ドーナツ盤

テーマ:
セール品をまとめ買い。

このような買い物を自分では'とりあえず買い'と称しております。
このとりあえず買いのせいでいくら収納があれど危ない。まさかの断捨離でもしようかしら…などと。

{72B171F3-AE44-4723-B016-EBABF38B4C0F}

ドーナツ盤、すなわちシングル盤はLPとはまた違った魅力で溢れてますね〜
とかく昭和作品はジャケもデザイン性よりプロフィール要素が強く、分かりやすくていいです。

大半が本人の写真チェックなど無視してメーカーの独断で決めて行ってる感もグー笑


音源を既になんらかの形式で所有していても好きな歌はドーナツ盤で持っておきたくなるものです。
音質がいいとかそういう話ではなく、アイテムとしてね。

例え全く売れなかった盤でも製作時に売る気のないディレクターなんて居ませんよ。
みんな願いを込めて目を$にしながら作った工夫の結晶なのです。
そんな当時を想像しながら傷んだジャケットを手に取ってみると、どの作品にもそれぞれの哀愁があります。

あとやはりサイズがいいですね、このサイズが音楽作品としての最低限のスケールかと思いますよ。CDはやはり小さい。無形は以ての外。

三分回してる間にくまなくジャケとにらめっこしてみましょう。
ドーナツ盤の良さが実感できるはずです。


グレイトフルデッドとビートルズは海外版で国内盤との音質差のチェック用に購入〜。この頃のビートルズはスピーカーで聴かないと定位が極端だから耳が疲れますな。


半田より。







AD