■転倒しやすい場所は

テーマ:

毎年1割ほどの方が、自宅内で転倒しているとか。

転倒しやすい場所は、

玄関、リビング、廊下、階段、浴室

などです。

 




つまづく程度なら無傷か軽傷で済みますが、

転倒すると、骨折などの重傷を負うリスクが高まります。

それだけは避けたいですね。



■若者にも増えています

「すり足」は、筋力が衰えた高齢者に多い歩き方です。

ところが、最近は若者でも

「すり足」で歩く人が増えているといわれています。



その原因として、

・つま先で蹴る歩き方をマスターしていない

・クロックスやサンダルなど、

 つま先を使いにくい履物を愛用している


といったことが挙げられます。



あなたや、ご家族の歩き方はどうですか?

床に置いたタオルを

足の指でクシュクシュと引き寄せることができない場合、

つま先で地面を蹴る歩き方ができていない可能性がありますよ。

 

 

■転倒が寝たきりのきっかけに

高齢者が寝たきりになるきっかけをご存知ですか?

その8割は、転倒やつまづきです。

筋肉量や活動量が少ない高齢者は冷えに敏感です。

ですから、フローリングの冷たい床を嫌います。

となると、必然的に

カーペットなどの敷物を使用する機会が増えますよね。


すり足で歩く人は、

足が延長コードに引っ掛かることがあります。

その時、目の前にテーブルや窓があったら・・・。

ゾッとしますね。

 





それを防ぐには、バリアフリーはもちろんですが、

コンセントの位置も重要です。


テレビとコンセントの間を歩くことは少ないでしょうが、

ホットカーペットとコンセントの間は

歩く機会がありそうですね。


そのほか、

テーブルやこたつでパソコンや家電を使うとき、

家族がそれらのコードをまたいで通ったら・・・。




そんな不安を減らすため、

室内の段差をなくすだけでなく、

安全に移動できる空間づくりも意識してみましょう。



■後付けグッズは掃除が面倒


室内の段差や

床とカーペットの段差を解消するためのグッズは便利です。

ただ、それらのグッズの下に入り込んだホコリは、掃除が大変。

それに、見た目も美しいとは言えません。



家族に優しい床材選びやコンセントの配置など、

家づくりの際にしかできない備えをして、

家族の健康や安全に配慮したいものですね。

 

 

【ブログランキング参加中です♪】
【応援よろしくお願いいたします<(_ _)>】
  にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ
↑↑クリック ↑↑

していただけると嬉しいです♪ <(_ _)> 

 

*プライベート見学会のお知らせ⇒ クリック 

 

*家づくり(新築・リフォーム)に関するご相談は⇒ クリック

 

親と別居し、程よい距離で接している時は問題なかったのに、

同居を始めたことをきっかけに

不仲になるケースは多いものです。




世代が違えば考え方も違う。

生活習慣も違う。

そんな2つの世帯が一緒に暮らすのですから、

問題が起きない方が不思議かもしれません。



ところで

「親と同居するのはイヤだけど育児は手伝ってほしい」

と考える子育て世代は、意外と多いんだとか。



そんな子育て世代が望むのが

親との『同居』や『近居』です。


内閣府が公表した

『家族と地域における子育てに関する意識調査』によると

同居を希望する子世帯は20.6%、

近居を希望する子世帯は31.8%
となっています。




今、仕事や塾の都合で家族全員が揃うのが難しくなり

一家団欒の回数が減っている時代です。



「共働きのため、

 小学生の子どもに1人で留守番をさせたことがある」

と答えた働く女性は、7割以上にのぼります。




そんな女性の多くは、男性より沢山の家事を担当しています。

せっかく帰宅しても、すぐに家事に追われるため、

子供に関わる時間が短いと嘆いています。

そんな核家族が密かに(?)期待しているのが

親世帯のサポートです。



子どもからみた祖父母が、家事や育児の手助けをすることについて

8割前後の親が好ましいと感じています。

ただ、あまりに依存し過ぎると、

良好な関係を維持することが難しくなります。

そこは注意したいものです。




近居の定義は人それぞれです。

歩いて行き来できる距離だと考える人もいれば、

車で30分以内と考える人もいます。

将来的な介護なども視野に入れているのなら近い方が便利ですが、

そればかりを優先して土地選びをすると、

満足感を得られない新居になるかもしれません。





付かず離れずの程よい距離で

良好な人間関係を持続させるためにはどうすればいいのか。

折に触れて考えたいものですね。

 

 

【ブログランキング参加中です♪】
【応援よろしくお願いいたします<(_ _)>】
  にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ
↑↑クリック ↑↑

していただけると嬉しいです♪ <(_ _)> 

 

*プライベート見学会のお知らせ⇒ クリック 

 

*家づくり(新築・リフォーム)に関するご相談は⇒ クリック

あなたは

「不景気で家計が厳しいから、

新築する決断ができない・・・」


と思ったことはありませんか?



新築したら多額の住宅ローンを長期に渡って支払うのですから、

その不安は当然です。

それに、賃貸住宅のように安易に転居することもできなくなります。




そんなことを考えると、

むしろ何の不安も感じずに安易に決断できる方が不思議です。



では、新築を実行した方々は、なぜ決断できたのでしょう。

それは、新築することでしか得られないメリットを知っていたからです。




新築する一番のメリットは、

家族の暮らし方に合った住まいで暮らせることです。

これは、賃貸住宅にはない圧倒的なメリットです。




新築した方の声を聞くと、

・好きなペットを好きな部屋で飼える

・防音室を用意したので、好きな時間にピアノなどを楽しめる

・わざわざ公園に行かなくても、庭で子供と楽しく遊べる

・広めに作ったキッチンで、休日はパンづくりしてリフレッシュ




など、暮らしに合わせた家でしか得られない楽しい生活を

満喫している様子がうかがえます。




また、家族の成長とともにリフォームをして、

より暮らしやすい状態にすることもできます。

必要に応じて、資産として売買や賃貸することもできます。




そのほか、少数意見として、

「自分が病気や事故で死亡したとき、

 家族に金銭的負担(住宅ローン)を負わせることなく、

 安心して暮らせる場所を残せる」


と答えた人もいました。




新築すると、万が一の際の不安を解消できるだけでなく、

その分の生命保険料を減らせます。

浮いたお金を

メンテナンス費用や老後の資金として積み立てることもできます。




家賃と住宅ローンだけを比べて賃貸か持ち家かを選ぶ考え方もありますが、

より安心で幸せに暮らせるという観点で選ぶと、

持ち家はとても魅力的です。



消費税引き上げ後ならではの支援策として

すまい給付金や住宅ローン減税の拡充などがあります。

そのほか、政府が用意している補助金はいろいろあります。




それだけでなく

人口の流出を防ぐため、独自の補助金を用意している自治体もあります。

あなたが気になっている業者に相談すると、

そういった情報をいろいろ提供してくれることでしょう。


何が不安なのかをはっきりさせると、その解決策を探せます。

解決策を探すには、専門知識を持った業者に相談するのが一番です。

困ったときには気軽にご連絡くださいね。

 

 

 

【ブログランキング参加中です♪】
【応援よろしくお願いいたします<(_ _)>】
  にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ
↑↑クリック ↑↑

していただけると嬉しいです♪ <(_ _)> 

 

*プライベート見学会のお知らせ⇒ クリック 

 

*家づくり(新築・リフォーム)に関するご相談は⇒ クリック