前述の女性のお話についての続き。4年前、出会った当初、彼女とは環境も世代も違い過ぎていましたが、分からない部分は理解してあげようと努力しました。

千歩!万歩!譲って、好意的に解釈する方法を懸命に考えたのです。

 

もしかしたら、1歳から中学まで4人の子供をお金を払って姉や母やお手伝いさんに見てもらい自由奔放にしていた彼女は、人格〇〇ではなく、マドンナやマライヤたちのように、ナニーに子育てを任せるハリウッドセレブ気分なのかも、とか。そうだとしたら尚更、一方的に謝罪文を書け!ではなく、自分の考え方を伝えるべきですが。

 

理解し合うという経験もなく、不利なことにはピタッと扉を閉めて🚪相手を排除する。それは昨今、指先ひとつでLINEを削除する昨今の人間関係のよう。どんな手を使っても自分だけがゲームに勝ちたいのでしょう。

 

もう一つ気になったのは、彼女は何もかもに恵まれているのに、肩書きも財産も一切を取り払ったところで繋がる本当の友人がいないと感じたこと。彼女の1番底辺にある空虚さ、未熟さ。

 

ですから出会った当初、ご丁寧に「彼女の周りには本当の友人がいないから、私たちは真っさらな感性で付き合ってあげようね」などと、紹介者である人と話したのでした。なんて脳天気な私たちなんでしょう💦💦💦

 

私自身、母子家庭であることで虐められ(入学早々校長室に呼ばれ、いきなり母子家庭の子は不良になると言われ)ダンスそのものを差別され(息子が全米大会で優勝し帰国した時、中学の教師からダンスは風紀が乱れるので優勝したことは内緒にしておくように、と言われ)ダンスだからと平気でお月謝滞納されたり、、色々あったからこそ、色々ある人の味方になりたいし、理解されたなかったからこそ、理解されなくて苦しんでる人の味方になりたい、しなやかな感性でいたいと思っています。

 

でも、人間関係において純粋に繋がりたいという純正さが逆手に取られ、2年前にはこの彼女に詐欺利用され、ヤクザ映画でしか聞いたことのない言葉で脅されたのです。親子して。

 

そこまで思ってくれる人を罠にはめることが出来る残酷さ。身近な人を罠にはめて、のうのうと生きてられる裏の顔の醜さ。お金があるから、権力があるから、そうでない人に自分の罪を着せて醜さをカモフラージュして生きる太々しさ。世の中にはこんな人間がいるという勉強をしたのでした。

 

いろいろなことろで様々な人々が権力や暴力に怯えて、自分だけが我慢すれば、と自分を踏みにじって生きてらっしゃるとしたら、、、そんな方たちにも、勇気を持って本当のことを語ろう!と言いたいと思います。

 

間に入っていた人間が芸能界にいる間は、ことを荒立てないために私は汚名を被ったまま沈黙しました。その人間も引退しましたので、ここ機会にまず、ここまでは知っておいて頂きたいと声を上げました。暴かれるときがきたと思います。

 

まだ、この先の本題は書くことはできませんが、時期がきたら冤罪を晴らすことだけはさせて頂こうと思います。事実を伝えることだけ。汚名を着せられたまま生きているのは限界、嘘は嘘で肥大化します。感情は事実と区別して葬りましたから、当たり前のことを当たり前に知って欲しい、ただそれだけです。

 

メッセンジャーには沢山の貴重なメッセージを頂きました。ありがとうございます。皆様様々な深い経験と洞察力をお持ちです。私も光の方向を読み解いているところです。

私の知る40前半の女性の話。彼女は離婚2回、1歳から中学まで4人の子供を持つ経営者。

2017年、彼女に出会って2ヶ月頃のある日「中学の長男が学校で問題おこして」と言った内容の相談を受けます。

そういえば、少なくても私が知る2ヶ月の間の彼女の生活は毎晩派手に朝まで飲み歩き数週間海外で遊んで、と言う生活の繰り返し。4人の子供たちは、姉と母とお手伝いさんにお金を払って見てもらっていると聞きました。

 

彼女はビッグビジネスをしているらしく、誰への遠慮もなく全てにおいて自分の欲望を満たす生活ができるので、凄い手腕を持つ経営者なのだろうと感心しました。

 

