ごあいさつ

テーマ:

自分の心に向き合うとき
誰かのことを想うとき
毎日の暮らしを見つめるとき
心の中には、たくさんの言葉が浮かびます。

 

流れてゆく時間のすべてが、楽しいことばかりではないように、

そのときどきで思い浮かべる言葉は、さまざまですが・・・・・・。


ひとつだけ確かなことがあります。
それは、晴れた言葉は心を幸せにしてくれるということ。

 

心の晴れる言葉、幸せな言葉を口にしていると、

どんなときも晴れた心で、前を向いて進むことができます。

 

言葉は、心の奥にゆっくり重なって
心や思考、行動を変える力になってゆくのだと思います。


心が疲れたとき、勇気が湧いてくる言葉。
夢に向かっているとき、ぽんと背中を押してくれる言葉。
ここにあるのは 心が晴れる小さな言葉たちです。

 

ふとした瞬間に感じた想いや言葉が、

              あなたの心に届けば嬉しいです。

 

 

2005年2月  中島未月

 

 

◆五行歌とは

五行歌は、字数や音数にこだわらず五行で表現する自由な詩歌の形式です。

「はれ、ことば」では、シンプルに五行で表現することにより、多くを語りすぎず、

訪れて下さった皆さまの心に気づきの視点や、心の晴れる癒しのメッセージが

流れ込むよう、言葉のリズムや響きを大切にしています。

 

読者の方々には、それぞれの立場で行間を読み、

言葉の先にあるものをイメージしていただければ、うれしく思います。