温故知新

温故知新

ブログの説明を入力します。


テーマ:

2019/1/14(祝・月)
MARIS(11:30)君の隣のラジかるん(11:50)

MARIS緒川佳波さん(14・AI7期生)にとって、2日ぶりのライブが吉祥寺CLUB SEATAで行われた。

MARISはこの日(14日)が3日連続ライブとなったが、佳波さんはAIのために前日のライブは欠席していた。

※「AI」とは
アクトレスインキュベーション。2012年から始まった女優養成プロジェクトのこと。女優を目指す10代の少女たちが7人ほど選抜され、ショートドラマを撮影しながら演技力を磨く。
実戦(践)重視の女優養成システムで、その模様は毎週ニコ生などで生放送されている。

このドラマ、今時の青春群像を描くものではなく、毎回ドロドロとした人間模様を中高生が男性役を含めて演じていることと、シリアスで体当たりの演技が際立つ。佳波さんは7期生。


吉祥寺での対バンは、11時30分開演でMARISがトップバッターを務めて、2番手に君の隣のラジかるん(君ラジ)が続くという、夜まで組まれたライブでも、お目当ての2組が早々に観れることになった。

君ラジはるかちゃま(中山瑠華)とらこてん(橘桜子)が欠席、3人でのステージとなったが、注目はもちろん「あずあず(和田あずさ・15)」。

佳波さんとあずあず、年齢はあずあずが1つ上で、共通点はないように思えるが、実はあずあずこそAI門下生だ(5期生)。










〜佳波さん〜
私「トコトンキッズダンサーズ時代の髪型にしたの?」

佳波「そうなんです(笑)」

私「MARISの直後に君ラジだったけど、あずあずとは話したの?」

佳波「いいえ。一緒に(芝居を)やったことはないんです。」

私「じゃあ(あずあずは)佳波ちゃんを知らないよね。AIは過去のシナリオを引き継いでやってるの?」

佳波「過去のものと、新しい脚本もあります」


〜あずあず〜
私「AIの緒川佳波ちゃんは知らないよね?」

あず「知ってるよ〜」

私「あずあずはAIでどのくらいやったの?男役もあるよね。」

あず「うん。1年」

私「(あずあずは)シリアスなドラマで女優養成されたのだから、大きく成長したのでは?」

あず「そうかなあ?」

私「・・・」
(過去の演じた役や監督と視聴者があずあずをどう評価していたか、あずあずのAIでの立ち位置がどうだったかを確認してからでないと、あずあずへの話題としては乏しいと痛感)


あずあずはTwitterのフォロワー数8千を突破、自身のフォロー数は100に満たないことから、相互フォローがない中でアイドルとしての人気は確立しつつある(showroomなどの配信を行っていないアイドルとしては異例)。
今回、佳波さんの共演者として取り上げたあずあずは、偉大な先駆者といえるかもしれない。

(本日収録5秒動画)


吉祥寺を後にして、休憩を挟んで次に向かったのが秋葉原ZESTだった(18:30開演)。

お目当ては千葉CLEAR'S。

昨年12月15日のワンマンライブで、動員100人達成しなければ無期限活動中止のところ、見事乗り越えた(関係者除く122人動員)。

(この日が約1か月ぶりのライブ)

千葉CLEAR'Sといえば、難局を乗り切った班長「ゆず(18・右端)」の立派なリーダーぶりに感心する次第なのだが、この日ばかりは「こころ(14・後左端)」と話すべく足を運んだと言っても過言ではない。


〜こころさん〜
こころ「(写真を見て)佳波だ!トコトンキッズダンサーズ」

私「こころちゃんは、トコトンにどのくらいいたの?」

こころ「3年いました。佳波は途中から入って1年半です。ミュージカルに2回、佳波と一緒に出たんですよ♪」

私「佳波ちゃんはダンスがしっかりしてました。トコトンでの経験があるからでしょう。ただ、客を見ないで客席後ろをジッと見ていたのは、ミュージカルの影響でしょ?こころちゃんも客を見ないよね(笑)アイドルだから、客を見るのは必要でしょうね」

