの説をとりあげ、

 

それらが間違いであることを明らかにします。

 

そして、現代人の食生活から引き起こされる病気の原因とその対策について

 

産か医の宗田先生と糖尿病専門医の牧田先生の著書を

 

ご紹介します。

詳細はこちらダウン

 

 

 

 

 

こんにちわ

ダイエットアドバイザーの後藤【仮名:藤田】です。

さて、旧来の栄養学の常識が非常識になってきた事例を以前ご紹介しました。

今回は、ケトン体についてです。

体内にケトン体が増えると危険 と言う先生がおられます。

これって本当でしょうか?



・・・以下 糖質制限ラボからの引用・・・

糖質制限をすると脂質から代謝される「ケトン体」が増えて、エネルギー源として使われるようになります。

すると、体脂肪燃焼によるダイエット効果がアップします。

このように、糖質制限とケトン体には深い関わりがあります。

 

でも、「ケトン体が増えると危険」という人もいます。



ここでは下記の参考文献を参考にして、ケトン体の健康効果、

 

およびケトン体は危険ではないことを明らかにしています。

 

 

詳細はこちら

 

 

 

記事を公開しました

 

 

そんなに食べていないのに太る……とお悩みのあなた。

 

あなたの腸内には、あなたを太らせる原因である「デブ菌」が増殖中かも……。

 

ここでは、「デブ菌」の正体を明らかにし、デブ菌を撃退しヤセ菌優位の腸内環境につくることでできるダイエットの効果と実践法についてご紹介し、あなたを悩みから開放します。

 

※なお、本記事内容は腸内細菌の第1人者である藤田紘一郎氏の著書を参考にしています。

 

著書はこちらで参照できます。またオススメのサプリメントもご紹介します。

 

こんにちわ 

 

 

さて、近年糖尿病の食事療法で、従来のカロリー制限食よりも糖質制限食の方が有効であることが分かってきました。

 

それは、讃岐うどんの食べ過ぎで糖尿病になった私自身が、実践して糖尿病を改善し実感しているものです。

 

 

糖質制限を正しくやれば、糖質制限はダイエットや健康・美容にも良いのですよ。

 

では、正しい糖質制限ってどうすればよいのでしょうか?


・・・ 以下糖質制限ラボから・・・

最近、ダイエット目的などで、糖質制限を実践する方が増加しています。

 

ところで、あなたは「糖質制限食」って文字通り「糖質を制限する」食事であり、

糖質を多く含む主食を減らす食事だと思っていませんか?

 

でも、それは間違っているわけではありませんが正解でもありません。

 

実は糖質を減らすだけの食事では正しい糖質制限ではないからです。

 

ここでは、正しい糖質制限とは何かを確かめ、

 

特にタンパク質をしっかり摂ることの重要性と、その若返り・美肌効果をご紹介しています。

 タンパク質がしっかり摂れるおすすめサプリメントはこちら ダウン

 

 

 

こんにちわ 
ダイエットアドバイザーの後藤です。



 

本日は特に女性が気になるお肌の老化の話題です。

 

お肌の老化を予防する栄養素として有名な成分はコラーゲン

 

あなたは、肌のハリやツヤ、関節の柔軟性を守るコラーゲンは、年齢とともに減少し、50代では20代の約半分までに低下してしまうってご存知でしたか?

 

 

これからの紫外線が強くなる季節、美肌を維持するため不足するコラーゲンを補給する効果的な方法と効果があると評判のサプリメントをご紹介します。



・・・ 糖質制限ラボから・・・

 

女性が最も気にするのは、なんといっても肌の老化です。

 

昨今、コラーゲンが配合されたいろいろな化粧品が販売されていますが、一度は使った経験がある方も多いのではないかと思います。

 

美肌のためには、まずはコラーゲン補給です。

 

ここでは、コラーゲンの美肌効果を解説し、効果的な摂取方法とサプリメント(補助即品)をご紹介します。

 

 

おススメのサプリメントはこちら↓↓

 

 

 

暑い日が続いています。

その上、コロナ感染者数も増加傾向であることから

つい、冷房の効いた室内にこもりがちの生活となりますが

室内で出来るヨーガ体操や簡単な筋トレで運動不足の解消を図っています。

 

なお、熱中症対策として私が愛用しているグッズは楽天で購入したこれです。

 

 

首元がひんやりして気持ちよいですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちわ 

健康常識の変化については、これまでにこのブログでも色々とりあげてきました。

 

そして、前回は肉食の是非についてご紹介しました。

 

 

日本人は農耕民族は嘘?狩猟採集生活が豊かとは?長寿者は肉食だった?

 

 

 

今回は肥満や生活習慣病の改善に関係する近年の重要な常識の変化2つを再確認します。

 

  • カロリー制限は有効か?
  • 脂肪=悪者は嘘か?




・・・ 以下糖質制限ラボから・・・

健康常識の間違いとは

世界の健康常識は急激に変わりつつあります。

 

それは、近年、非常に多くの重要な医学研究が行われ、それまではわかっていなかった数々の事実が科学的に証明されるようになったからです。

 

そのなかでも、特に重要なのが、生活習慣病に関する常識の変化です。

 

続きはこちらダウン

 

健康常識の変化|カロリーから糖質制限へ、脂肪悪者説は嘘だった!