私といえば、産後の肥立ちが悪く入院して初めて子供と離れ離れになった時、体も苦しい上に我が子と引き離された寂しさに夜も眠れず、安定剤を貰うほどでした。自分の産んだ子供と離れ離れになる事はそれほど辛かったものですが、それは人それぞれ。

 

会社は彼女が居なくても回るとして、子供たちは大丈夫だろうか、1歳の子は、ママーママーと泣きじゃくってはいないだろうか、その前に、自分は子ども達と会えなくて寂しくないのだろうか、大きなお世話でしょうが少しは不思議に思う部分もあったので、、、

 

「長男は思春期で1番難しい時期だから、もう少し子供に寄り添う時間を作ってもいいんじゃない?」と優しく伝えました。私としては精一杯の愛情を持って、彼女と彼女の子供たちの為に丁寧に言葉を選んで伝えたつもり。

彼女は、何を言うでなしでその場で別れました。が、がが、その後が大変でした。

 

その場にいた人から「彼女がキレて大変なことになって謝れと言っている。手がつけられないから、とにかくすぐ謝って。謝罪文かけと言っている」

 

その時点で、その人はもう散々、彼女の浮き沈みに振り回されていたので「ああだこうだ言っても事態が困窮するだけ。とりあえず糸がどんどん絡まるより、さっさと誤ってしまった方が良い!解決策はこれしかない!」と判断していたのだと思います。問題の正しい答えより、その場の鎮め方!を優先したのでしょう。

 

心を鬼にして謝罪文を書きましたが、その判断の意味がわかるまで4年かかりました。

 

私の感覚は古過ぎますか?そういうキレ方をされると怖くて、私はそれからニンゲン辞めてロボットになりました。そのくらいショックだったと言うお話。

 

今思うと、彼女はこうして自分の周りの全てを、その場しのぎの鎮め方で埋めてきたのでしょう。

愛情を持って正直に丁寧に付き合おうとすると、一番最初に排除されてしまいますから、イエスマンしかいなくなりますね。

 

丁寧に受け止めずに、チャラく、いいんじゃない〜子ども放って遊べる自由なママってかっこいいじゃん、とか言ってあげれば良かったのでしょうか。

 

 

P.S.

実は、ある日上京した私の母は掃除中に、孫がその彼女に当てた大量の謝罪文を見つけて、驚愕したそうです。

 

 

「この人と一緒にいると子供がダメになる」子供が小学1年、別居を決意したのはこの子の環境を守る為でした。気持ちの離れた人と同じ屋根の下に居ることは私にとっては不潔きわまりない。そこは潔癖症で誤魔化せない私です。

 

養育費も慰謝料ももらわず、電気水道ガスも止まり、家賃がたまりアパートも追い出され、泣く暇さえない1人子育て。女を忘れて働きました。

 

小さい子供を置いて入院は出来ず、まず保険証もないので膝靭帯断絶も10年手術出来ず。テーピング2本ぐるぐる巻きにしての仕事。10年後の靭帯再建手術の時には腰までダメージがきていて、腰脊柱管手術をするはめに。このころは、やっと子供を留学させるところまで来ましたが、留学費用の捻出に、トイレも行けないほどレッスン詰め込み過ぎ膀胱炎の繰り返し。

 

子供が芸能界に入っても家賃も払えない給料。私は田舎で最低限の生活をしながら子供の家賃生活費を数年前まで支払ってきました。しかし、都心の家賃は高額で戻らないもの。私の支払いが無駄にならず、将来的にも不安定な仕事の下支えになるようにと、母の助けも借り親子全ての財産を注ぎ込んでマンションを購入。ローン分少しは息子に支払わせるようにして(家賃の5分の1程度)芸能活動を支えました。

 

先日突然、その部屋の荷物全て、結婚前の荷物のほとんどが宇都宮に送られてきました。お任せ便なのでしょう、ベランダのゴミまでいらないものも全てが、、、

 

トラック2台分の大量の荷物が届いたときには、途方に暮れて泣きたくなりました。本当に😢が、、、いまだに段ボールの山と1人格闘中。結局、宇都宮の古いベッド、冷蔵庫、洗濯機などは捨て都内から来た荷物と入れ替え(私のベッドは学生時代に背伸びして買ったシモンズのダブル。その後東京から実家の山口に運び、結婚で宇都宮に運び40年使ってきたものでした)子供には惨めな思いをさせたくないと、自分は古いもので我慢してきましたが、この新旧入れ替えが大変なことに、、、電化製品や大型家具の処分費は引っ越し費用より高額になってしまったではありませんか!送ってきた人を恨みました。

 

多量の服やゴルフバックなど、知り合いや生徒さんたちに随分もらってもらいましたが、まだ荷解きもしない思い出が濃すぎる物は、いずれメルカリなどで処分しましょうか。

子供にとっては今までと決別するために、今までの全てを捨て去りたかったのでしょう。

 

持って生まれた才能を育て磨く役目として、私がこの子の母に選ばれたのだとすると、宇宙はそのお題には私に合格点を下さるかな。

 

秋篠宮家と比べるには恐れ多いですが、付き合うお相手次第で、人はまるで同じ面の別人格になるものなんですね。どんなに心痛かお察しいたします。微笑ましい仲良し親子の姿は国民を笑顔にさせてくれるものでした。

 

感動的な花道となったTV放映の直後、涙も乾かないうちに、反対の感情を与えるものをわざわざ恩のある人たち(DPC)に投げつける行為はいたたまれず、こちらを投稿いたしました。

 

 


 

 

 

2021年5月16日「行列のできる法律相談所」がDAICHIのラストパフォーマンスになりました。出演者の皆様、スタッフの皆様の愛を感じる素晴らしい番組でした。ありがとうございます。

 

かねてより「芸能界は1番良い時に辞めたい」と言っていたDAICHIですから、こうして皆様に惜しまれながら卒業するのは彼なりの美学なのだと思います。子供の頃から前しか見てない、後ろを振り返ると言う発想そのものがない子でしたから(だから脱いだ靴下のことは脱いだ瞬間に忘れてる💦)10年かかって掴んだ今への未練より、変革したい気持ちの方が強いのでしょう。

 

DAICHIに「小学5年から毎年、全米ダンスコンペティションでゴールド取ってきたことを、もっとアピールすれば良いのに」と言った時も「だって過去のことだよ、過去のこと言っても意味ない」でした💦

 

そんなところは、私の亡き父にちょっと似てます。私には同じ歳の従兄弟がいて、幼少よりよく比べられました。私が中学生のある日、父の弟が父に「うちの息子は今回、学年で8番だったぞ」と威張ってきました。私は中学の時はいい子(その後強烈な反抗期でボロボロに💦)で、その時学年で2番でしたから「うちの娘は2番だぞ」と言ってくれると期待していたら、父は「そうか良かったな」と私の成績には触れませんでした。いつも喧嘩で負ける従兄弟をギャフンと言わせたかったのに、どうして言ってくれないのか、その時は父が理解出来きませんでしたが、そんなところ似てると感じます。

 

4月末の配信ライブ→レギュラー番組「OH舞DA PUMP」の卒業企画→行列でのラストパフォーマンスと、コロナの中なりの有終の美を飾れました。芸人さん達の愛あるイジリは流石でした。卒業発表の時も、この行列でのラストパフォーマンスの事も、たくさんのネットニュースで扱って頂きました。

 

実は「自分は芸能界に向いてない」入った当初にそう言ったDAICHIです。ジレンマを抱えながらも、芸能界の諸先輩方に愛され、ファンの皆様に愛され有終の美を飾れましたことに、心から感謝いたします。

 

 

 

WORLD HIPHOP DANCE CHAMPIONSHIPS 2014
@LAS VEGAS

2013年に続いて2014年の世界大会の追加投稿になります。

 


ADULT DIVISION・第一予選プログラム 2014.8.6

 

 

 

ADULT DIVISION・セミファイナルプログラム 2014.8.8

ここで、77チーム→39チームになりました。

ここから決勝に行けるのは、たった8チームです。

(決勝のプログラムを無くしてしまったようです、、、)

 

 

 

演技後のインタビュー時間、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

演技後の充実の時間、、、

年々審査基準も変わっているので、これまでの評価のされ方を考慮して、決勝までは何度も振り付けを変えたり構成を変えたりします、、、この辺りの作戦も大切な運命の分かれ目です。

(例えば、この年からアクロバットな動きは高得点どころか、減点の対象になったり、、、しかしどの動きからをアクロバットとみなすのか、、、その判断も難しいです)

 

 

 

 

 

 

動画もあるのですが、どうしても動画がUPできません。UP方法を知ってらっしゃる方がいらしたら、教えてくださいませ。

 

 

去年に続いて、決勝進出決定!

 

 

 

 

 

「ORLEANS ARENA LAS VEGAS」

決勝大会の会場は大興奮状態!LAS VEGASの地にて、この大観衆の中で踊れるのは幸せなことです。

(本番は撮影禁止)

 

 

 

 

 

 

衣装はこちら。

 

 

和テイスト!素敵なデザインです。

大切に保管しておきましょう。

 

 

 

2020現在、コロナの影響で「WORLD DANCE CHAMPIONSHIPS」は中止、「CIRQUE DU SOLEIL」は会社更生を目指しているそうです。エンターテイメントの作り出す純粋な感動はどんな時代にも不可欠なもの。

 

新生LAS VEGASにまた会いに来ます!

では DAICHI風に「待っててね!LAS VEGAS!」感謝!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

再び、「WORLD HIPHOP CHAMPIONSHIP 2013」の空き時間にSTRIPに繰り出します!

 

 

ARIA

2005年に来た時には、なかったホテル。LAS VEGASには珍しい近代的な外観。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ARIA」の向かい側は「Harley Davidson Cafe

壁から突き出た巨大ハーレーが、これぞアメリカ!ですが、2016年にクローズしてしまったそうで、残念。

 

 

 

 

 

m&m's」 LAS VEGASにきたら、やっぱりここには立ち寄りたいです!ただの店舗にあらず。エンターテイメントしてます。

 

かっこ可愛いNASCAR「TOYOTA CAMRY」

 

 

圧巻!

 

 

お土産はこちら。

 

 

お名前入り!

 

 

 

バイバイ!また来年もね!

 

 

 

VISIT LIBERACE EXHIBIT

ゴージャスダイヤモンド

 

 

 

 

 

こちらも、LAS VEGASらしいハイヒール

 

単純なので、夢見る少女に戻ります!

 

 

大き過ぎて画面に入れるのが大変!「MGM」金のライオンは高さ20m。全米で一番大きな銅像だそう。

 

 

 

MGM」の向かいは「NEWYORK NEWYORK

STRIP(ラスベガス通り)とトロピカーナ通りが交わる、大きな交差点。

LAS VEGASの猛暑の中、「ARIA」からこの辺りまでSTRIPを南下すると、結構クタクタになります。

 

 

LAS VEGASの自由の女神。

 

 

これ!(DAICHI画伯)

 

 

この左側が自由の女神。全てが大き過ぎて、全体がフレームに収まりません。

MGM」「NEWYORK NEWYORK」「TROPICANA」「EXCALIBUR」が向かい合っているこの交差点は、大きな歩道橋で繋がっています。

 

 

ところで、写真を見返していて、あの動画の撮影場所は、この辺りだと気付きました。どの辺りか想像しながら観るのも楽しいですよ。

 

https://youtu.be/Ak8z1Ycr14w

Solo Dance Movie「Pipe Dream」

 

 

 

2017年には、この歩道橋の改良工事がされたと言うことですから、今はどんなになっているのかしら。みんなの大好きなLAS VEGASが舞台になるPVをイメージイメージ♪

 

 

HERSHEY'S

 

 

 

EXCALIBUR

 

 

そして「JABBAWOCKEEZ」を観た「LUXOR

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

WORLD HIPHOP CHAMPIONSHIP 2013」の空き時間にSTRIPに繰り出します!アダルト予選の始まる16時までにはホテルに戻るので、網ダッシュで。

 

LSA VEGASのメインストリート、STRIP巡りは、円盤お屋根がトレードマークの「FASHON SHOW MALL」からスタート。

まずは、正面入り口、お気に入りの「SKECHERS」へダッシュ!友人と、全く同じ2種類をゲット。

 

 

向かい側は2005年にオープンした「WYNN LAS VEGAS

当時、世界で最もコストのかかったホテルだとか。

 

 

「WYNN」を見ながら、ちょっとお腹こしらえ。

 

 

 

FASHON SHOW MALL」での、もう一つのお気に入りのお店が「Z-GALLERIE」キラキラ系のインテリアショップ。

前回訪ねたのが2005年ですから、場所の記憶が遠のいていて少し迷いましたが、Macy'sのすぐ近くでした。

LAS VEGASらしい華やかで個性的なグッズが並んでいます。どれもみな、好みのものばかり。見ているだけで、目もキラキラ輝いてきて、テンション上がります。高過ぎず、チープ過ぎず、このセンスこのランクのお店が日本にないのが残念。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