こころ「ミュージカルで教わったんです。佳波に会いたい!」


この日のMCで、佳波さんがマイクをおろしてメンバーの話を聞いている際に、メンバーの川合順花(かわいよりか)さんから、「(マイクは近づけて)いつでも話せるようにして」と注意される一幕があった。まだ正式デビューすら決まっていないMARISは未知数のチームではあるが、このように向上したいメンバーがいて、フロント(事務所・運営)による磐石なプロモーターさえできれば、自ずと形にできることは、歴史が証明している。


特典会を見る限り、すでに佳波さんに関心を持って足を運ぶファンが少なからず見られた。祝日の早い時間とそれなりの入場料をもろともしないあずあずの長蛇の列(特典会は1人2回が限度)には遠く及ばないまでも、対応の姿勢、美貌とおしとやかさを見れば、(本来的ではない)アイドルでも活躍が期待できる。(緒川佳波と共演者たち・完)




テーマ:

2019/1/12(土)
WhipWhip×MARIS×→Wonderland


デビューしたてもしくはデビュー前3チームによるスリーマンライブが1月12日、早稲田RiNENで行われた。

昨年末にMARIS(メイリス)に加入したばかりの緒川佳波さん(14・AI7期生)に注目して、ライブを見届けた。

MARISは武者修行中と肩書きにあるが、それはいまだにデビューを果たしていないことによる。その一方で、先週(1/5)の西川口でのライブでは、メンバーの担当カラーが発表されたことから、今のメンバーがそのまま春とされるデビューを果たすのはほぼ間違いないだろう。

よって、佳波さんのアイドルとしての活動は、MARISで当分続くことから、将来は女優としての活躍が期待されるとはいえ、今はステージに立つ「アイドル・緒川佳波」にクローズアップすることにしたい。

この日のスリーマンライブは、25分ずつの尺があり、持ち曲が3曲しかないMARISは、昨夜急きょ合わせたカバー曲を追加して披露した。

佳波さんはアイドルとしての可愛さよりも、顔立ちがすでに女優。このライブは、体調不安を心配されながら、ステージで笑顔をふるまく涼本愛唯さん(15・WhipWhip)が好敵手と見て、ふたりのチェキ・撮影をさせていただいた。

















私「ステージまだ4回目なんですね」

佳波「クリスマスイブに御披露目して、1日2回は1回と数えると4回目です♪」

私「先週の西川口で観て、ダンスが形になってるなと感じました。後でYouTube見たら、トコトンキッズダンサーズで千葉CLEAR'Sのこころちゃんと一緒にやってたんですね」

佳波「そうなんですよ〜」



2018/11/24
とあと「初共演」していた撮影会
※「とあ」とは、「すずもとあい」の愛称。会いたい時の「とあに愛唯隊」は浸透するか。

(なお、この撮影会で佳波さんから、「千葉CLEAR'Sのこころを知ってます」と言われていた)


ロック調が主流の佳波さんのMARISでの活動は、子ども向けのトコトンキッズダンサーズとは根本的に異なるため、MARISにどう溶けこむのかは未知数。今回から、対バンでの先輩アイドルを引き合いにしながら、魅力を探る連載としたい。

テーマ:

2019/1/6
SUB.TOKYO(中野坂上)
佐藤さゆき(メトロポリス)生誕祭


佐藤さゆき(15)






松井こひな(16)




葉山ここね(10)





この日の生誕祭は午前中の25分枠で行われ、撮影可というのもあり、朝からカメラを構えた客が目立った。

佐藤さゆきさんは20日後に高校入試を控える。まずは勉強に専念となるだろうが、昨日のライブと初詣オフ会に続き、この日は約2時間にわたる特典会対応や、この日をもってアイドルを卒業する島崎さくらさん(デューバ学園しゅがぁ部)のゲストとしてアイドル最後の曲を一緒に披露したりと、その存在感を示したのだった。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス