唾液の働き | はしもと歯科医院のブログ

はしもと歯科医院のブログ

広島市中区西川口町12-3


テーマ:

こんにちは 中区西川口町の はしもと歯科 の糀谷です。

 

今年は暖冬だとニュースではいっていましたが

ここ数日から、ぐんと冷え込んできました。

 

 

今年も街では、イルミネーションがきれいですね・・・

 

 

さて、今日は「唾液の働き」についてお話したいと思います。

 

ここ最近、現代人の唾液分泌量が減少していると言われています。

原因としては、咀嚼(噛む)回数の減少、日常のストレス、疲労、加齢などがあげられます。

 

弥生時代には一度の食事で約4000回噛むことが必要だったのに対して

戦前の食事では約1400回、現代食では約600回にまで激減しているそうです。

 

唾液には、食べ物を消化する作用、むし歯を防ぐ再石灰化作用、

お口の中を中性に保つ緩衝作用など大切な働きがあります。

また、口臭は口腔内の細菌が主な原因となっていますが、

通常これらは、口腔内で分泌される唾液によって殺菌されていますが

唾液の分泌量が減ってしまうと、殺菌作用が薄れ口腔内で細菌が繁殖し

口臭の原因になってしまうことがあります。

 

普段、唾液の存在を特に気にせずに過ごしていますが

唾液が減ってしまうと、唾液の大切な機能が十分に働きません。

むし歯、歯周病の進行、口臭が強くなる、口内炎ができやすくなる等

トラブルが起こりやすくなります。

 

 

色々な原因で唾液が減少してしまうことがあります。

まず原因に対処することが大切ですが、

原因を取り除くことが難しい場合でも、このようなトラブルを

予防するためにお口の中の細菌を減らすことが重要です。

歯科医院でのプロケアを受け、お口の中を清潔に保ち

「おかしいな」と感じたら、早めにかかりつけの歯科医院に相談してみましょう。

 

 

はしもと歯科医院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス