■民法でいう『不動産』とは(ウィキペディアより抜粋)

土地及びその定着物をいう(民法86条1項)。

不動産以外の物は、全て動産(どうさん)である(同条2項)。

不動産は、その移動が容易でなく、かつ、財産として高価であるため、

動産とは別個の規制に服する(民法177条など)。



小難しい表現と思う方がいるかもしれませんが、

簡単に言うと、不動産は動かせない資産。
 (ただし、船舶、航空機、鉱業権なども不動産に含まれます。)

ということで、当然のことですが家は『不動産=資産』です。



■でも寿命が・・・

日本の住宅の寿命は30年といわれます。

一方で、イギリスやアメリカなどでは100年超です。
  


これでは、日本の家が資産ではなく消耗品と

捉えられても仕方がないですね。





ところで、遠い昔に建てられた寺社仏閣の寿命はとてつもなく長いですよね。

一方で、ほんの数十年前に建てられた住宅はシロアリでボロボロ。

どうして日本の住宅は寿命が短いんでしょう。




■人も建材も適材適所が一番

会社で能力が低いと怒られてばかりいた人でも、

部署を変えただけで、すぐに結果を出すことがあります。



住宅も同じです。

その土地の気候風土や住まい方に合った建材や

工法を選ぶかどうかで寿命は大きく変わります。



それに加え、定期的なメンテナンスをするかどうかでさらに寿命は変わります。


適材適所で、定期的にケアすることで、

家は『消耗品』から『資産』に変化します。

資産価値を維持しておけば、もし売却することになっても安心です。



自分がつくる家は消耗品にしないぞ!

そう意識して、家づくりに臨みたいものですね。

 

 

 

 

 

【ブログランキング参加中です♪】
【応援よろしくお願いいたします<(_ _)>】
  にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ
↑↑クリック ↑↑

していただけると嬉しいです♪ <(_ _)> 

 

*プライベート見学会のお知らせ⇒ クリック 

 

*家づくり(新築・リフォーム)に関するご相談は⇒ クリック

主人公は誰でしょう?

 

確かに業者は、家を建てることはできます。


自分の能力の範囲なら、どんな家でも建てることができます。

でもそれは、あなたの暮らしには合わない家かもしれません。



あなたの家をつくる時、主人公は『業者』ではなく『あなた』です。

あなたがイメージをしっかりと膨らませ、しっかりと業者に伝える。

その作業なしでは、家づくりは何も進まないんです。



あなたは今

「そんなの当然じゃないか」

って思いましたか?


そう、当然です。




でも、

「当社の家づくりは、こんなところがいいんですよ」

「今はこの設備が人気なんですよ」


と業者の説明を聞くうちに、必要なものを削ったり

要らないものを加えたりしないと言い切れるでしょうか。



業者は良い情報を提供しているだけ。

それを取捨選択するのはあなたです。

でも、あなたのイメージが固まっていないと、

業者の提案が最善のように感じられて、ついフラフラとなってしまいます。

その結果、住み始めてから後悔したり、予算オーバーになって苦しんだり。




あなたや家族が片付けが苦手なら、

オシャレなアイランドキッチンを提案されても

独立型の方がストレスを感じないかもしれません。

リビングよりダイニングで過ごす時間が長かったら、

ダイニングを充実させた方が楽しい時間を過ごせるかもしれません。




そんな暮らしのイメージをしっかり伝えるためには、

家族の日々の行動パターンや、その意味を理解することも大切です。


自分の家を自分でつくるために、まずはそこから始めましょう。

 

 

 

【ブログランキング参加中です♪】
【応援よろしくお願いいたします<(_ _)>】
  にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ
↑↑クリック ↑↑

していただけると嬉しいです♪ <(_ _)> 

 

*プライベート見学会のお知らせ⇒ クリック 

 

*家づくり(新築・リフォーム)に関するご相談は⇒ クリック

 

 

 

「最近の子は外遊びをしない」

と批判されるご時世ですが、

遊べる場所が少ないから遊べないという事情もありますよね。



ボール遊びを禁止している公園も多いと聞きます。

放課後に校庭で遊ばせてくれる学校が減っているとも聞きます。

外で遊ぶ環境が整っていないなら、家で遊ぶしかない。



しかも、家での遊び方は充実する一方です。

最近は、未就園児でもスマホゲームを持っている時代ですからね。



ところで、心身を健康に保つためには、適度な運動は欠かせません。

寒さや暑さに接し、体に程よい刺激を与えることも大切なことです。



自律神経を鍛えることもできるし、適度な疲れで寝つきも良くなるので、

30分程度の散歩や休日の子供との外遊びはお勧めです。

庭で野菜や花の世話をするのも、

結構体を動かすのでいいですよ。




ヒートショックや結露に悩まされることのない家に住んでいたら、

寒暖による体の負担は大きく減ります。

ただ、体にとって必要な刺激を得る方法も考えておかないと、

体の退化を招く羽目になるかもしれません。




人は、不便を手放して便利を手に入れる代償として、器用さを失っています。

ナイフで鉛筆を削ったり、おもちゃを作れる子供は、今はどれだけいることか。

 

 


同じように、厳しい気候に接したからこそ鍛えられていた心身は、

快適な環境の中で何を失っていくんでしょう。

 

 

【ブログランキング参加中です♪】
【応援よろしくお願いいたします<(_ _)>】
  にほんブログ村 住まいブログ 住宅情報へ
↑↑クリック ↑↑

していただけると嬉しいです♪ <(_ _)> 

 

*プライベート見学会のお知らせ⇒ クリック 

 

*家づくり(新築・リフォーム)に関するご相談は⇒ クリック