こんにちは総院長の中村です。

9月は台風もあり急に涼しくなりましたね、

ただまだまだ暑い日もありますが体調はいかがですか? 

 

コロナになる前に比べて最近言われているのはヘルペス(帯状疱疹)の方が増えているということです。

 

ご存じですか? 

 

ヘルペスウイルスというのが神経に沿って現れます。

どこの神経に沿って出るかは人それぞれですが、多いのは肋間神経に沿って出る水疱状の帯状疱疹です。

 

水疱状の帯状疱疹が消えた後も神経痛が残る場合があり、肋間神経痛としての症状が出ます。元々は子供の頃に発症した水疱瘡(みずぼうそう)のウイルスです。

治癒した後、体の中に潜伏しています。

 

生涯でない方の方がほとんどですが、免疫力が下がった時に発症します。普段は免疫力が優っているので押さえつけていて出ないだけです。

しかしこれが普通のことです。

 

コロナ前には今ほど騒いでいなかった病状がこれだけ出るというのはやはり免疫力が下がっているからです。これはコロナ前と今と比べて人の体に起こっている環境や違いと言えば、ひとつはワクチン接収が考えられます。

 

もちろんそれ以外にもテレワークが増えてストレスや運動不足もありますが体内に与える大きな影響としては前者の方が大きいと思います。

 

いずれにしても免疫力の低下で起こる症状ですので免疫力を上げることが必要です。「運動」「栄養」「睡眠」これらの健康の三要素をもう一度見直して見てください。

 

また体が緊張状態、いわゆる凝った状態も免疫力が下がります。日頃から体のメンテナンスもお勧めします。

 

先日9月23日の全体研修では『食が体に及ぼす影響』という内容で私から研修を行いました。

 

今の日本人が口にしている食事でも添加物は本当にやばいレベルです。

揚げ物など使われているトランス脂肪酸、あれは元々車のエンジンオイルです。

 

アメリカではすでに禁止されています。

タイでも禁止されています。

タイでは禁止されてからというものコンビニに並んでいた日本のカップラーメンが消えたそうです。

 

私たちは美味しい、美味しいといって平気で食べています。

コンビニの唐揚げなど日持ちするように出来ているものは基本的に添加物が必要です。

そうでないとあれだけ安い金額で提供することは出来ません。

 

コーヒーに入れるフレッシュ、あれはクリームと言っていますがミルクではありません。サラダ油とそれを混ぜ合わせる界面活性剤が入っているものです。

アイスコーヒーを頼んで、ガムシロップとフレッシュを平気で入れているとしたら、それは体には良くないですよ。

 

そういう一つ一つの口にしているものが私達の体の細胞を作っていきます。

その質が今の体質です。

ここを見直すだけで免疫力も上がります。

 

勉強会でスタッフに伝えて教育しているのは、患者さんのあなたに届けるためです。

スタッフからも詳しく聞いてください。

 

本町の受付スタッフも毎月体調不良を起こしていたのが食を改善してから体調がかなり改善しましたよ、詳しくは本人にお聞きください。

 

ビジネスでの成功やその他人間関係など幸福に繋がるには土台として健康が必要だと考えます。

 

健康なくして成功はないと考えます。

健康で幸せな人を創造するのが弊社の理念です。

 

体と心と食、これは全て繋がっています。

 

今月も意識して過ごしてみてください。

 

 

まずは正しい知識を手に入れ、選択が変われば行動が変わります。行動が変われば結果は必ず変わります。知っているだけでは何も変わりません。是非何か一つでも変えてみてください。

 

今月もよろしくお願いします。