*プライベートサロン名:

 春か菜整体~陽~

(はるかなせいたい はる)

*住所:
    岐阜県大垣市和合本町


 自宅兼店舗のため、

    ご予約時に、

 場所をお伝えしております。
  

*営業形態:完全予約制 


<自宅サロン>
・月曜日
=14:00~19:00のみ営業


 
 

ご予約・お問い合わせ




*アクセス:樽見鉄道・東大垣駅から徒歩4分 

・JR名古屋駅から大垣駅までの所要時間

    =35~45分位

・樽見鉄道・東大垣駅 

 (190円/JR大垣駅で、

         一旦改札口を抜け、

  券売機で「切符」を購入して下さい。

  6番ホーム(大垣駅から東大垣駅まで、

  6分ほどです/1両編成)
  
看板は都合上出ていません.



※お車でお越しの方
  

(駐車場は、一台のみ駐車可能)           
        ↓ 
・名古屋方面から、

[加賀野]の交差点を右折、

左手にある大垣商業高校を見ながら直進

右手に公園が見えて来たら、

この筋から3本目の筋を右折

すぐ左手に駐車場が見えてきます。

(因みに、
1本奥の交差点

    赤くなっているので、

   必ず手前で右折して下さい。

                   ↓


*曲がってから左手に見えてくる駐車場

(名古屋ナンバー・スズキ・アルトラパン・オレンジ

前に停めて下さい!!

(車検時は代車になっていますが、同じく名古屋No.の前に)


 ペイントが剥がれていて読みにくいのですが、

「C」なのか「O」なのか分かりませんが、

手前から2つ目

(駐車場は、一台のみ駐車可能)   

 
 東側に道を挟んで、

           [プレイスロイヤル](アパート)があります

 南側に、[ニチイケアセンター和合]があります

ご来院の際は、お気をつけて お越し下さい。   
  


*その他:

動きやすい服装でお越しください。

洗い立ての靴下を必ず、ご持参下さい

SMAPの世界に一つだけの花

ではないですけれど、

命は、とても大切な命 です


混沌とした世の中に蔓延る

命の重みが軽率な行動により失われている

殺人にしても

戦争にしても

国との諍いに 

過敏になり過ぎる医療行為に

心がいたみます


世界に一つだけの命 と

世界に一つだけの一国の花が

枯れないように

私達がすべきこと

考えることがあるように

思えます


全力で生きる勢いが

命の輝きを

さらに輝かせる


新たな命を祝い

今 ここにしかない命を尊ぶ

そんな世の中であって欲しい…です


殺してしまっていい命は

ひとつもなくて

消えてしまうことを願う

命もない


心の奥底には

闇を抱えている人もいる

鬱憤を抱えている人もいる

人の不幸を日々の糧としている人もいる

でしょう


常識と非常識は、紙一重で

常識は、

何をモノサシにしているかでも

変わってくる

正解はないように思う


世界のどこかで

必死に生きることを諦めない人がいる

それを支える人たちもいる


他人事のように

我関せずの人も…

人それぞれ考え方が思うことが

違うけれど

心の中ででも 

片隅に留めておいてほしい事柄を

優しい気持ちを持ってもらえたら

嬉しいと、ふと思いました( ꈍᴗꈍ)


ニュースでコロナ患者の陽性者が増えていると

報道され、

それに加えて解熱剤や咳止め、

喉の痛みを抑える薬が不足傾向にある…と

言っています


症状ありきで 薬を使うのは、

どうかな?…とも思います


野口先生の整体を知る前の昔の私だったら、

そういった報道に踊らされていましたと思いますが…


今は

二宮進先生経由で野口晴哉先生の理論を知り

考えが変わりました


“根本的な事”というのは、

【症状】云々ではなくて

そこへ辿り着くまでの経緯が

大切ではないのでしょうか?


【熱】一つにとっても

体にとっては今 必要だから出している【熱】であって

[下げてほしくて]出している【熱】

ではないということ


体の中に出来てしまった、

つくり出してしまった要らないものを

消毒するために【熱】を出しているのだと

思いませんか?


そして

水分をたくさん取り

汗として

体の外へ出してしまおうと

体は闘っている……頑張ってます!!


それをするには、

今 出ている【熱】を

さらに誘導(後頭部の部分温浴)して

今 出せるだけの体温を上げて

最大限に体を緊張させることで、

後は……

勝手に汗をかいて体を弛ませてくれる


これが体の

【緊張と弛緩】の役割をもって

体の中で滞った交通渋滞を整理しているのです


【咳】も大人と子供は違います


子供の場合は、

未発達の呼吸を育てるために

咳が出たり

[言いたい事が言えない]

[やりたいことができない]ことが

咳になったりする


大人は知恵が働く分

なんでも薬で咳を抑えがちですが、

人間関係の悩みなどのストレスから来るもの

食べすぎから来るもの

体の冷えから来るものなど…

様々な形から咳へと変化することもあります


体の根本的な要因をまず観る


一つずつの絡まりを解き

そこから得られるモノを

弛めていくこと

また弛み過ぎている所を緊(ひき)しめて

いくことで案外 体に負担を掛けずに

咳は次第に治まってきます


【喉の痛み】は、腎臓系統の不具合もあります


特に、【足の冷え】が原因なことも……


足が冷たい

足が火照る

ふくらはぎが浮腫(むく)

アキレス腱が冷える(=頭の緊張、冷え、目の使いすぎ)


<効果的な対処療法として>

足を踝(くるぶし)に掛かるお湯(火傷しない程度の熱い湯)

つける…とか

土踏まずの中央のコリッとした硬いものを

愉気する…とか

右足の外踝(そとくるぶし)の周りの弛み過ぎている所を

中心に向かって愉気する…とか

左足の第四趾(薬指)

指の付根から指腹に引っ掛けるように

しっかり引き伸ばしながら愉気する…などの対応で

冷えや呼吸器、気管支

はたまた風邪を引くとすぐに肺炎になる人には

とても有効です


部分温浴には、

足湯(そくとう)と脚湯(きゃくとう)ががありますが、

それぞれ用途が異なります

  ↓↓↓↓↓↓

喉や鼻の風邪などの風邪の引き始めや

膀胱炎になったときに【足湯(そくとう)】は有効です


【脚湯(きゃくとう)】は、

風邪がこじれたときや消化器系の風邪、

冷えがひどいとき、

頭の緊張を弛めたい時に効果的です

また、便秘にも有効です


西洋医学は、

薬を使ってなんぼという傾向がありますが

それでは体に掛かる負担は大きく

要らない病気を引き込む原因にもなります


また

[敏感な体]と[鈍感な体]では

病気になっているかどうかの異常に気づく速度が

異なります


薬すべてが悪いとは言いませんが

使い所を間違えると足元を掬(すく)われます



薬を常習している人ほど体調が悪いと言えば

「薬飲んだの?」「薬を飲めばいいのに」と…

症状を抑えれば良くなるよ!

という言葉を投げかけられます

もちろんこちらの心配をしてくれる気配りは

大変嬉しいことですが

薬を使えば使うほど知覚神経は鈍り

どんどん鈍感な体を増産していく結果を招きます


敏感な体の人は例え調子が悪くなったとしても、

[体の変化に気づける事]が大切であり

[あとどれくらいで経過するか]が

なんとなく分かるようになります


体を動かすタイミングも然(しか)りです


そういうのは例えば

雨が降りそうな気配が五感をとして感じられる

季節の変化が風の匂いや微かな花の香りで分かる

とかに繋がっているのではないでしょうか?


大切なことは、

[体の声を聴く]こと!

「体の声って、何よ!」→それは

[体の要求」のことです


今するべき体のことは、

薬でなんとかしようとするのではなくて

今 出ている症状(体の反応)は、

どこから来ているのか?を知ることです


無茶なことをしていないか

体を冷やしていないか

色んな情報に惑わされて溺れていないか

不安や恐怖にいても立ってもいられないとか

要因は人によっては様々ですよね


体の健康法は、個々に違うのは

個々の体の情報、使い方、環境、心在り方が違うため

違って当たり前で

その[違う]ことを認めてあげることも

必要ではないでしょうか


熱が出たら、

解熱剤で下げて治った気になる

痛みが出たら、

鎮痛剤で痛みを取ることで治った気になる

それだけでは本当の[わたし]はどこにあるのかな?


知覚神経を麻痺させればさせるほど

機能しなくなる

あるべき神経が働かないことほど

怖いものはないのです

……鈍感になっていく体に誰がした?では、

困りものです!


一つしかない体を全力で勢いのある人生をおくりたい

と思います




 

何年か前に兵庫県芦屋の駅の連絡通路沿いで撮った写真ですが、隙間からチラリと見える空と、緑と花たちのコラボがとても綺麗で、新緑の季節を物語っている風景が懐かしく思います。ここへ訪れることは今後あるかどうか分かりませんが、またこの風景を見てみたいと思います。



私のお気に入りフォト,風景部門

 

 

 

 

コンテストに参加する

 

みんなの写真を見る

 

本日 大垣のひまわり畑へ行ってきました


流石に、ドクターイエロは見ることは叶わず

新幹線をバックにツーショットも

なかなか良い感じです


協力金200円が最初に入りますが

期間中 缶バッチをつけていれば

何度でも来場可になるそうです










花の表情を撮りたい人なので、

スマホでも工夫しながら

パチリぱちりと撮りまくり!!