想いは重い=重力

 

 

に書かれていた内容が衝撃的だったので

 

もうひとつ覚えていることを書いておきます。

 

 

 

想い(思考)には重さがある、

って話なんですけど

 

 

想いには重いチカラがある。

イコール重力がある。

 

 

重力って科学的には

まだ分からないことも多いようですが

 

本に書いてあることで面白かったのが

「パワレルワールドに行けるのは重力だけ」

とかいうくだり。

 

(記憶がてきとーだったらごめん)

 

 

 

「ラーメン食べたい」

と思う。

「いや、肉のほうがいいか?

それとも

お好み焼き?」

 

などと思うのは

 

ラーメンを食べている未来

肉を食べている未来

お好み焼きを食べている未来

それぞれ(パラレル)に「想い(思考)」がアクセスしているから

だとか。

 

全ての未来は

同時に存在していて

(全ての過去も同時に存在しているようですが、それはおいておく)

 

あとは、私の選択次第、ってことらしんですよ。

 

 

すごくないですか?この話。

 

思い浮かんだ事は全て未来に存在している。

あとは私の選択次第だなんて。

 

 

 

 

でで。

もうひとつ面白かったのは

 

「なぜ、望む未来でなく、今の自分はこうなんだ??」

と嘆く主人公に

 

「望む未来は、別のあなたがもう体験している。

だからあなたは今の自分を体験している。

それに、今のあなたがそうなのは、それがあなたの望みだからだ」

 

という

意味不明な説明を悪魔さんがしてくれてるんですけど

 

これも目からウロコでした!

 

そうなのか!

って!

 

今、私がこうなのは、

私がそれを望んでいるからなんだ。

 

 

 

 

うーん、

よくわからないですよね。。

 

意味不明なのは、私がちゃんと理解できてないからですね、きっと。

 

 

興味があれば本読んでみて。

(丸投げ)