コロナウイルス対策?!キーボードを清掃してみた | 慢性前立腺炎と戦う40代サラリーマンの日記
新型コロナウイルスに関する情報について

慢性前立腺炎と戦う40代サラリーマンの日記

慢性前立腺炎と戦い始めて早3年が経過。その間に転勤すること2回。
信頼できるお医者さんに出会うと、転勤させられるという憂き目にあったことから独立することを夢見始めたおじさんが"病気"、"仮想通貨"、日々の日常をつづっています

1、2ヶ月に1回は、エアーでホコリは吹き飛ばしていましたが、だいぶ汚れが目立ってきたキーボードを解体して清掃することに。
(コロナウイルス(武漢肺炎)の対策もかねて。)

汚れたキーボード


専用の工具を使って、キーボードのキャップを外します。

キーボードのキャップを外します


取り外したキャップは、重曹を入れたぬるま湯に浸けておきます。

重曹を入れたぬるま湯に浸けたキーボードのキャップ


キーボード本体は、アルコールを付けた綿棒で清掃。

キャップを外したキーボード

最後に、重曹に浸けたキャップを乾かして、元の配列に取り付けて清掃終わり。

綺麗になったキーボード

(写真だとわかりにくいですが、)かなり綺麗になりました。

なお、清掃する際の注意点は、キーボードのキャップを取り外す前に写真を撮っておかないと、どこにキャップをつけていいのかがわからなくなります。