映画とわたしとイタリアと

《副題》 ~映画裏街道~ それは自己満足な映画に対する恩返しハート

初めてもらったオルゴールの音色は、「ラーラのテーマ」でした音符

そこから私の映画まみれの人生が始まったような気がしますはぁと3
                        Love each day  真冬wハート☆
今月の言葉ぶーぶー

人間とは精神である。精神とは何であるか。精神とは自己である。
自己とは自分自身に関わる一つの関係である。
by セーレン・キルケゴールぽわわん*グリーン
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

2020年10月に鑑賞した映画たち

10月
1.ミッドナイトスワン(Theater)
2.イーディ、83歳 はじめての山登り(DVD)
3.フェアウェル(Theater)
4.残酷で異常(ネット配信)
5.野性の叫び声(DVD)
星
6.ペイン魂の叫び(ネット配信)
7.オン・ザ・ロック(Theater)
8.ある画家の数奇な運命(Theater)
星星
9.ジャパン・ロボット(Theater)
10.ビギル勝利のホイッスル(Theater)
11.無職の大卒(Theater)
12.ストゥリー女に呪われた町(Theater)
13.権力に告ぐ(Theater)
14.82年生まれキム・ジヨン(Theater)
15.MA(DVD)
16.影裏(DVD)
17.デジャブ/韓国(ネット配信)
18.浅田家!(Theater)
19.象は静かに座っている(ネット配信)
20.レイトナイト 私の素敵なボス(ネット配信)
21.望み(Theater)
22.新喜劇王(DVD)
ハート
23.薬の神じゃない(Theater)星星
24.スパイの妻(Theater)
25.ウイルス(Theater)
26.伝説の女優 サーヴィトリ(Theater)
ハート
27.宇宙でいちばんあかるい屋根(Theater)
28.きみの瞳が問いかけている(Theater)
29.エマ、愛の罠(Theater)
30.俺たち替玉ブラザーズ!(Theater)
31.ファンファーレが鳴り響(Theater)
32.第三夫人と髪飾り(ネット配信)
33.博士と狂人(Theater)
星
34.ボーダー 二つの世界(ネット配信)
35.おもかげ(Theater)
ハート
36.シカゴ7裁判(Theater)星
37.ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ(Theater)
38.スタートアップ!(Theater)
39.星の子(Theater)
40.キーパー ある兵士の奇跡キーパー(Theater)
星星
41.ストレイ・ドッグ(Theater)
42.レディ・マクベス(Theater)
ハート
43.ドント・レット・ゴー ―過去からの叫び(ネット配信)
44.朝が来る(Theater)
45.マーシャル法廷を変えた男(ネット配信)
46.靴ひも(Theater)
ハート
47.ゴッド・セイブ・アス マドリード連続老女強姦殺人事件(ネット配信)
48.君は月夜に光り輝く(ネット配信)
49.わたしは金正男を殺してない(Theater)
ハート
50.鬼滅の刃 無限列車編(Theater)
51.ザ・ビッグコール ~史上最強の詐欺師たち~(DVD)
52.罪の声(Theater)

 

星=特に個人的に観て良かった作品

ハート=特に個人的に好きな映画

 

今月も充実した鑑賞履歴♡詳しいとは言えない邦画ですが、「ミッドナイトスワン」、「浅田家!」、「罪の声」をはじめ、どの作品も興味深かったです。衝撃と言えば「ボーダー 二つの世界」。そしてベトナム映画「俺たち替玉ブラザーズ」はお勧めしないでおこうと思う(笑)

2020年9月に鑑賞した映画たち

9月
1.青い寝室(ネット配信)
2.ソワレ(Theater)
3.ポルトガル、夏の終わり(Theater)
4.君が世界のはじまり(Theater)
5.幸せへのまわり道(Theater)
ハートハート
6.世宗大王星を追う者たち(Theater)ハート
7.mid90s ミッドナインティーズ(Theater)
8.ブルータル・ジャスティス(Theater)
9.The Witch 魔女(ネット配信)
ハート
10.ソン・ランの響き(ネット配信)
11.シチリアーノ 裏切りの美学(Theater)
12.事件(ネット配信)
13.スペシャルズ! ~政府が潰そうとした自閉症ケア施設を守った男たちの実話~(Theater)
ハート
14.オフィシャル・シークレット(Theater)星
15.パッチ・オブ・フォグ 偽りの友人(ネット配信)
16.赤い闇スターリンの冷たい大地で(Theater)
17.ブリング・ミー・ホーム 尋ね人(Theater)
ハート
18.ようこそ映画音響の世界へ(Theater)星
19.ある女優の不在(ネット配信)
20.喜劇 愛妻物語(Theater)
21.彼らが本気で編むときは、(Theater)
22.メランコリック(ネット配信)
23.シティハンター THE MOVIE 史上最香のミッション(ネット配信)
24.幸福なラザロ(ネット配信)
ハート
25.ベスト・オブ・メン 人間の最高(ネット配信)
26.世界一不幸せなボクの初恋(ネット配信)
27.マーティン・エデン(Theater)

