毎年、8月の上級科の授業時には、

 

放射能、原爆と玄米、について、お話しするのですが、

今年は、時間がなかったので、

過去ブログにさかのぼってご覧ください。↓

 

https://ameblo.jp/happykyoko2007/entry-12490732321.html

 

私の亡くなった父は、毎年、8月6日と9日には、その時間、

黙とうしていました。

名古屋人でしたので、広島、長崎とは無関係でしたが。

 

今、遠方よりお通いの、受講生さんのご主人様が、前立腺がんステージⅣと言われましたが、玄米菜食を実行後、転移のリンパ節、肺の癌が消えました。

前立腺がんも、PSA値が0.001 となっています。

とてもお元気です。

 

ご夫婦で、前日から横浜にいらして、お泊りをして、奥様だけがご受講し、

奥様もお元気になられました。

 

その記録をメールで送っていただきましたので、

アップします。↓

 

---------------------

 

主人の闘病記(前立腺がんステージⅣ)

   

平成23年11月下旬に受けた健康診断の結果、腫瘍マーカーのPSA値が異常に高くなっていたことから12月に入り精密検査を受けました。生体検査の結果、前立腺がんの告知を受け、その後の検査にてリンパ節、胸への転移も確認され、大きな衝撃を受けました。転移が確認されたその日に主治医の先生からホルモン療法で進めるという治療方針が出され、次の日から治療が始まりました。年内に治療方針が決まったことから、気持ちは少し落ち着きました。

 

と同時に家庭で出来ることから手を付け、セルフ治療を始めていきました。

まず食事は玄米と野菜を中心にお魚を時々取り、肉等は抜いた食事にしていました。朝はゲルソン療法を参考にしてニンジンジュースをコップに3杯ぐらい

飲んでいました。お昼は会社に勤めながらでしたので玄米菜食のお弁当を持っていっていました。他にサプリメント、光線治療、お灸、足心(マッサージ)等と出来ることをしていきました。途中、縁があって中医薬を取り入れたり、気功に通ったりもしました。ちょうど60歳だったので定年(65歳)になるまでの

5年間は割としっかりこの生活をしていました。

 

経過としては、体重の減少は2か月で10㎏近く痩せたように思います。最初

平成24年2月中旬の検査で肺のレントゲンを撮ると影がなくなっていました。まだCT検査をしてみないと細かいところまでは分からないと言われましたが、少しほっとしたのを覚えています。また。6月ぐらいには肺、リンパ節

等も消えていたように思います。PSA値も検査の度に数値が下がっていき、1年ぐらいで27から基準値を大幅に下回る0.001まで下がり、ほぼ8年経った現在も0.001を維持できています。

 

また、食事の方も学びに行く時間の余裕もなく自己流でしていましたが、去年(平成30年)の10月から岡田先生にご縁をいただいて、マクロのお料理と先生の考え方等を学ばせていただき、毎日の食事がとても美味しくいただけるようになりました。年々緩くなってきていた食生活も含め、学んだことを生かしながら、これからも気を引き締めて1日1日を大事に過ごしていきたいと思っています。まだまだ学ばなければならないと思いますので、後期もよろしくお願いいたします。

                             

 

「岡田恭子のハッピーマクロビオティック教室」 日東書院 71ページ~

 

玄米チャーハン

玄米

干しシイタケ

にんじん

モロッコいんげん

大根葉

ごま油

 

おいしいコツは、先にご飯を炒め、いったん取り出し、

野菜をいため、ご飯を戻します。

 

ロールキャベツ

キャベツの葉

玄米ご飯

グルテンバーガー

厚揚げ

玉ねぎ

にんじん

パン粉

本葛粉

ローズマリー

だし汁

オーロラソース

トマトピューレー

白みそ

だし汁

cf:包み込む具材は、主食である玄米ご飯を入れ込むのがコツです。

世の中の糖質ダイエットに真っ向から正反対の主張

主食をしっかり

というのが、マクロビオティックの主張

 

 

はちみつ豆乳羹

棒寒天

豆乳

シロップ

はちみつ

天然酵母飲料

有機杏

有機プルーン

リンゴ

 

-------------------------------------------------------

食用講座:

天与の分限

私が一番大事にしている講座です。

天与の分限を超えたところに、病も不幸も発生します。

天与の分限 その1↓

https://ameblo.jp/happykyoko2007/entry-12490725168.html?frm=theme

天与の分限 その2↓

https://ameblo.jp/happykyoko2007/entry-12490725162.html?frm=theme

天与の分限 その3 龍の子太郎↓

https://ameblo.jp/happykyoko2007/entry-12490725170.html?frm=theme

 

 

 

 

 

 

雑穀玄米ご飯

丸麦

きび

玄米

 

大豆・青大豆のトマト煮

ローズマリー

青大豆

大豆

玉ねぎ

にんにく

 

茄子のグルテンバーガーはさみ揚げ

長茄子

厚揚げ

グルテンバーガー

玉ねぎ

パン粉

水溶き小麦粉

大根おろし

 

中華風コーンスープ

とうもろこし

玉ねぎ

精進だし

葛粉

ローズマリーみじん切り

 

 

「岡田恭子のらくらくマクロビオティック教室」日東書院 39ページ

 

 

 

「土と健康を守る会」から届いた野菜を使いました。

今、全盛期なので、ぜひ、おためしでも取ってみてください。

トマトなどは、完熟なので、酸っぱみもあり、甘くもあり、

もうほかのトマトは食べられません。

須田さん:090-2739-4978

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日の食用講座:

 

包丁研ぎ

 

https://ameblo.jp/happykyoko2007/entry-12490726364.html?frm=theme

 

料理上手は、まずは、包丁を大事にするところから、はじまります。

 

昔の流行歌で、「包丁いっぽん、さらしに巻いて♪

 

という歌があったように、武士の魂ほどではないにしても、料理上手の人の包丁は

 

必ず切れます!

 

 

 

 

 

 

皆さん、もっと感動しましょう~

 

おいしいときは

おいしい!

と大声で言いましょう!

 

アドレナリンが出ないと若さを保てませんよ~