成功者続出のNo.1ダイエット

成功者続出のNo.1ダイエット

リバウンドしない効果のあるダイエット方法を知りたくありませんか?

Amebaでブログを始めよう!

テーマ:
週末断食のスケジュール


①前日


夕食は腹6分目に


夕食俄は何も 食べないようにする。


ポイント


夕食の食べ過ぎは空腹感のもとになります


断食の前日は食べ過ぎてしまいがち。


食べ過ぎると断食中に余計におなかがすくので注意して!


夕食後は何も食べないようにするのがペスト。



②当日


朝 ミルマグ 20~30cc


ポイント


宿便効果を高めるならミルマグを!


軟便作用のあるマグネウムを含んだミルマグという製品(薬局で購入可能)を朝と就寝前に20~30cc敗むと、宿便1効果がアップ!


昼 すまし汁 540ml


ポイント


空腹感を抑えるすまし汁を飲む


1日週ごすための最低限の栄養が含まれたすまし汁を飲めば、栄養分やミネラルが補給され、空腹感がかなり減って、カラダが楽に。


断食により、塩分を完全に断つとむくみやすくなりますが、それを防ぐ効果も!


ポイント2


ビタミンCが豊富な柿の葉茶で水分補給


脱水症状を防ぐため水分補給は不可欠。


その際に最適なのが、柿の葉茶。



$成功者続出のNo.1ダイエット




ビタミンCが豊富なうえ、酸性なので胃腸にやさしく、たくさん飲んでも安心。


薬局などで購入可能。


断食中は生水と合わせて1日1.5~2.0Lを!


夜 すまし汁 540ml


夜 すまし汁 540ml


就寝前 20~30cc


③翌日 玄米や白米のおかゆを


ポイント


断食を行った翌朝は、胃腸に負担がかからないように、梅干しをひとつ入れた玄米や白米のおかゆを食べて!


昼食からは普段の食事に戻してOKですが、食べ過ぎは厳禁!

テーマ:
週末を利用して自宅できる断食にトライしてみよう


体内にたまった宿便を排出して健康になれると、最近では断食道場が話題になっています。


しかし、道場に行かなくても、週末を利用して自宅でトライすることができます。


これは、1日だけ水分以外何もとらないといった方法で、断食の翌日の朝食後に、宿便が排出されます。


胃腸が弱い人は、断食を始めると便秘になることもありますが、継続するうちに機能が改善して快便になっていくので安心を!


$成功者続出のNo.1ダイエット




こうすれば成功する!


① 健康のために行うことを頭に置いて


ダイエットという意識で行うと、食事をとらないことがストレスになり、反動で週食をして逆効果に。


健康によいという意識でトライ!


②断食前に食べ過ぎないようにする


断食をするからといって、前日に食べ過ぎてしまうと、断食当日に空腹感が増して失敗しやすくなります。


断食翌日の過食ら避けて!


③定期的に行うとカラダの調子もよくなリ効果的


定期的に断食を行うことで、カラダが慣れていけぽ、毎日少量の食事でも大丈夫なカラダになって、カラダが引き締まっていきます。


③普段から腹八分目の食事量を心掛けて


普段食べ過ぎがちだと、宿便はたまる一方。


胃が荒れて、本末、空腹感を感じるはずでないときにも空腹感が起こるという現象が!

テーマ:
スリムで健康なカラダにリセットしましょう!


宿便を出して肥満や病気のモトを一掃


断食の大きな特徴は、行うと大量の宿便が排出されるということです。


宿便とは、胃腸の処理能力を超えて食べ過ぎ続けた結果 、腸管内に渋滞した排泄内容物のことです。


普段から食べ過ぎていたり、水分や食物繊維をとらなかったり、運動をしなかったり、ストレスをためていたりすると、宿便はたちまちたまってしまいます。


さらに、この宿便は、肥満をはじめ、アトピーやガンなど様々な病気を引き起こすモトにもなるといわれています。


断食をすることで、この宿便が一掃され、腸の消化吸収率が向上するのです。


続けることで、肥満はもちろん、いろいろな不調が改善されていきます。


しかし、断食をしても、その後にまた過食をしていたら、すぐに宿便はたまってしまいます。


普段から腹八分目くらいの貴事を心掛けることも大切なポイントです。


$成功者続出のNo.1ダイエット




こんな人はコノ方法は止めてください!


①一食抜いただけで胃がもたれる、脱力感が強い


胃下垂などで、一食抜いただけで胃がもたれたり、脱力感が強い人は避けたほうが無難。


極端に体重が減る場合も断食を止めて!


⑧重い病気の人は専門医の指導のもとで


基本的に病氣の人でも断食はOKですが、末期ガンや重い肝臓病や腎臓病、心臓病、不整脈の人は専門医の指導のもとで行いましょう。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス