これから未来があると信じて疑わなかった日々が
突然奪われてしまう。

子どもをお空に見送ること
こんなに辛いことはありません。

いつも通りの一日を送っていただけなのに。


{35313238-0211-42E8-8CC7-4FE7C416F616}


子どもをお空に見送った経験のあるお母さんが集い
気持ちを共有できる心の居場所があります。


浜松市北区三方原町のえほん文庫さんで
2ヶ月に一度わが子からのバトン~子どもを空に見送った家族の会~が開催されています。


今月は終了してしまいましたが年内最後の集まりは

◆12月14日(木)10:00〜12:00
◆参加費は500円でお茶とスイーツ付きです
◆浜松市北区三方原町
   金指街道沿い本のアマノ向かいを入って2軒目
◆お申し込みが必要です。
    詳しくはえほん文庫さん


気持ちを話すことは辛い時期もあるでしょう。

そんな時はただその場にいるだけでも良いと思います。

言葉で言い表せない気持ちを
少しだけ軽くすることができたならと思います。

子どもを亡くされた経緯はそれぞれですが
同じ経験をしたお母さんだからこそ
わかりあえることもありますね。

ひとりでは辛くなったり
誰かに聞いてほしい時には
ぜひ訪ねてみてください。




■9月のマミーズサロン■
◆日時 9月27日(水)10時半~12時ごろ
◆北部多目的センター1階和室 静岡県湖西市太田458-1
◆参加費500円(会場費など) 当日お支払いください
マミーズサロンのお申込みはこちら


 






日本多胎支援協会を知っていますか?

ふたご・みつごを育てる家族への支援や情報提供だけでなく
支援に関わる人たちへの支援もしている団体です。

専門家と協同して多胎児支援のための研究をしたり
行政へ働きかけたり
お互いに学び合ったり

あらゆる関係機関と共に
多胎児の妊娠・出産・子育てを
支援している団体です。


子育ては一人ではできません。
支えてくれる仲間が必要です。
専門家、行政の支援も必要です。

各地に多胎児のための
サークルもあります。

多胎児のお母さんには多胎児を育てるいろんな心配事があります。
同じ立場のお母さんとの交流が必要だと思います。

多胎フォーラムへ参加した時の記事もご覧ください。


東海地区の多胎サークルはこちら

HPやブログの更新が途絶えていて
現在の活動状況が分からないグループもありますが
浜松地区ではわんぱく★ソーセージさんのブログでは活動内容がわかります。

浜松市南区瓜内町にあるここみのおうちでは
静岡多胎ネットさんによる
多胎ママのおしゃべり会も開催されています。

静岡多胎ネットの代表の方は
湖西市の市長さんに会いに来てくださっています。

湖西市でも双子ちゃんや三つ子ちゃんを支援する場所ができるといいですね。

マミーズサロンでは、特に多胎児に特化してはいませんが
良かったら遊びに来てくださいね♪
妊婦さんの参加も大歓迎です。


■9月のマミーズサロン■
◆日時 9月27日(水)10時半~12時ごろ
◆北部多目的センター1階和室 静岡県湖西市太田458-1
◆参加費500円(会場費など) 当日お支払いください
マミーズサロンのお申込みはこちら


 






連休初日は長女の学校の参観に行ってきました。

京都

学校生活もひとり暮らしも2年目

家を出て、ひとりで生活をするって経験は
確実に成長させますね。


昨日はこんなこと言ってましたよ。

家電とか家具とかいろいろ揃えてもらったもの
これ全部わたしの財産だな~ってしみじみ思った!
ずっと大事に使いたい!


買ってもらってあたり前
用意してくれてあたり前

ではなくて、
それが本当に恵まれていることで
そこから私たちの想いや愛情を感じてくれているのかなと
嬉しいなと思います。

お金は正直厳しいけど
応援しがいがある!


さてさて、
学生のパフォーマンスも素敵でした。

さすがだわ~と思わせる安定した踊りだったり
すっごい上手くなったな~成長した!と勝手に成長を喜んだり
諦めずにがんばれ~な、これからの成長が楽しみな子も。

条件が悪くても魅力ある子はたくさんいるし
綺麗だけどキレイなだけの子もいるし

この世界はほんと分からんね!


長女の踊りも安心してみられるようになって
綺麗だな~って思う
できないことばっかりだったのに
よう成長したなぁって本当に思う やじるし親バカで~す♡


彼女が目指す世界はどんなところなのだろう。
まだまだスタートラインにも立てていないのかもしれない
難しいのも分かってる

でも、大好きでやりたい事があるのは幸せなことだよね。

どんな風に形になるかは分からないけど
好きなこと続けて欲しいな。

京都