はるおのドタバタ生活日誌
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

YUKA PROJECT vol.4出演します!

2022年10月16日(日)



YUKA PROJECT 

Theater Recital vol.4



KEEP 

CHALLENGING







前回公演から約1年半の充電期間を経て

更なるパワーアップをし迎えるvol.4!


僕自身、YUKA PROJECTのダンス公演には今年で3回目の出演をさせて頂きます。

なんと今回は過去最多の曲数を踊らせて頂きます!


これは僕にとってもチャレンジであり

だからチャレンジだと思います。(小泉構文)



お越し頂きました皆様に楽しんで頂けるよう

全力で頑張ります!!!ニコニコ



10月16日(日)天空劇場にて!!


お待ちいたしておりますハリネズミ音符

よろしくお願いいたしますニコニコキラキラ


島田 陽生(チャレンジうん十年生)

SPICY×FUUMIY

袋に詰められたナッツのような世間では



誰もがそれぞれ出会った誰かと寄り添い合ってる



そこに紛れ込んだ僕らは石垣牛ナッツ




アーニャ石垣牛なっつがすき!






島田 陽生(シマニャやみつき塩だれ味の柿ぴーなつがすき)

地球って無料の酸素カプセルだね〜四時間小旅行〜

日曜日の朝


LINEの着信が入る。



兄からだ。


この時間に連絡が来るのは珍しい。

急を要する事態かもしれない。嫌な考えが過る。





「朝ツーリングするけど行くー?気分が晴れるよー」



との電話。


いや平和だな最高か!

と思いながら

行くかは別として午前中は家にいる、と返事をした。


とりあえず家まで来てくれることに。



ツーリングと言っても自分は免許を持っていない。バイクの後ろに乗せてもらう形だ。


最近、バイクの免許を取ろうか考えていると兄に話をしたことがある。

判断材料にと、そんなことも踏まえて誘ってくれたんじゃないかと思う。



日曜日の予定としては

昼過ぎからのダンスレッスンがあるぐらいだ。



現在時刻が8:50



時間もあまり無いことから、まぁ原宿あたりぐるっと回って帰る感じなのかなーと、漠然と考えている間に兄が到着。



軽く互いの近況報告を交わした後

ツーリングに同行させてもらうことに。



秋葉原方面にバイクを走らせ



国道6号線に入り



そのまましれっと千葉県に突入。



原宿どころの騒ぎではなかった。


道が空いていたこともあり

ここまで東京都心部から30分程。

バイクの機動力がエグすぎる。



そのまま松戸、柏を通過。


柏ZaXってライブハウスで昔よくやってたよね

とかエモ思い出話をしつつ



今回の最終目的地を


茨城県にすることに。



6号線を左折し

利根川に掛かる異様に長い橋を渡る。


橋の距離が長ければ長いほど、向こう岸には別世界が広がっているんじゃないかと期待が高まるものだ。



心地よい風


晴れた空


広がる自然


夏の原風景


心に浮かぶのは

もうこれジブリじゃんということ。



トトロいたもん!だ。

いてもおかしくない。



橋を渡り終えると明らかに違うことがある。


空気だ。


空気が澄んでいる?美味しい?

少し違う。


空気から草の味がするのである。

初夏の日差しに照らされた草木の力強い香りが嗅覚を支配し味覚にまで影響を及ぼしたのだ。


ロッテのグリーンガム食べたっけ?そんなあり得ない錯覚が襲う。



そして呼吸が楽なのである。

これには驚いた。


つまり橋を渡った先にあったものは

一面に広がる〝酸素カプセル〟だったのだ。


あのおじいさんは畑で酸素カプセルを栽培していたのかもしれない。



長閑な田舎道を進むと突然

風景とは対照的な近代的建造物が目に飛び込む。




ここが旅の終着点。Pasar守谷だ。




まずは

この地を鎮める守り神に挨拶をするべきだろう。



そして食べる。



この地で縁起物とされているのであろう、力が漲っていく。

ちなみにコンポタ味(コーンポタージュ)だ。



そして

一番行きたかった場所


の写真は撮り忘れたので、家で撮影したこちら



「志ち乃」である。

どら焼きの専門店で

各店舗の限定商品を含めればその種類は20種類をゆうに超える。


何度か買ってきてもらったことがあるのだが、どの味も全てが美味しい。

念願叶い、今回の旅で初めてお店に伺うことができた。


特に気に入ったのが

6月限定「キャラメル味」だ。


ガチ美味しすぎて

美味しさ緊急事態宣言発令!

3つぐらいは秒でGo To Eatできちゃう〜!

これは是非おすすめしたい。



こちらの「志ち乃」さん。

茨城県にしか店舗がないのだが、そこがまたプレミア感があっていいのだ。


通販販売も行なっているようなので

ご興味がある方はお調べ頂きたい。

しかしキャラメル味は店舗でしか買えないようだ。


志ち乃が世間に知れ渡った日には

茨城県の魅力度ランキングが大幅に上がることは間違いない。

7位は堅いだろう。



守谷での滞在時間は40分程だったろうか。


守犬(もりけん)に別れを告げ帰路に就く。







東京を出発し帰ってくるまで4時間ほどだった。


たった4時間でこれほどの体験ができるとは思いもしなかった。


旅というと少し仰々しいが

日常を抜け出して、小さな冒険に出かけるのも悪くない。


余計な荷物は置いていこう

行き先は心のコンパスが指し示す、胸の高鳴る方へ。



島田 陽生(最悪PayPayさえあればどうにかなる)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>