28.アンダーウォーター(ネット配信)
29.シグナル(ネット配信)
30.窮鼠はチーズの夢を見る(Theater)
31.TENET(Theater)
32.プリズン・エスケープ脱出への10の鍵(ネット配信)
星
33.ヒットマンエージェントジュン(Theater)
34.マティアス&マキシム(Theater)
35.長いお別れ(ネット配信)
36.ソニアナチスの女スパイ(Theater)
37.甘いお酒でうがい(Theater)
38.何か(ネット配信)
39.僕の名はパリエルム・ペルマール (Theater)ハートハートハート
40.鵞鳥湖の夜(Theater)

 

星=特に個人的に観て良かった作品

ハート=特に個人的に好きな映画

 

ブルータル・ジャスティス」、「マーティン・エデンなど骨太な映画あり、「メランコリック」(2018年/日本)も興味深く、2020年9月も充実した鑑賞内容でした♡観て後悔した作品はないけれど、「青い寝室」、「シグナル」(2014年/米)、「何か」はお勧めしないでおこうと思う(笑)

2020年 8月ランキング❤️BEST3

私的 2020年8月ランキングBEST 3 順不同

イエローハート『ステップイエローハート

https://step-movie.jp/

 

 

30歳働き盛り。妻に先立たれ、2歳半の娘との父子家庭。Stepが示す、足跡、歩調、歩幅、段階、手順、歩き方、それらのstep by step(一歩一歩)が、観客の心に多くを語りかけ、自分は一人ではないという気持ちこそが、次のステップを後押してくれるのだと、気づかせてくれる映画だと思います♡

父親役の山田孝之 さんが見事に10年に及ぶ人生の悲哀を体現していて心打たれました。家族や周囲の人々の誰もが思い通りにはならない人生の中で苦悩し涙しながら思いやりを失わず、前を向こうとする姿に涙しない人はまずいないだろうなと思います♡

公開日: 2020年7月17日 (日本)
監督: 飯塚健
原作: 重松清

 

 

イエローハート『T-34 レジェンド・オブ・ウォー 最強ディレクターズカット版』イエローハート

http://t-34.jp/

 

 
最強ディレクターズカット版 3時間11分。感動した! これぞ戦場という我慢の前半が中盤からは展開に釘付け。ソ連戦車対ドイツ戦車の激しくも鮮やかな特撮。その迫力に負けないロシア戦士達の魂。

これは戦争で命を燃やした者達への弔電。閃光を目前で目撃したかの様な忘れ得ぬ反戦映画。女性がほぼ登場しない本作の中にあって大変重要なのが、通訳役のアーニャー。彼女の人物像いかんでは全く異なるドラマに。メロドラマ的な部分を途中まで懸念していたのですが、鑑賞後はこれで良かったんだと思えました。ロマンとロマンスがうまく共存していると思います。 ナチスドイツ軍側の大佐クラウスの「敵も一流だ」という台詞が心に残る。

公開日: 2019年10月25日 (日本)
監督: アレクセイ・シドロフ
配給: セントラル・パートナーシップ
DVD発売日: 2019年6月11日 (アメリカ合衆国)
音楽: Vadim Mayevskij、 Ivan Burlyaev、 ドミトリー・ノズコフ、 Aleksandr Turkunov

 

 

イエローハート『ファヒムパリが見た奇跡』イエローハート

https://fahim-movie.com

実話。祖国バングラディシュを脱出し、フランスに赴いた父子。8歳の少年ファヒムが初めて経験する異国と天才を子に持つ父親の苦悩。多民族フランスらしい個性溢れる人々。ファヒム、この子だから打破できた現実に感動する一方で、難民達の言語習得や追い詰められた状況など、困難な移民問題、人権問題に心が痛む。

 

「チェスはゲームじゃない、命がけの頭脳戦だ!!」 動く銅像みたいなジェラール・ドパルデューの存在感♡ 天才と呼ばれた者と天才と呼ばれる者。熱を持つ同志の交流もいい♡

 

この映画は日本人が憧れるおフランスではなく、シビアなフランス。デタラメ通訳者など危険がいっぱい。しかしその中にあって、温もりある存在なのがイザベル・ナンティ演じるマチルド。彼女ならこの先、ファヒム父の「ボナペティ」乱用を優しく訂正してあげられると思う。

 

公開日: 2020年8月14日 (日本)
監督: ピア・フランソワ・マルタン・ラバル
言語: 仏語
プロデューサー: パトリック・ゴドー
音楽: Pascal Lengagne

 

2020年8月中に鑑賞した作品も先月の7月と同様、観て後悔した映画は皆無という充実したものでした。劇場鑑賞作品からあえて3本に絞ってみました。8月に劇場鑑賞した映画は26本です♡

 

2020年8月に鑑賞した映画たち

8月
1.追龍(Theater)ハート
2.ステップ(Theater)星
3.マスターZ(DVD)
4.誰がハマーショルドを殺したか(Theater)
5.ぺトラは静かに対峙する(DVD)
6.娘は戦場で生まれた(Theater)
7.アルプススタンドのはしの方(Theater)
8.帰れない二人(DVD)
9.彼が愛したケーキ職人(ネット配信)ハート
10.鉄道運転士の花束(DVD)
11.ドロステのはてで僕ら(Theater)
12.鬼手(Theater)ハート
13.ハッピーデスデイ(ネット配信)
14.ハッピーデスデイ 2U(ネット配信)
15.T34 最強ディレクターズ・カット版(Theater)星
16.海底47m古代マヤの死の迷宮(Theater)
17.来る(ネット配信/有料)
18.サッドティー(ネット配信)
19.知らない、ふたり(ネット配信)
20.風の電話(Theater)
21.コンフィデンスマンJP プリンセス編(Theater)
22.糸(Theater)
23.ハニーボーイ(Theater)
24.ラスト・ラブ(ネット配信)
25.彼らは生きていた(Theater)
26.クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅(ネット配信)
27.ディヴァインフューリー(Theater)
28.ラスト・ラブ(ネット配信)
29.グリンゴ/最強の悪運男(DVD)
30.スクール・デイズ (ネット配信)
31.エブリデイ(ネット配信)
32.ジョーンの秘密 (Theater)
33.破壊の日(Theater)
34.アロハ(ネット配信)
35.ベストフレンド・ブライド(ネット配信)
36.ザ・ピーナッツバター・ファルコン(ネット配信)
37.ファヒム パリが見た奇跡(Theater)星
38.ジェクシー! スマホを変えただけなのに(Theater)
39.きっとまたあえる(Theater)
40.思い、思われ、ふり、ふられ(Theater)
41.ナンシー(ネット配信)
42.目撃者 彼女が見たもの(ネット配信)
43.れいこいるか(Theater)
44.ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(Theater)
45.狂覗(きょうし)(ネット配信)
46.グッバイ、リチャード(Theater)
47.エターナル 奇蹟の出会い(ネット配信)
48.LOOP/ループ-時に囚われた男-(ネット配信)
49.青くて痛くて脆い(Theater)
50.事故物件 恐い間取り(Theater)
51.スケア・キャンペーン(ネット配信)
52.シークレット・ヴォイス(ネット配信)
53.アンストッパブル(ネット配信)
54.アサイラム 監禁病棟と顔のない患者たち(ネット配信)
55.ソムニア -悪夢の少年-(ネット配信)
56.人魚の眠る家(ネット配信)

 

観て後悔した映画は1本もありませんでした。

星=特に個人的に観て良かった作品

ハート=特に個人的に好きな映画

2020年 7月ランキング❤️BEST 6

私的 2020年7月ランキングBEST 6 順不同

イエローハート『ワイルド・ローズ』イエローハート

https://cinerack.jp/wildrose/

 

訳ありシングルマザー、ローズがグラスゴーでカントリーを叫ぶ♪

人生はイチバンでもビリでもない人がほとんど。そのはがゆさから前に進み、自分なりの答えを見出すことの難しさと素晴らしさが描かれていると思う。

前半は全く共感できないと思うけれど、それを含めて主人公のローズという人なのよね。

あらためて歌っていいなぁと思う。映画と音楽は親友だし♪最後まで鑑賞すれば、自分もいつか誰かのために愛を注ぎたい!そんな優しい気持ちになれる映画だと思います。

母親役ジュリー・ウォルターズ、雇い主役ソフィー・オコネドーの人間としての甘酸っぱさがスパイスのように効いていて、映画に良くあるサクセス・ストーリではなく、一味違う人間賛歌になっているとも感じます♪とにかくラストの歌にはうっとり、そして涙♡

公開日: 2020年6月26日 (日本)
監督: トム・ハーパー

 

 

イエローハート『SKIN 短編』イエローハート

http://skin-2020.com/

 

長編も見応え十分なのですが、上映時間約21分の短編は、アカデミー賞短編映画賞受賞、納得の凄さでした。この起承転結。この緊張感。濃厚かつ重厚、そして重要。目が覚める。

そして「SKIN」というタイトル。これ以上のタイトルはないと思います。蛇の見た目や毒の下りは見事でした。

本編は、環境、怒りの引き金、負の連鎖、それらの解得で覚える恐怖感があり、差別に対する忌避感に観客も追い込まれますが、短編にはない希望、「人は生まれ変わることができるのか」、この答えを見つめ見つける映画になっていると思います。

公開日: 2020年6月26日 (日本)
監督: Guy Nattiv

 


イエローハート『WAVES ウェイブス』イエローハート

https://www.phantom-film.com/waves-movie/

 

正にタイトル通り、WAVESを体験する映画♡

公開日: 2020年4月10日 (日本)
監督: トレイ・エドワード・シュルツ
音楽: トレント・レズナー、 アッティカス・ロス

https://ameblo.jp/happytears/entry-12613704291.html→ブログを書きました流れ星

 


イエローハート『ライド・ライク・ア・ガール』イエローハート

https://ride-like-a-girl.jp/

この映画自体がダークホース。監督は何とのオーストラリア出身の女優レイチェル・グリフィス。突然の母の死。父子家族、7人女子、3人男子、計10人の子供の内、8人が騎手。

しかし驚くのはここから、末っ子の女性騎手ミシェルが世紀のメルボルンカップに挑むという実話

競馬については多く語られません。家族と人間のドラマだから。ただ競馬、騎手という男性社会を通して、この映画が私達に問いかけている事はたくさんあると思います。

父親役のサム・ニールをはじめ、主人公ミシェルの傍らに寄り添う兄弟、家族達も素晴らしかった。あっという間の98分。そして都会暮らしの私には、広大な土地、海、馬たち、そして何より、この家族、人間が本当に眩しかった♡

 

公開日: 2020年7月17日 (日本)
監督: レイチェル・グリフィス
音楽: DAVID HIRSCHFELDER

 


イエローハート『ぶあいそうな手紙』イエローハート

http://www.moviola.jp/buaiso/

ブラジル南部。視力を失いつつある78歳のエルネストは妻に先立たれ一人暮らし。そこに旧友から届いた一通の手紙

手紙の代読、代筆を通して、23歳の女性ビアとの異世代交友が始まるのだが。というお話し。

大好きな「苺とチョコレート」の原作者セネル・パスが脚本に協力していると聞いて、絶対に観たいと思っていた作品ですが、主人公エルネストの行動を通して思うは、たとえ十分なお金が無くても人間としてどう生きるべきかということ。

別れがあるのは出会いがあったから。『あなたは今、目の前の人、隣人、遠くの友人を想い、過ごしていますか?』という手紙を受け取ったような気持ちになりました。

この映画は、芸術を愛する者、そして人と出会いを愛そうとする者へのラヴレターのような映画だと思います。ラストシーンが大好きです♡


公開日: 2020年7月18日 (日本)
監督: アナ・ルイザ・アゼヴェード
音楽: レオ・ヘンキン

 

 

イエローハート『悪人伝』イエローハート

http://klockworx-asia.com/akuninden/

最後まで最高!! 観客へのサービス満載。やくざの闘争を描きつつ、そこに未解決凶悪事件をはさみ、アクの強い刑事を絡ませるという分かりやすさ。オーラスに近づくにつれ高まる緊張感。ヴァイオレンスとコミカルのバランスが絶妙。組長なのに登場すれば笑いが起る マ・ドンソク 絶好調です♡

公開日: 2020年7月17日 (日本)
監督: イ・ウォンテ
音楽: チョ・ヨンウク
映画脚本: イ・ウォンテ
撮影: Park Se-seung

 

2020年7月中に鑑賞した作品はどれも観て良かったと思える充実した作品ばかりでしたので、劇場鑑賞作品からあえて5本に絞るつもりで、結局6本となりました♡数え間違えがなければ7月に劇場鑑賞した映画は23本です♡

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>