不動産の明渡

テーマ:

賃借人が家賃を払わないし,出て行かないので,退去させたいという相談。

不動産オーナー側としては一番深刻な問題。

 

 

今回のオーナーはたくさんの物件があるのに家賃滞納はほとんど経験がなかったらしい。本当にレアケースだったみたい。

話を聞いてみると,管理会社に任せずにオーナー自身が管理をしているとのこと。また管理会社以上にサービスが丁寧。やはり貸す側と借りる側との信頼関係が大事だと再認識させられるけど,例外はある。

 

オーナーや管理会社で裁判をすることもあるけど,訴訟は生き物。内容証明郵便を相手が受け取らなかったり,行方不明になったり,有るはずの登記事項証明書がなかったり,途中で住んでいる人が変わったり。。。。。予定どおりに進まないことも多い。

 

強制的に退去させるにはけっこう時間がかかる。か月間滞納してから,訴訟提起。訴訟提起から判決までヶ月,判決から強制執行の断行までヶ月。イレギュラーが発生した段階で相談に来られる方もいるけど,タイムロスが大きい。

 

今回は、当初からトラブルが予想できたので,先回りで対処し,強制執行の直前で任意の明渡が完了。それでも●●が出てきて,●●が介入してくるとは思わなかった。その点でも,今回は弁護士対応していて良かった事案だと思う。

 

以上