【山】小川町トレラン 仙元山・大日山・物見山 | HB.laboratory

HB.laboratory

主に趣味の出来事を綴っていきます。
何かした時の記録や、DIYであれこれ考えている事を書く予定です。
見てくれた人が面白いと思う内容や有意義な情報の蓄積ができればいいなと思っています。


テーマ:
先週末の内容です。

まだ夏チャレ記事が終わっていないけど、あれは不定期特別記事ということにします。
ほかにも日記のアップが順不同になること出てくるど、あまり気にしないでいきます。

■山行日:2016年10月2日
今年は雨続きで思うようにスポーツやアウトドアができない日々が続いていますが、折角の晴れ間だったのでどこかにいこうと、急遽計画。
ノーマル登山で朝から動くだけの余裕はなかったので、昼からサクッと終わるように近場のトレランに。
トレランも久ふりなので、付加をかけ過ぎないようにと、小川町かの低山で仙元山から物見山へ抜ける10km程度のコースに決定


お昼のラーメンを経て、道の駅小川町に駐車。
トレランの時に持つ込む荷物量とザックの選択はいつも迷う(過剰装備になりがち)のですが、今回はお昼の持込が不要なので、最低限の装備でいけます。
なので、夏場に購入したDOPPELGANGERのナローサイクルバックパックが転用できるかのテストも兼ねて走ります。


本体収納容量が2Lと狭いので最低限しか入りません。
サイフと鍵はサブに、500mLペット2本と薄皮クリームパンをメインにいれると、空間はあと少ししかありません。
レインウェア(上)は押し込んでも無理だったので、外側のヘルメト用メッシュカバーで包むようにします。←これがあるから、転用可能ではないかと思っていた。


スマホはよく取り出すので、サイクルジャージの背中ホケットに入れます。
(今回は、ガーミンとデジカメ持ってきませんでしたが、あればこの3つを各ポケットに入れてます)


ナローサイクルバックパックは一応チェストサポートとウェストサポートのバンドがあるので、ザックの揺れを抑えることができます。

■トレラン本編
それでは、出発!
槻川を渡ってちょっといくと、看板があり、ここから登っていきます。


カタクリの展示場(?)らしきところの脇を進みます。




比較的締まった土やモフモフの斜面画中心で、心配していた泥濘は少なくて走りやすいです。


やや急な斜面を過ぎると、見晴らしの丘にでます。


ここには以前来たことがあるので、展望台はスルーして左へ。


一旦、砂利道にでたあと、茂みが続く方へ分岐します。


ここからは仙元山まで地図を見ながら慎重に。

本日の最高地点に到達しました。標高299m


山頂脇に少し開けた場所があり、小川町方面への展望が眺められます。


青葉城跡方面へ
史跡の説明標識はありますが、じっくり見る時間もないので、何が残っているのかよく分かりません。





小刻みなアップダウンを経て大日山到着


何等か分からないけど三角点アリ。


小倉城跡方面へ。


里山なので支線が多く、現在地と地形、進む方向が整理できていないと道を見失う可能性があります。
僕はandoridoスマホなので、アプリは地図ロイドと山旅ロガーを使っていますが、軽めのトレランならバッテリーの心配もないので十分ですね!

物見山山頂。
周囲をよく見ていないと、気づかないよ。



庚申塚。
石碑が多く置かれています。昔は祠でもあったのでしょうか。








この先の小倉城跡までの分岐はあえて山林コースでいきます。
ほどなく、もとの林道コースと合流し、やや下れば集落か城跡の分岐。


城跡へ向かって、このコース最後の登りです。




小倉城跡はわりと平坦で開けた場所が広がっていましたが、これといって目に付くものはありません。
(門を構えていた説明看板がありますが)
ここは木のチップを敷き詰めたような地面になっていて、クッションが効いて、気持ち良い感触でした。


石垣がありましたが、これは遺稿でしょう。

舗装路に出ると、終点です。


あとは槻川に沿いながら道の駅まで戻るのですが、ところどころ川に降りれる場所があるので、折角なので渓谷の美観を楽しんでいきます。






魚の姿も発見しました!


分かるかな?


写真はこれでラスト。


あとは道の駅までゆっくりと帰還しました。


今日のデータ



■温泉
今回は少し移動して東松山「野天風呂 蔵の湯」にいきました。
道の駅から一番近い温泉は「おがわ温泉 花和楽の湯」なのですが、料金が若干高いので、別の機会で利用することありそうということで・・・あえて別のところに。

源泉ぬる湯が気持ち良かったのと、炭酸泉があったのが良かったです。
http://www.kuranoyu.net/higashimatuyama/

hb-labさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。