素敵〜

日本へ運ぶには、、、とか考えている暇はありません、、、

 

 

こちらも〜かわいい〜

とりあえず持って帰れる、キラキラのフォトスタンドやテーブルグッズをゲット。

 

 

海外に来ると、個性的な鏡に出会う、、、部屋にあると、グッと、雰囲気が引き締まることでしょう。

 

 

奥に見えるのは、大好きな「VENETIAN

 

 

 

VENETIAN」の美しい天井画

友人が初めてのLAS VEGAS なので、ポイントに立ち寄りながらSTRIPを南下します。

 

VENETIAN」を過ぎたら「Harrah's

 

 

Harrah's」の楽しい彫刻を見上げながら、、、

 

 

いらっしゃいました、シーザーさま。

Forum Shops at Caesars Palace」に着きました。

 

「Forum Shops」に併設されたショッピング街「Caesars Palace」の入口。DAICHIも私も大好きな場所。

 

 

 

 

 

 

 

地下街に入ると、LAS VEGASにいるのを忘れて古代ローマにトリップ。ここでしっかり涼んで幻想のような美しい街並みに癒されます。数日はここで過ごせますが、時間を忘れて浦島太郎になりそうなので地上に出ます。

 

BELLAGIO」のカラフルな天井を見上げながら、、、

 

 

 

中庭では不思議の国のアリスになって、、、

 

 

 

エレガントなショピング街を抜けて、、、

 

 

 

CHANEL」では、懐かしい店員さんと8年ぶりの再会。

娘さんが本格的にダンスをしてらして、やはり今回の

WORLD HIPHOP CHAMPIONSHIP 2013」に出場されてるという話にびっくり、、、LSA VEGASも狭い?!

 

 

実は、DAICHIが「PARTY」のPVで付けているネックレス、、、あれはCHANELの2005年LAS VEGAS限定ネックレスで、ここで購入したもの。

「あのネックレスどこにある?」とDAICHIから連絡があったときは、何に使うのだか不明でしたが、「PARTY」のPV見てびっくりしましたと言う訳です。いつも説明不足の子なので。

ネックレスも、上手に使ってもらって、喜んでいるでしょう。PV撮影場所は、LAS VEGASでなくて、NEW YORKでしたが。

 

https://youtu.be/46S6Ulzchbo

PARTY

 

 

 

 

 

JABBAWOCKEEZ」に続いて観たかったのが、、、 MICHAEL JACKSONONE」@MANDALAY BAY

 

 

ONE」の会場「MANDALAY BAY

 

 

 

とにかく、入り口までが遠い、、、

 

 

 

カジノを抜けて、、、

ここにもMichaelがいっぱい

 

 

 

 

 

 

雰囲気のある廊下を抜けて、、、

 

 

 

素敵なポーズのMichaelが、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

MICHARLへの愛と敬意の溢れた壮大なダンスエンターテイメント「ONE」は、タイムスリップして、マイケルのLIVEに行ったような、不思議な臨場感。

「マイケルはラスベガスで生きていたんだ、、、」と思いながら(思いたくて)観ている自分がいました。

 

何が現実だか、あの世かこの世か、わからなくなってしまうような、不思議な感覚を楽しみながら「夢なら覚めないで」と、まどろむような心地良さに身を委ねて、ステージでまさに今、輝いてるマイケルを目で追うのです。

現実離れしたLAS VEGASという場所が、そんなトリップ感覚を増大させるのでしょうね。

 

 

実は、DAICHIが小学5年生の時、全米ダンスコンペティションでデビューした会場が、「LAS VEGAS CONVENTION CENTER」でした。そして、その時のDAICHIの役が「MICHAEL JACKSON」

まず、大人のマイケル役が踊る間は、DAICHIは隠れていて、曲の中盤、大人マイケルが、子供マイケルに変身して蘇る!という演出で、その子供マイケル役がDAICHIでした。

 

ピカピカのシルバーラメのシャツにハットの、小さなマイケルが踊り出した途端、審査員も会場のオーディエンスも、椅子から飛び上がって、手を叩いて大盛り上がりでした。 DAICHIにとっても、私にとっても、LAS VEGASは、MICHAELと繋がってる特別な場所です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらが「ONE」ショップ

 

 

 

 

 

 


 

今にも動き出しそう、、、

 

 

 

素敵なダンサーたち