後輩見殺し | 嗚呼 ソフトバンクホークス

嗚呼 ソフトバンクホークス

九州に本拠を置く唯一のプロ野球チーム・ソフトバンクホークスの試合結果を語る場。

10月24日(土)西武19回戦(福岡D)、1-4で負け。対戦成績9勝9敗1分。四球連発のモイネロと一発を浴びた岩嵜が連勝を止めたが、最大の敗因は6回裏、松田のバットにあるのは疑う余地がない。

ここは代打策で左の長谷川か明石の場面だった。大好物の十亀が先発で6番に繰り上がったが、これがアダになった。その十亀に2打席空振り三振なのだから、他のどんな投手も打てないとのシグナルが出ていたのだ。ベンチもそれは分かっていたはず。M4のなせる業で余裕をかました。

何の痛痒もない1敗だが、東浜の勝ち星を落したのは痛恨。今季最高のピッチングで、ここ数年見渡してもこれほどの内容はないほど素晴らしいものだっただけに、亜大の情けない先輩にはホトホト呆れる。やれば多少はできるだろうが、ここは来季、思い切って内川とともに戦力外として扱うべきだ。

登板機会が空いたモイネロは責められないが、前回登板で危なかった岩嵜の起用には疑問が残る。21日の日ハム戦ではストレートの威力がなく、変化球の曲がりも悪かった。きょうもボール先行のあと、1死満塁でカウント3-1になるのを怖がり、ど真ん中のストレート勝負。分かって投げたはずだが、全くの棒球だった。あの球威では痺れる場面は使えない。そのことを確認できたことを多とすべきだろう。

結果論ではなく、あの場面は森だった。それ以外なら打たれるのを覚悟ということになる。その覚悟があっての岩嵜ならそれも仕方ないが、仮にそうなら、満塁で中村。最も球威のある杉山の選択があったのではないか。あそこは同点覚悟ではなく、1点死守。守護神で失点なら納得。モイネロ以上の投手を出さないなら、実績の岩嵜ということになったか。

 

宜しければ、クリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村