新しい旅に出る準備はいつだって出来ている

これを読んでくれた方が一緒に旅をするようなブログを目指して書いています。



2014年1月より、東南アジアを回る旅に出発しました。
楽しいだけではないだろう旅をありのままに書き綴っております。
馬鹿だなぁって事も、ちょっと頑張れた事も、二度と訪れない日々。
初めての空は、どの景色も眩いものでした。
ペットロスの旅は、たくさんの優しさをもらいました。


 

2016年、ヨーロッパ旅、無事終了。


2017年の南米旅、無事終了。


2018年 →インド、ネパール旅 更新中。


只今、別ブログにて、旅情報&旅日記更新中。


→ 一人旅情報サイト

虹の橋へ旅立った愛犬はること、気持ちはいつまでも一緒に旅をしています。

風向きは、凄くいいです。

I hope to see you again !




テーマ:

ガンジス河のガートにいると、とにかくここでも絶え間なくって言っても過言ではないくらいに、


インド人が話しかけてきます。



基本は、土産物屋の人間なんだけど、そりゃもう、いちいち対応していたら、まさに身動きとれなくなるので、

 

無視、無視、と思いつつも、やっぱりなんか無視しきれなくて、話しちゃったりするのです。



ひとまず、ほどほどに、信用しきらずに話しとくのがいいのかも。


絶対に絶対に、話しかけられても、大したことのない会話をされても、


あの場所のインド人だけには答えちゃダメって言うのは、あらかじめ旅友からアドバイス聞いてあるんで。


あとは、自分の旅人の勘が頼りです。



やっぱり、なんだかんだでも、現地の人と触れ合わない旅ってのは、私には合わないんで。


 

ってことで、なんだかちょっとは信用?話ができそうなインド人の男の子に、


美味しい穴場なお店を教えてもらって、夕飯にすることにしました。



彼は、「僕はトシって言うんだ」とジャパニーズネームを言ってきました。


で、なんで?と聞いてもないのに、タカアンドトシのトシに似てるからって日本人につけられたと説明してくれました。



ん?この流れ、すっごい記憶にあるんだけど。。



あのどうしようもなく心がささくれ立って、シェムリアップの街を歩きながら泣きそうになるくらい、


なんか二人旅がしんどくなってた朝、声をかけてくれた人。


毎日笑わせてくれて、毎日プロポーズしてくれて、(笑)


最後は涙でお別れした、友達になれて、すっごい嬉しかったあの、



カンボジアのオカムラさーん !!



すごいすごい!!これってデジャブ??



なんかこう、ドラマの中盤の盛り上がりシーンみたいに、心の中で音楽がキラーンって聴こえるくらいに、


懐かしさがこみ上げてきました。


 


が、一瞬で自分を取り戻しました。




ここは、インド。インド。


インド人はカンボジア人とは、だいぶ違う。


そして、ここはバラナシ。


落ち着け自分。


 


でもって、よーく見なくても、とてもニックネームをつけた人のセンスを疑うくらいに、


坊主であること以外、ちっとも似てる部分がなかったので、なんとも、


むしろその命名した日本人にバカにされたんじゃないだろうかこの人、と哀れにもなりました。


まぁ、本人が気に入っていて、それで日本人とコミュニケーションをとろうと思ってるなら、いいんだけど。



 

ひとまず、彼のおススメのお店を案内してもらいました。


 

ダシャーシュワメード・ガートから歩いてすぐにあるお店です。



SHREE cafe




このお店、店内は普通に綺麗だし、料理もボリュームがあって、しかも安くて美味しかったし、


入りやすいし、結構おすすめ。



トシは、特にお店の人からマージンなんかをもらっている様子もなかったので、


普通に善意で連れて来てくれたんだと思います。



そして彼は、また後で来るよ、そしたら街を案内するよと去って行きました。


うーん、やっぱりインド人だからと言って警戒し過ぎなのかな。


でも、深く心を許しすぎないことに越したことはないとは思うけど。



これは、ダリ。(カレーセット)





パニールパコラ




パニールはチーズの種類で、パコラはアーグラーでも食べたけど、揚げ物。


これは、チーズの揚げ物です。



ライムソーダは、ライムをたっぷり切ってくれたよ。



さすがにお店の中までは、話しかけてくるインド人もいないので、やっと一息つけた感じです。



ゆっくり食事をしているうちに、外はすっかり暗くなりました。


そして、ここバラナシでは、帳が落ちたら、毎晩行われている一大行事があるのです。



それは、プージャー。



プージャーとは、バラモンと呼ばれる人達が祈りを捧げる儀式です。


バラモンは、インドにおけるカーストの頂上に立つ人を指す呼び名です。



そんなバラモンが音楽や歌に合わせて、まるで舞のようなお祈りをするのです。


もうその雰囲気は、明るいうちに見たガンガーの様子とは異なり、


かなり幻想的で、祈りの為に造り上げられた空間かのように、すっかり姿を変えているのです。

 


 

始まりました!



笛を吹いています。魂に届けているのか、呼び集めているのか。



もう一瞬で、吸い込まれるかのように、この雰囲気に飲まれました。

 


インドにとって、バラナシにとって、伝統的な儀式だけど、


こんな儀式を無料で見られるのも凄い。



他の国では、伝統儀式は観光客集めの為に行われ、お金を払って見るショーになっちゃってるとこも多いので。



その上、観客は、インド人が多く、


ちゃんと崇拝し、バラモンと一緒に祈りを捧げる為に来ているっていう光景も、とても素敵でした。



この、24時間火葬の火が耐えることのないバラナシは、インド中の死者が運びこまれる町。


そんな町でするお祈りの儀式は、凄いパワーが漂っていて、


私はもう立ちつくしたまま、 ずーっと夢中でシャッターを切っていました。



バラモン達は、その火を使い、ガンジス川へ祈りを捧げる。



本当に今、死者の魂がガンジス川をたくさん流れているような気がしました。


 

そして、ふとガンジス川を振り返ると、


お花を乗せたお皿の上に火をつけて、まるで灯篭流しのように川へと流して、


そっと手を合わせる人の姿も。





「あれはね、家族が亡くなった人がするんだよ。亡くなった家族がちゃんと川を流れてまた良い人生を過ごせますようにって祈りを込めて、流すんだ。」


へぇー。

 

ホイアンでもやったけど、やっぱり残された者が死者に捧げる素敵な儀式ですよね。


愛犬ハルコの死は今も大事に思ってる。私がここにいることで、また1つのお祈りになれているのかな。




ガンジス川、汚染が凄いって聞いてたから、ヘドロが浮いてるんじゃないかって勝手に想像してたけど、


昼間は思ってたよりは汚くないんだなって思ったけど、


こうしてみると、やっぱりゴミだらけだなぁー。



お花、流れて行かないけどいいのかなぁ。とどまっていたいのかなぁ。



「あれはね、流れないのは回収してまた使うから。」



あ、そうなんだ。


あまりそれ、知らなくていい情報かも。。。




って、


トシーーー!!




彼は、レストランを後にしてプージャーを観に来ていた私達を、すんごいスピードで探し出し、


さっきから、ずーーーっとこのプージャーに対しての説明をしてくれてるのでした。



正直、この人ごみの中で、私達を見つけ出す執念が若干怖いなぁとも思ったけど、


私達二人の写真を一生懸命撮ってくれたり、プージャーの質問にもしっかり答えてくれたりと、


まあ、ありがたくはありますが。



しかし。ガイド料とか、請求してこないでしょうねぇ。


「大丈夫だよ。僕はガイドではないから。でも、後で僕の店に来てね。見るだけ見るだけ。」


 

ああ、そうだよねー。まぁ、お土産も買いたいし、行くけど私はバカ高い買い物はしないからね。



それにしても、プージャーの祈りを捧げているバラモンの人達は、結構イケメンが多い気がする。



これもそのカーストと言えども、顔良し、スタイル良し、で選ばれてたりするんでしょうか。



台湾人の友人が、台湾の衛兵はオーディション的なのあるって言ってたけど、


カーストでオーディションって、そりゃもうわけわかんないですね。


そもそも、わかってはいたけど、カースト制度は今も存在しちゃってるんじゃんってとこも引っかかりはするけども。



それでも、このプージャーはずっとずっと続いて行ってほしいなと思った。


たくさんの魂のためにこれからも祈り続けて。




その後、トシのお店に行って、Tシャツやらストールなど、軽い買い物なんかをしました。


トシは、しきりに自分は結構、日本人には名の知れた誠実なインド人なんだという話をして、


自分が登場したという漫画や、今まで日本人とたくさん撮った写真なんかを見せてくれました。




漫画には実際に登場してたけど、私、漫画あまり読まないので凄さがよくわかりません。


ただ確実に言えることは、ほんっとうにこの人、全くトシに似てないなってのと、


彼のお土産屋さんの料金が、どれだけ誠実なのか謎ってことです。


まぁ、後々、判明したこともあったし。



とは言え、バラナシ、かなり旅するには苦労する町だと思うので、


完全悪人ではなさそうなインド人と、しっかりとした距離感をとりながら仲良くなるのはありだと思います。


たぶん、一人旅だったら、結構頼ってたかもなぁとは思う。


結果、彼にはお世話になったと思います。




残りのインド旅もこれ以上、嫌な事がないように締めくくりたいです。







↓ こちらも更新中。


 旅情報&旅日記 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている  


☆最新記事は、女子二人旅で喧嘩しまくった本人が女二人旅ってものを振り返る です。


そりゃもう、前回も書いたあの事件も含めですけども。







あなたにも、行きたい場所へと飛ぶ風が吹きますように。

ランキング参加中です。応援のワンクリックをよろしくお願いします!



にほんブログ村



一人旅 ブログランキングへ



旅情報&旅日記、別サイトはこちら → 新しい旅に出る準備はいつだって出来ている               


インスタはこちら → https://www.instagram.com/sayonew_jorney/

※インスタにてサイトの更新情報アップしてます。お気軽にフォローしてくださいー。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス