日本は世界を平和にします

日本は世界を平和にします

オーストラリアに移住してから日本がとんでもなくいい国だと言うことに気が付きました。
世界を平和にするのは日本ですよ、間違いない。
でもそのためにはまず日本が元気にならなくっちゃね。
ダーウィンから応援しています。

当ブログにお立ち寄りありがとうございます。こちらに来られる方は日本好きの保守の方や、オーストラリア情報、それからスピリチュアル系な話もあります。

 

 

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアルメッセージへ   ☚新しくこちらのカテゴリーに参加しました。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ



ワーキングホリデー ブログランキングへ

 




日本はいい国ということを再認識したい方はこちらをどうぞ~。私は日本を離れるまで気が付きませんでしたよ、とほほ、、、
日本は未来的らしい - Japan is futuristic?
英語が話せなくてよかった -I'm glad I couldn't speak English
日本人とイギリス人の違い - Japanese and English
日本はお金持ち - Japan is a rich country
武道 -Martial Art
日本の宗教 - Japanese religion(s)
日本語は美しい言葉です
日本のカメラは素晴らしい
ブランドバッグ
日本がもっと好きになりますよ その2


あら日本ってホントいい国、おかしいわねなんで日本のことをこんなに低く評価してたのかしら?と思った方はこちら~~
・ 日本の秘密をばらしたら、FBから警告
・ テレビの悪あがき
・ 日本人洗脳マニュアルがあるのですね
・ Youtube 動画 オンライン辞書 英辞郎による洗脳
・ 日本の常識^^ これは知っておくべき!
・ シンクロニシティ(意味ある偶然)か?
・ Refute 反論しよう 南京事件
・ オーストラリアで特定秘密保護法案が可決されたら?
・ 日本いじめはやめませんか?


オーストラリア、ダーウィンのことについて知りたいんだけど、、、という方はこちらへ。日本との関わりは深くいい話がいっぱいあります
・ 藤田サルベージ
・ 潜水艦伊124号の遺族の方を探しています。
・ 「戦士の日本兵にも追悼を」NT新首相
・ トルコはすごい!
・ 日豪関係の始まりは、なんと捕鯨!
・ 潜水艦の引き揚げについて
オーストラリアと中国、ともに戦勝国同士、、


留学や海外で働くこと、シェアハウスなどについて。今後留学についてもっと充実させようと思っています。(会計学とMBAを勉強しました)
シェアハウス体験記 フィリピン人編
シェアハウス体験記 フィリピン人編 後編
シェアハウス体験記 ドイツ人編
シェアハウス体験記 ドッグシッター編
シェアハウス体験記 ペントハウスと露出狂編
シェアハウス体験記 ペントハウスと露出狂後編
シェアハウス体験記 ジャングルのような家編
シェアハウス体験記 ジャングルのような家 後編
いじめには立ち向かいましょう

このブログ主思想信条は一体なんなんだ!?という人はこちらでご確認ください。
日本の果たす役割は大きい
平和を輸出しましょう。
Youtube 動画 日本人にとって靖国神社とは
子供時代は終わりました
原爆後の長崎
焼き場の少年
外国に住むということ

雑談をしたい方、記事に関係のないコメントをされたい時、ブログ主にメッセージを書きたい場合にはこちらにどうぞ。
・コメントはこちらへどうぞ~

アメブロに参加していないが、連絡を取りたいと言う人はメールでご連絡下さい。s.hdarwin@yahoo.com.au

 

再生エネルギーは素晴らしいです。原子力発電には危険が伴うし、化石系燃料はいつか枯渇します。自然をエネルギーに変えられたらこれほど素晴らしいことはありません。日本のような資源の少ない国にとっては最高です。

 

 

しかし現実を見てもらいたいのです。私が住むオーストラリアの北部準州の例を紹介しますので、それから考えても遅くない。

 

まずここ北部準州(ノーザンテリトリー)は大変広く日本の4倍も面積があります。天気はカラカラの砂漠地帯が大部分を占めて水がないから人口が23万人しかいないのです。ここはつまり一年中真夏の快晴が続くのです。その北部準州でさえ、再生エネルギーは10%以下です。

 

 

国も地方政府も再生エネルギーに興味がないわけではありません。むしろ推奨していて、現状の10%を、10年後に50%を目指すと高々と掲げています。

 

オーストラリアはもともとエコ志向が強い国で、その上核にアレルギーがあるために、ウランが産出されるにもかかわらず原子力発電はない、つまり再生エネルギーへの期待はそれはもう高い、日本以上です。

 

 

その「日本の4倍の広さに中野区の人口よりも少ない人間が住んでいる一年中快晴で国ごと再生エネルギー推奨しているオーストラリアの北部準州(Northen Territory)」でさえ現状これだけなのです。

 

豪州がどれだけ再エネに力を入れているかはAustralia Solar Farmで画像検索してみてくださいな。 地平線いっぱいに広がる何キロにもわたる『太陽光農場』は実際見ると圧巻です、規模が違う。豪州の中でも一番太陽エネルギーに適している北部準州でも無理、これが現実。 どれだけ再生エネルギーの技術が未完成か一目瞭然だと思いますよ。

 

 

 

 

さて日本、豪州視線で見てみると、面積はオーストラリアの20分の一、一方人口は6倍の一億二千五百万人いるのに、再生エネルギーを推し進めているなんて正気とは思えない、、、、という感じです。

 

とにかく日本は向いていない、人口が多すぎる、土地が狭すぎる、自然災害が多すぎる、一番向いていない国です、断言します。

 

エネルギー問題については地球レベルで考えるべきなのです。再生エネルギーにに向いている国が実験台になって、技術を進歩させるべきです。災害の多い国土の狭い日本は向いていないどころか、ソーラーパネルは『環境破壊装置』そのものです。

 

そして日本は(というか世界が)本当に再生エネルギーを主流にしたいと思っているのなら、、豪州北部準州のような太陽光発電に適したところにところに投資し、効率を上げる実験を進めるべきと強く思います。重ねて言いますが、日本のソーラーパネルは環境破壊装置、ただの利権です、利権!(もりかけ〜とか騒いでいる人たちはなぜここを指摘しないのかさっぱりわからない)

 

 

さてさて話を戻して、、、と。人間と同じで国ごとに条件が違うのですから、向き不向きがあります。ソーラー開発は向いている国でやりましょう、という提案ですよ。

 

 

 

それではいつも読んでいただきありがとうございます。

下記クリックしていただけるとありがたい。

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 潜在意識へ
にほんブログ村