子育ては「聞く」が9割でうまくいく~自己肯定感の作り方

子育ては「聞く」が9割でうまくいく~自己肯定感の作り方

3つの「聞く」技術があれば、子育てのムダ叱りも イライラも ストレスも 減ります!
小学校教員 9年間の経験を生かした、子育ても 生きるのも 楽になるヒントが詰まっています。

こんにちは。和久田ミカです。

今日はご質問にお答えします。
 

最近、ずっと仲よくしていたママ友と一緒にいても 楽しくなくて、これはなんの変化なのでしょう。

話していても退屈です。

幼稚園のあと、さっさと帰りたいのですが、延々と話し続けていて、時間がもったいないなあと毎日思ってしまいます。

子どもの話とか、共通点が多いのは話しやすいのですが、刺激がないというか、あまり実のある話じゃないというか…。

ママ友をやめようとは思わないのですが、困ったことになった、どうしよう、と思っています。(後略)

 

 

実はこのお悩み、よくお聞きします。

 

きっと 同じことを思いながら、ママ友付き合いしている人も多いんだろうなあ。

 

これね、「ママ友」を「仕事の同僚」に置き換えても同じです。

 

ママ友を卒業した人も ぜひご覧になってね。

 

 

 

付き合う人は、変わるものです。

特に、ママはそう。

子どもが小さいうちは、公園やイベントでご一緒しやすい人が、「ママ友」になりやすくなります。

「ザイアンス効果」といいますが、何度も見かけたり、会ったりする人とは親しくなりやすいのです。



でも、子どもの手が離れ、ママ友以外の人とも出会っていく中で、人間関係は変わっていきます。

ママ友は、友達だけど 友達じゃないのですね。

「子どもを介した」友達。

残念だけど、子どもの話しかできないのであれば、長くお付き合いする関係にはならないかもしれません。

 


 

 

これからは 自分に影響を与える人とのお付き合いも していくとよいのではないかな。

人間関係が変わると、自分自身も変わります。

 

誰と付き合っているかは、人生の質を劇的に上げ下げするものなのです。




逆もありで、自分自身が変わると 人間関係も変わります。

もし、ママ友との関係が退屈だと感じるのであれば、人間関係を広げるときなのかもしれませんね。


そして、「誰と付き合いたいかは 自分で選ぶ」、ということ。

 

あなたが、ずっと付き合っていきたいのは 誰ですか?

 

所属していきたいのは、どんなコミュニティですか?



もし、誰の顔も浮かばないなら、いろんな場所で 自分の好きなものの話をしてみてください。

あなたが好きなことは何でしょうか。


どんな人が好き?

どんな映画が好き?

どんな本が好き?

どんなブログが好き?


まずは、自分を表現してみるのです。

その話に対して、

「わかる~」「私も好き!」

そう言ってくれる人がいたら、きっと感覚が合う人です。

また、好みが合わなくても、安心して話せる雰囲気を感じたなら、長いお付き合いになるかもしれません。



だから、「人間関係を広げよう」と思ったら、「自分が自分のことを 知っておく」ことが 大事。

自分にとって 大切な価値観や 美意識を、自分自身が認識しておくこと。

じゃないと、波長が合う人がいても 気づかずに、スルーしてしまいます。





それとね。

人間関係は ”自分に変化が起きれば”、うつろいやすいもの。

ママ友と長く話すのが退屈だと感じるときがあるならば。

 

これからは ママ友の輪から離れるときに、自分のタイミングで声をかけるところから 始めてみましょう。

 

他の人たちが まだ話していても、

「そろそろ帰るね、また明日ね~!」

 

と、さわやかに 手を振るのです。




おしゃべりの輪を外れるのに、理由はいりません。

そろそろ帰る、でいいのです。

人間関係と時間のハンドルは 自分で持つのですよ。


ちなみに、私自身は、幼稚園の送り迎えなどでも 立ち話の輪に入らない、または、輪に入っていても先に帰る、
 

ということをしていましたが、特に なにか言われたことはありませんでしたよ。

 

 

また余談ですが、アメリカ帰りのお友達は、仕事上の付き合いについて

 

「仕事とプライベートは別。同僚は友達ではない。必要以上にプライベートのかかわりを持たない」

 

と言ってました。

 

 

私自身も そういうタイプです。

 

スタッフと いっしょに飲んだり、食べたりすることはしませんし、意識して 一定の距離感を保っています。

 

同じところを目指す仲間ではあるけれど、友達にはならない。

 

それは クライアントも同様です。

 

距離感をもって付き合います。

 

*補足

 

職場の付き合い方には、いろんな考え方があるので、これが正しいというわけではないですよ

 

ただ私は経営者なので、友達にならないことは 大事だと思っています。

 

 

 

 

それから、人は、人間関係のつながりが 3か所以上あると安定する、といいます。

三脚もそうですね。3本の足があるからグラグラしません。

ママ友たちとの関係意外にも、他に2か所ぐらい顔を出せるつながりがあるといいですね。

人生は まだ半分以上残っていますから、あなたが 楽しんでいける関係を 作っていけますように。

 

 

和久田ミカの

 

●フェイスブックはこちら

 

●インスタグラムはこちら

 

●今後の募集予定はこちら

 

●無料メルマガ 「ママを楽にする魔法の言葉」はこちら
 

 よろしかったら、フォローしてねん。

 

 

 募集中・募集予定の講座