6月のハープ | ハープといる日々〜小川真騎子

ハープといる日々〜小川真騎子

ハープ演奏活動してる者です。
小さい時から絵を描く親戚が多く(中には日本画家 林雲鳳さんもいたりして(今でしょの林修さんのおじいさま))音楽をやる人生になるとは・・という自分ですが楽しんでます(*^_^*)

イスラエル国際ダンスプロジェクトに参加してみました

3年ぶりのアビダン・ベン・ギアト
曽根智さん

そして今回はイド・バタシュもきてくれました
周りはダンサー、バレエの先生、インストラクターさんばかりいる中
滑らかな動きはできない私笑い泣き


アビダンとイドは言ってました
「いま、この瞬間を感じて。自分がどんな事をしてきたとか過去は関係ない。うまく踊ろうとしないで」

イスラエルは日本よりも戦争もあり明日はどうなるかわからない毎日。
今を生きている。
いまの自分しか、ない。

そんな国や生活が違うダンサーが伝えてくれたものは

上手に踊るんじゃない。うまくやるんじゃない。
必死で心から表現するんた。
ということでした


単発でしか参加できなくて最終日の本番は観にだけいきました

途中、演奏していたミュージシャンがほとんどの方が6年前のあいちトリエンナーレやオーケストラでご一緒したりお世話になっている方々でウキウキしてそちらも楽しみました。


ダンスの方の舞台は
「どう感じてくれても大丈夫。
観る人の自由だから」

と本当に自由な表現をしたダンスプロジェクト。

日本人のこうしなきゃ、こう弾かなきゃ、

の固定観念はなんだろうか、、

と少し空虚な感じに包まれました






そんな素敵な体験して
こちらもまた素敵でした
ネイティブ・アメリカン・フルート(インディアンフルート)のマーク・アレクサのライブを聴きに。。

インディアンフルート奏者のイネ・セイミさんに誘われていきました


インディアンフルートの音色は人の心がそのまま伝わってきて沁みます






あと。。
ラジオ番組ゆめのたねに出演してみました
(2回目のゆめのたねです)

パーソナリティは
すずちゃんラブラブ

放送は7/1と7/8の月曜の朝ガーン6時からです

音楽の話というより宣伝と世間話をしてる感じですが、、笑笑

いつもゆるゆるトーク

鈴ちゃんの考え方が好き

番組名の
すずちゃんのくるりんぱ

は今までの自分の考え方を
くるりんぱ、と変えてみよう


という意味。




あ。イスラエル国際ダンスプロジェクトの
考えとも少しリンクする


私も目指すところ。。


要らないこだわりは捨ててくるりんぱ
周りは関係なく評価も関係ないってくるりんぱ


自分がどうしていたいのか

いまある自分以上のものを
作らず

自由で、
自由で、


今までの癖も
今みでの考えも捨てて


自由で
自由で








そして某保育園に演奏チュー


いつも脚本を書くのが楽しい
!ピンクハート

寝てるじゃないかぁー!演奏者

ここに突っ込みをいれるのは
タップダンサーのもんちゃん



もんちゃんもこの私の挑戦的な台本に付き合ってくれて
自分らしさも出してくれた。


いつも光る星
玉ちゃん、コントラバス奏者なのに
アドリブで子供と関わる姿はさすが



お笑い芸人もやるのむのむ。
保育士何十年もの経験を得ていて子供の関わりすごい。
ホントすごい。普段面白くないのに(失礼笑い泣き)
本番が始まると子供との絡みや進行の持っていき方の才能がすご。。

タイムキーパーも完璧。だからどこか冷静にみれてる。。







10/6のチラシに爪楊枝でペイントしました。
スペイン語やヒンディー語で愛してる
メッセージも入れて
チケット申し込みは8/11の10時から開始です

デルサタでも紹介されたフルーツカフェルポのタルトケーキがついて
古民家散策できて、、
すごいアーティストきてくださって3,000円

いいんです。。これはお客様に喜んでいただくために開催してます
これはいい、、限定45名。。チェックしてね




夏ですね。
カブトムシ、、ミナミヌマエビ、メダカ、、だんだん増えてきました


昨日はザリガニを手のひらにのせて遊びました。

可愛い〜ピンクハート流れ星ラブラブ
ザリガニは挟まないです
敵だと思わせることしなければ

でも臭くなりますw





素敵なKAPO、カルメン合唱団、春日井市の合唱団のメンバーとの演奏

今週末はカルメン、セミオペラ形式です
でもチケット完売だそうです(><)




楽しんで弾いてきます!