ひかるもの

テーマ:

w3


          目をとじて

          心をとめて

          くらやみの中で

          ひかるものを

          みる


どうしてもいま、これ以上、頑張れないと思うとき。
いくら考えても、マイナスの感情ばかりが溢れてしまうとき。

そんなときは自分の中に、

ふかくふかく、もぐりこんでしまってもいいと思う。


それは、心を守るため
ほんとうの自分と向き合うために必要な「とまれ」の時間。
(決して閉じこもったり、逃げたりすることじゃない)


立ちどまって、目をとじて、心をとめてみれば、
マイナスの感情は、もうそれ以上は流れ込んでこないし、
「自分の殻」の中では、ほんとうの自分しか見えないから。


こたえはいつも自分の中にあって、

人はくらやみの中ではじめて気づくものがたくさん、ある。


しあわせの色

テーマ:

tori

         どこかではない

         ここ

         青い鳥が

         青ではない

         色をして


たとえばいま、手の中にいたとしても。

たとえばきのう、庭の木に止まっていたとしても。


青い鳥はほんとうは、青い色をしていないから、

誰の目にも、とてもわかりにくい。


想像していた色とはちがう、しあわせの色。

世の中には、そういうものたちがたくさんあって。


心を透明にすれば、

心の色めがねを外せば、

それぞれのしあわせの色が、もっとよく見える。



Photo Foujitaさん  Perfumed Garden Annex


おおらかさ

テーマ:

p9


         試されているのは

         負けない私で

         いる、つよさ

         負ける私で

         いる、おおらかさ


人生のどんな問題も、どんな人間関係も、

「心のつよさ」だけでは、乗り越えられないものがある。


ほんとうの「つよさ」について考えるとき、

その本質はたぶん、「おおらかさ」なのだと思う。


ときどき、負けない私。

ときどき、負けてもいいと思える私。

うまくバランスがとれていれば、
日々のたいていのことは、ちゃんと乗り越えてゆける。


──おおらかであれたら、心はいつも晴れ。


Photo:   Naomi Okunaka


ためてゆくもの

テーマ:

2


         満ちているもの
         足りないものが
         よくみえる
         こころに、ひとつ

         透明な器があれば


満ちているものは、その幸せがもっとよくみえるように。
心に足りないものは、欠けているものに気づくように。

心にひとつ、透明なよくみえるガラスの器をもっていよう。


──楽しいこと、わくわくすること。

──淋しいこと、やるせないこと。
心のなかには毎日、いろんな思いがたまってゆくけれど、

「よい」気持ちも、「わるい」気持ちも、

その思いに向き合うことが、ほんとうの自分を知ること。


大切なのは、本心から目を逸らさないことだと思う。



Photo:   Four seasons