先日のオープンデイという心理カウンセリングや人生の生き方教室にご参加いただきました、haru-no-tannpopoさんが、ブログにてオープンデイの様子をご紹介してくださいました!

haru-no-tannpopoさんと初めて出会ったのはカウンセリングルームでしたが、それ以降もイベントなどで定期的にお会いさせて頂いています。

haru-no-tannpopoさんはとても頑張り屋さんで、とても芯の強い方です。
幾度となく吹き荒れる台風の中でも、自分を見失わずに、自分の力で立ち上がる強い精神力と強い信念を持っています。

 

”あり方(*˘︶˘*)”

テーマ:


 

石原先生のブログには、いつもハッとさせられます。

ブレブレの人生にならないよう、

「どう、在りたいのか?」という在り方を明確にしなければなりませんね。

テクニック主義ばかりが横行していますが、人格主義を復権させましょう。


例えば、「爽やかな人で在りたい」と決めたとします。
そうすれば、自分が取るべき行動が、おのずと明確化されるのです。
どのような態度で生きるのか?
とっさの時に、どういう行動を取るのか。

人生が変わってきますね。




皆さんは、どんな自分を実現してみたいでしょうか。

 

 

 

 

http://cocoro-sora.net/blog/naikouteki/

 

内向的な性格というと、根暗とか陰気とか、何かとネガティヴに捉えられ、
さも悪いことのように思われがちなのですが、内向的性格というのは本当に悪いことなのでしょうか?

私は、そうは思いません。

 

内向的な性格の人は、コミュニケーションの上手な人に憧れるかも知れませんが、
これは単に、自分の持っていないものに憧れているだけです。

つまり、「隣の芝生は青く見える」現象です。

他人の人生を羨むのではなく、自分の人生を受け入れてしまいましょう。

 

例えば職業で考えてみましょう。
世の中には、いろんな職業があります。

外交的な性格の人は、営業職には向くかも知れません。
しかし、コツコツと何かを成し遂げることには、あまり向いていません。

内向的な方は、深く思索ができますので、哲学的な思考も得意です。
研究職や職人には向いています…

 

■こちらで全文をお読みいただけます。

 

 

 


 

http://cocoro-sora.net/blog/kibisii-word/


今回は米TVドラマシリーズ「SUITS(スーツ)」からの引用を3つ。
とても厳しい言葉です。

ですが、改めて自分の行動を戒められます。
とてもやる気の出る、大好きな言葉です。

 

行動には結果が伴うんだ

何か行動したら、それには必ず、その結果が伴います。

間違った行動をしたら、間違った結果が伴いますし、
正しい行動をとれば、正しい結果が出ます。

何もしないという行動をとれば、それにも、その結果が伴います。

最高の結果を得たければ、優秀な行動を取るしかないのです。

 

もう一つ。
同じような言葉です…

 

 

■こちらで全文をお読みいただけます。

 

 

 


 

人という字は、支え合う?

小さな子供


http://cocoro-sora.net/blog/hitoji/

「人という字は、支えあってできています」

という言葉がありますが、これは正しくありませんニヤリ

 

ある時、心理カウンセリングスクールのスクール生と「主体性」や「自立」について話している時、
「人という字は、支えあうと書くじゃないですか?」と訊かれました。


でも、私はその言葉に同意できませんでした。


時には人が他人を手伝うことや、支えあうこともあるでしょう。
もちろん、支えあって生きられる方が美しい世界です。照れ




しかし「支えあうことが基本」になってしまうと、ベースが「依存」になってしまうので、困ることが起こるのです。

 

支えてもらうことを期待したり、
「助けてあげたんだから、私のことも助けてよ」と要求したりすることになります。
しかし、期待して願いが叶わないと、がっかりしたり絶望したり、怒りがこみあげてきたり、悲しくなってしまったりと、マイナスな感情に…ガーン

 

 

■全文はこちらでお読みいただけます。