広島の弁護士 楾 大樹 のブログ

広島の弁護士 楾 大樹 のブログ

ひろしま市民法律事務所 所長・弁護士 楾 大樹(はんどう たいき)

Amebaでブログを始めよう!

全国の中学校で使われている公民資料集に9ページにわたり掲載

拙著 『檻の中のライオン 憲法がわかる46のおはなし』

のイラストを使ったオリジナルグッズ(イラストは今井ヨージさん)

注文フォームが出来ました。

 ↓↓↓

檻の中のライオングッズ  注文フォーム

 

◆クリアファイル(税込200円) 売れてます!

  ※小学校の教材に採用されました!

☆A3を2つ折りでA4、ダブルポケット

☆日本国憲法全条文(補則除く)を掲載

☆ライオンと檻のイラスト、本に掲載している図(三権分立等)を掲載

☆重要語句を太字にして読みやすくしました。

☆条文に書かれていないキーワード(「生存権」「議院内閣制」「財政民主主義」など)を緑字で書き足しました。

 

〈見開き外側〉

 

〈見開き内側〉

 

◆Tシャツ(税込2000円)

檻を壊すライオンにみんなでストップをかける「不断の努力」のイラスト

〈サイズ〉S・M・L・XL

    男女兼用、女性は小さめをお選びください。

〈色〉白・グレー・ピンク・赤・紫・緑・水色・紺・黒

   (XLは白・紺・グレーのみ)

 綿100%、しっかりした生地です。

 

 

◆缶バッジ4種(大:税込200円、小:税込100円)

「檻の中のライオン」表紙画像 大(7.6㎝)・ 小(3.2㎝)

「不断の努力」文字・イラスト 大(7.6㎝)・ 小(3.2㎝)

 

 

 

 

◆キーホルダー(税込200円) ※ただいま品切れ中

↑の3.2㎝缶バッジ(小)をキーホルダーの形にしたものです。

 

 

 

◆檻の中のライオン講演の録画をYouTubeにアップしています↓

https://www.youtube.com/channel/UCd1eCw-uJ7Fq18VhqoSxA9g

チャンネル登録お願いします。

 

 

 

◆紙芝居

2018年1月、檻の中のライオンのイラストと文章を抜粋した

「檻の中のライオン紙芝居」

を自費出版で500部制作したところ、わずか8か月で完売となりました。

 

これを受け、2019年2月、かもがわ出版から紙芝居を刊行しました。

かもがわ出版ホームページ↓から、かもがわ出版に ご注文ください。

http://www.kamogawa.co.jp/kensaku/syoseki/a/1018.html

書店から取り寄せも可能です。

このページの注文フォームからは注文できません。

 

 

大きさはB4(自費出版バージョンはA3でしたが、ユーザーの皆様のご意見をふまえ、持ち運びやすさを重視して小さめにしました)

読むだけで貴方もオリライ講師に!

読むだけでも構いませんが、読み手の方が、憲法条文、本に載っている解説、時事問題などを補いながら進行していただけたら最高です。

表紙を入れて25枚ですが、途中を省略して短くすることもできる作りにしています。

条文の内容までは盛り込んでいませんので、上演の際には、上記の憲法条文クリアファイルを配布資料としてお使いいただけたらと思います。

紙芝居としての用途のほか、イベントでの掲示、スタンディングなどにも活用いただけると思います。

 

路上で上演されている動画↓(自費出版バージョン)

https://www.youtube.com/watch?v=ZJQlJwc345A

 

 

 

◆LINEスタンプ(120円)

檻の中のライオン・おりとライオンのイラストレーター今井ヨージさんが

おりとライオン公式LINEスタンプを制作されました。

こちらのページ↓から入手ください。

https://store.line.me/stickershop/product/6417603/ja

今井ヨージさんが販売されているものですので、

このページの注文フォームからは注文できません。

 

 

  グッズご注文はこちらから↓↓

https://ws.formzu.net/fgen/S21931266/

※送料一律300円いただきます。

(1万円以上お買い上げの方は送料無料)

★自動返信メール記載の口座に代金+送料をお振り込みいただいた後、領収証と一緒に、商品を発送します。自動返信メールに気づかない方が時々いらっしゃいます。ご注意ください。

★自動返信メールには、代金総額が書かれていません。お手数ですが金額を控えておいていただき、金額をお間違いにならないようお願いします。

★ご注文から5日以内にお振り込みいただくようお願いしております。ただ、5日過ぎてもお振り込みいただき次第発送します(問い合わせ等不要です)。5日過ぎても入金がない場合は、確認のお電話等をさせていただく場合があります。

★法律事務所のパート職員が、手作業で発送業務を行っております。スムーズに発送業務を行えるよう、ご協力お願いいたします。

 

 

◆マグカップを販売していましたが、完売し、現在在庫切れです。10個以上ご注文があれば受注生産します。たくさんご注文いただくほど単価が安くなりますのでご相談ください。

 両面に「国民主権」「不断の努力」の2つのイラスト入り

お問い合わせ先

ひろしま市民法律事務所 ☎082-511-0350

 

 

2月10日「檻の中のライオンin総社」

岡山県総社市の学童保育「あそびのきち おひさま」にて

幼稚園児・小学校全学年の子供たちに

憲法のおはなしをしました。

 

学校で憲法を勉強中の6年生はさておき

5年生以下にいきなり憲法を理解してもらうのは難しいのでは、

と思っていましたが、意外となんとかなりました。

 

お子様と一緒に参加された方が

嬉しいご感想をブログに書いてくださいました(末尾参照)↓

 

以下のようなお話をしました。

冒頭部分の書き起こしです。

 

学校の先生方、こんな授業はいかがでしょうか?

 

~~~~~~~~~~~~~~~~

 

みなさんこんにちわ!

 

こんにちわー!!(^○^)

 

弁護士のハンドウといいます。

弁護士って知ってるかな?

 

知らーん!

 

法律を使って、困ってるひとを助けるお仕事です。

 

えー?法律ってなに??

 

え、えーっと、法律っていうのは、きまりです!
きまりを守らない人がいたら、困るよね!

 

今日は、憲法のおはなしをします。
憲法って聞いたことあるかな?

 

なーい!

 

憲法というのは、日本の国で、いちばん大事な、きまりです。

きまりは、守らないといけないね。
憲法っていうきまりは、誰が守るきまりかな?
国民みんなだと思う人(^^)/

 

(^o^)/ハーイ
(^o^)/ハーイ

 

答えは憲法に書いてあるよ。
憲法99条を見てみよう。
憲法を守らないといけないのは、公務員って書いてあるね。
国民って書いてないね。

公務員ってわかるかな?

 

わからーん!

 

政治家とか、お役所に勤めてる人とかのことです。
政治家ってわかるかな?

 

・・・?

 

あべ総理大臣とかのことです!

 

あー!

 

憲法っていうのは、政治家の人とかが、お仕事するときに守らないといけない、きまりです。
ぼくたちみんなが守るきまりじゃないんですよ〜

 

へ〜

 

今日は、ポムポムプリン桃太郎と一緒に、憲法のおはなしをしていきます。
ポムポムプリン知ってるかな?

 

知ってる(^o^)/
知ってる(^o^)/

 

じゃあ問題をだすよ。
ここにいるみんなの共通点、同じところって何だろう?

 

人間・・・?(小学5年生)

 

おー、すごい、正解です!

 

自分と誰かと、おなじところがあったら、お互い大事にしたいよね。
みんな同じ人間なんだから、人間らしく幸せに生きていきたいな、っていう思いは同じだよね。
人間らしく生きていけないような人が、誰もいないようにしたいね。

 

じゃあ、なんでみんな人間なのかな?
そんなことわかんないね。
生まれてみたら人間だったよね。

 

人間として生まれたんだから、みんな人間らしく生きていけるよ!
これを「基本的人権」といいます。

 

ぼくたちは、基本的人権を、だれからもらったのかな?
みんな、人間として生まれたときに、天から授かっているんだよ。

 

みんな同じ人間だけど、みんなそれぞれ、個性が違うよね。
得意なこと、苦手なこと、好きなこと、嫌いなこと、みんな違うね。

誰かと違っていても、いいんだよ。
誰かと違っていても、みんな一人一人、こうして生きているね。
そのこと自体が、大事なことです。

 

そのことが憲法に書いてあるよ。
13条「すべて国民は、個人として尊重される」

 

じゃあ、みんなが個性を生かして、人間らしく幸せに暮らしていけるには、何が必要だろう?

もし、学校で、教室の中に先生がいなかったら、みんなどうなるかな?
みんな楽しく学校で勉強したりできるかな?
先生がいなかったら、いたずらっ子がいたずらしたり、いじめっ子がいじめたり、好き勝手するんじゃないかな?
いたずらされ放題、いじめられ放題じゃ困っちゃうね。
でも、先生がいたら、こらー!って怒ってくれるね。
みんな、先生に怒られたら、言うこと聞くかな?

 

ウンウン

 

先生の言うことなら、みんな聞くよね。
先生が、強い力でみんなを仕切ってくれるから、みんな安心して学校で勉強できるね。

国の中でも、みんな好き勝手をやったら、人間らしく生きていけない人が出てくるかもしれない。
だから、強い力で、みんなを仕切ってくれる人がいないといけないね。
国の中で、みんなが守るルールを作ったり、ルール違反をする人がいたら捕まえたり。
そういうのを、「政治」といいます。

 

学校の中の先生みたいに、「この人の言うことなら聞くしかない」っていうような、強い力。
これを、「権力」といいます。
権力を持った人に、「政治」をやってもらわないといけないね。

 

【パペットマペット】
~ポムポムプリンとライオンの社会契約〜

◆ポムポムプリン
「強くて頼りになりそうな誰かに、政治をやってもらおう。
そうだ!百獣の王ライオンさんなら、強い力でみんなを仕切ってくれて、頼りになりそうだ。
ぼくたちみんなが人間らしく幸せに暮らしていけるように、ライオンさん、政治をやってください」

◆ライオン「よし、ひきうけた」

 

引き受けてもらえたね。
これでみんな、人間らしく生きていけるかな?
今、ポムポムプリンの目の前に、ライオンさんがいるよ。
どうですか?

 

こわーい!

 

そうそう!怖いね!
ライオンさん、本当にぼくたちのために、政治をやってくれるかな?
機嫌の悪いときには、噛みついてこないかな?ガブッ

ライオンさんが暴れ出したらどうなるかな?
ライオンさん、強いから、頼りにはなるけど、もし暴れだしたら誰にも止められないね。
誰だって、自分の思いどおりに、自分が好きなように、いろいろできたらいいなーって思うよね。
権力を使って政治をする人も、みんなのためじゃなくて、つい、自分のために権力を使ってしまうことがあります。
ライオンが勝手に走り回ったら、怖いね。
政治をする人が自分勝手なことをしたら、人間らしく生きていけない人が出てくるよ。
人類の歴史の中で、そんな出来事はたくさんあります。

 

そんなことが起きないようにするには、どうすればいいだろう?
ポムポムプリンは考えました。

 

【パペットマペット】

◆ポムポムプリン
「そうだ、ライオンを檻に入れておこう。それなら安心だ」
「ライオンさん、ここに、ライオンさんに守ってもらいたい約束事を書いた紙(憲法)を作ったよ。この約束(檻)を守ってね」

 

◆ライオン「わかったよ。約束守るよ。檻の中にいるよ」

 

こうしてライオンさんは、ポムポムプリンとの約束(=檻)にしばられて、政治をすることになりました。

ライオンさんが檻の中にいれば、みんな安心して生活できるね。
これを「立憲主義」といいます。

 

この檻は誰が作るんだろう?

 

日本の国の中で、いちばん偉い人って誰かな?

 

(^o^)/ハーイ あべ総理大臣!
(^o^)/ハーイ 天皇!

 

日本の国でいちばん偉いのは、ぼくたちみんなだよ!

 

∑(゚Д゚)えーっ⁉︎

 

「国民主権」って聞いたことあるかな?

 

なーい!

 

日本の国のことを決める力を持っているのは、ぼくたち国民です。

そういう意味で、国民がいちばん偉いんだよ。

憲法という檻を作るのも、いちばん偉い、ぼくたち国民です。
ぼくたちみんなを守る檻だから、ぼくたちみんなでしっかり作っておかないとね。
これを、「国民主権」といいます。

 

ぼくたちが作った檻の中で(憲法という枠の中で)ライオンさんに政治をやってもらいたいね。
だから、檻の中でライオンさんがきまり(法律)を作ったら、ポムポムプリンやぼくたちは、それを守って生活しよう。
それが、ポムポムプリンやぼくたちと、ライオンさんとの約束だよ。

 

ライオンさんが檻から出たら、ライオンさんが約束を破ったことになるよ。
だから、檻から出たライオンさんの言うことは、ぼくたちは聞かなくていいよ。

 

憲法98条を見てみよう。
憲法は最高法規、憲法に違反する法律には効力がない
って書いてあるね。

 

政治をする人たちが、憲法に反するような法律を作ったら、そんな法律は、ぼくたちは守らなくていいんだよ。

 

ここまでで、ぼくたちが檻を作ったね。
ここまでのおはなし、だいたいわかった人(^^)/

(^o^)/ハーイ
(^o^)/ハーイ

 

じゃあ、ライオンさんは、どんなライオンさんがいいかな?
ライオンさんにも、いろんなライオンさんがいます。
もし、王様とか将軍様みたいな人が、俺様の言うこと聞け、とか命令してきたら、どうですか?

 

(>_<) いやだー!(かなり小さい子)

 

そう、そんなの嫌だね!
そんなことになったら、どんな命令されるかわからないね。

 

俺様の言うこと聞かないなら、牢屋に入ってろ!

税金はたっぷり払えよ!俺様がいっぱい使うからな!

とか言われたら困るね。
人間らしく生きていけなくなっちゃうかもね。

 

だから、政治をする議員さんを、選挙でみんなで選ぶ方がいいよね。
選挙ってわかるかな?

 

わかるー!(^o^)/

 

おお、わかるのか。
みんなが選挙で選んだ人なら、一応、安心だね。
もし議員さんがおかしなことをしたら、次の選挙で落とすこともできるからね。

こういうやり方を、「民主主義」といいます。

 

みんなはまだ選挙に行けないけど、18歳になったら行けるから、行こうね。

 

選挙で選ばれた議員さんは、次の選挙までは何してもいいのかな?
それじゃあ困るね。
ちゃんと、檻の中で政治をしてもわらないとね。

 

人間だれでも、間違えることがあるよね。
みんなに選ばれた人でも、間違えることがあるかもしれない。
みんなから選ばれた人が、誰かの基本的人権を侵すような法律を作ったりしたら、人間らしく生きていけない人が出てくるかもしれないね。

だから、選挙で選んだ議員さんも、しっかり檻に入れておかないといけないよ。

 

ここまで、だいたいわかった人(^^)/

(^o^)/ハーイ
(^o^)/ハーイ

 

~後略~

参考:拙著『檻の中のライオン 憲法がわかる46のおはなし』第1章
https://www.amazon.co.jp/…/d/47803084…/ref=zgm_bs_500208_98…


11月6日の中国新聞の書評欄

拙著『檻の中のライオン 憲法がわかる46のおはなし』

https://www.amazon.co.jp/%E6%AA%BB%E3%81%AE%E4%B8%AD%E3%81%AE%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%B3-%E6%A5%BE-%E5%A4%A7%E6%A8%B9/dp/4780308429

の書評が掲載されました。

 

「憲法を小学校高学年程度から理解できるようにと、イラストをふんだんに取り入れた入門書「檻(おり)の中のライオン」が刊行されている。著者は広島弁護士会の楾(はんどう)大樹弁護士。国家権力をライオンに、憲法を檻に例え、基礎知識を分かりやすく伝える一冊だ。
平和主義については「檻があるので、ライオンは勝手に戦争をすることができません」、国民主権と憲法改正については「私たちが作る檻ですから、檻を作り直すのも私たちです」と説明。46項目にわたり、対応する条文を示しながら解説する。
最終章では応用編の「立憲と非立憲」と題し、安全保障関連法制や特定秘密保護法など、最近の憲法上の問題について考える。」

 

インターネットにも↓

http://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=66140

 

近いうちに、毎日新聞にも何か記事が載る予定です。

 

 

他の新聞でも、是非お願いします♪

 

※中国新聞社の許諾を得て写真を掲載しております。

 

 

『檻の中のライオン 憲法がわかる46のおはなし』
楾大樹著
https://www.amazon.co.jp/%E6%AA%BB%E3%81%AE%E4%B8%AD%E3%81%AE%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%B3-%E6%A5%BE-%E5%A4%A7%E6%A8%B9/dp/4780308429


福岡県弁護士会のホームページ

で紹介されているのを見つけました

↓↓
 
http://www.fben.jp/bookcolumn/2016/07/post_4758.html


「・・・たくさんの絵とともに解説されていますので、中学生以上だったら理解できる内容だと思います。小学生でも、高学年だったら、読んで聞かせて、問答形式にしたら、かなり分かってもらえるように思います。
広島の若手の弁護士である筆者のますますのご活躍を心から期待しています。」


と書いていただいています。


千葉県の塾の先生が書かれた高校受験ブログでは
中学生が夏休みに読むべき本
http://kamanabi.jimdo.com/2016/08/01/%E4%BA%BA%E6%A8%A9%E4%BD%9C%E6%96%87%E5%8F%82%E8%80%83%E6%96%87%E7%8C%AE-%E6%AA%BB%E3%81%AE%E4%B8%AD%E3%81%AE%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%B3/

として紹介いただいています。

↓↓

(以下引用)
そもそも「人権」って何なの?というのが中学生の本音でしょう。
歴史的には「対国家」で人権思想が生まれました。ですから、中学生からしてみるとイメージしづらいですよね。憲法ときくと、どこか遠いところの自分とは関係のない話のように感じてしまう。だから面白くないとなりがちです。

そこでお勧めしたい憲法の入門書が『檻の中のライオン』です。
権力を「ライオン」にたとえ、憲法を「檻(オリ)」にたとえて、わかりやすく憲法を説明してくれます。
最近の憲法問題(安保法制、特定秘密保護法、憲法改正)もたとえを交えて明快に説明してくれます。人権作文対策だけでなく公民の授業も2学期は始まりますから、その前に一読しておきたい1冊です。
(引用ここまで)



早稲田大学生協の本屋さんも

紹介してくださっています。
https://twitter.com/wcoopbuncan06/status/750916476408778754

(以下引用)
きょうは◆「檻の中のライオン」( かもがわ出版 )!憲法のこと実はあまりわかってない…という方必見です!権力=ライオン、憲法=檻  のたとえ話で解説されたこの本はとってもわかりやすい!!!絵や図も豊富です
(引用ここまで)


公民を勉強する中学生も
「政治経済」を勉強する高校生も
憲法を学ぶ大学生も


ぜひ読んでみてください!

もちろん大人の方も!


ひろしま市民法律事務所