じぶんに負けよう①

なんか知らんけど

 

ずっと負けたくなくて

 

 

小さい頃から

「負けずぎらい」と言われていたし

自分でも自覚があった。

 

とにかく負けたくなくて頑張った。

 

「勝ちたい」というよりは

「負けたくない。」

 

 

負けたくなくて

頑張ったし努力もいっぱいした。

 

頑張れば幸せになれると思っていたから。

 

 

 

 

でも、ある時から行き詰まるようになってきて。

 

最初は

頑張りが足りないから

努力が足りないから

 

だと思ってたんだけど

 

なんかおかしい。

 

なんか違う気がする。

 

そんなことを思うようになった。

 

 

 

 

 

 

あるとき

「努力は無駄」

というような話が目に入って来た。

 

もう驚いたよね。

 

 

まじか!!って目を見張った。

 

数年は

あきらめられなかった。

認めたくなかった。

 

 

だって

それ認めたら

諦めてしまったら

 

 

今までの努力と頑張りが

 

全部無駄になる!!

 

 

もったいない!

 

そんなこともったいなくてできない!

 

今までの自分を否定することになる!

 

 

 

 

 

抵抗がでて

なかなか進めなかったけど

 

 

 

あるとき

にっちもさっちも行かなくなって

諦めた。

認めた。

 

 

 

はい、努力は無駄でした。

 

 

 

 

あーーーーー

ショック。

 

 

残念で仕方ない。

 

今までの私の努力はなんだったのか?

 

 

そんなことを

思っしまって

 

認めたものの

諦めたものの

 

なかなか気持ちの整理がつかず

スッキリしなかった。

 

 

(続く)