広島で乳がん治療をしているひがき乳腺クリニック院長・檜垣健二のブログ

広島で乳がんの治療をしているひがき乳腺クリニック院長・檜垣健二です。

 

 中町の南の並木通り寄りに「るつぼ」はあります。ランチのメニューを一目見て2階に上がろうとしたとき、「おでん酒場 るつぼ」と書かれていたので「おでん定食」(税込:770円)を頼むことに決めました。

 店内はカウンターも座敷も、お客さんでいっぱいでした。客層は幅広く、常連客が多そうでした。

 運ばれてきたおでんは、厚揚げ、大根、ゆで卵、天ぷら、糸こんにゃくでした。薄味でしたがよくしみていました。

 お味噌汁も、柚子のアクセントがよく効いていました。ランチとしては非常に健康的だと思いました。

 地理的には、ひがき乳腺クリニックからはそれなりに距離はありますが、また来たいと思いました。お店の方に伺うと、ランチは平日だけだとのこと。

 そして、おでん以外も美味しいよ・・・と。

 

広島で乳がんの治療をしているひがき乳腺クリニック院長・檜垣健二でした。