体調が悪くて子どもに当たってしまうときは | 子育ては「聞く」が9割でうまくいく~コーチングを通して自己肯定感の作り方

子育ては「聞く」が9割でうまくいく~コーチングを通して自己肯定感の作り方

3つの「聞く」技術があれば、子育てのムダ叱りも イライラも ストレスも 減ります!
小学校教員 9年間の経験を生かした、子育ても 生きるのも 楽になるヒントが詰まっています。


テーマ:
先日、体調が悪いときがありました。

私の顔が こわかったのでしょうね…。娘が

「ママ、怒ってる?みつきのせい?」

と 聞いてきました。

「ごめん、ごめん。ちがうよ。ちょっと頭が痛いの。」

と お話しすることで、娘は 安心したようです。


子どもは、親が不機嫌なとき 自分が悪いのでは?と 思う傾向があります。

虐待されている子どもたちを 担任したときも、みんな そうでした。

叩かれ、蹴られ、反抗している子も、「自分が悪いからしょうがない」

ネグレクトで 母親が 朝帰りを繰り返していても「私がかわいくないからかな…」

子どもたちは 涙が出るほど けなげでした。


体調が悪いときは、子どものせいではないことを 伝えるだけでも、子どもはラクになります。

しかも、肩をたたいてくれたり、手伝いをしてくれようとさえします。

子どもに当たってしまったときは それはそれで しょうがないです。

あんまり よくないかもしれないけど 家族は もちつもたれつ。

だって 自分も いっぱいいっぱいだったから。ね。そういうときもあるよ。

ただ今 ママが あまり良い状態でないのは「あなたのせいではない」と 伝えること。

それだけでも、子どものココロは ラクになります。

元教師が教える自己肯定感の作り方「聞く子育て」和久田ミカさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント