命に関わる不思議な話

テーマ:

私が“命に関することは解らない”と思う理由を、
書いてみたいと思います。

今でも覚えているのですが、
開業して、初めて不妊治療の予約を受けたとき、
電話の向こうから、小さな子どもの声が聞こえました。


なので、なんのためらいもなく「お二人目希望ですか?」
と伺ったら、一人目だと。
あとで確認しても電話の時には誰もいなくて、
でも、はっきりと子どもがはしゃいでいる声がしたんです。
婦人科の病気があったのですが、病院での不妊治療も順調に進み、

今では立派なママです。

開業当初は患者さんが少なかったから、
良くも悪くも自分のエネルギーが集中してしまうことがあり、
妊娠前に、妊娠の時期や子どもの性別や数を、

具体的に話すことがあったようです。

“あったようです”と曖昧なのは私自身に記憶がなく、
患者さんに「先生に云われた通りでした!」と云われるからです。

 

患者さんの妊娠や出産や小さい子の話も伺うと、
不思議エピソードがたくさんありますね。
プライバシーに関わることなので書きませんが、
「夢で妊娠する(した)のを知った」というのは定番で、

 

不思議話をたくさんいろんな方から伺っていると、
命に関することはしょうがないな。

という気持ちになってしまいます。

 

あ、たくさんの患者さんを治療するようになり、

自分と患者さんの気の区別をつけられるようになって、

今は気配はあんまり解りません。

 

でもそういう経験があるから、

子供が来るにはタイミングというものがあるので、

時期が来るまで待つしかないし、

逆にそのタイミングが近づいて来た時には思い切って、

なにを手放してでも引き寄せることが大切と感じています。

 

すぐ近くに子どもが来ているのに、

食事も改善せず、仕事も減らさず、妊娠できる環境が整わないと、

その気配が薄らいでいくんです。

 

昨年46才で子宝に恵まれた患者さん。

42才で初来院した時から、子どもの気配をはっきり感じる。

体調も悪くない。 養生もしている。

妊娠のニの字もなし。

 

半分諦める気持ちもあったようですが、

最後と決めた病院で初の陽性。

そのまま無事に元気な男の子に恵まれました。

単身赴任だった旦那さんが帰ってきて、

一番良いタイミングだったのでしょうね。

 

年齢や病気の有無とも関係なくて、来る時は来る。

ということを、みんなに伝えてほしい。と云われましたで、伝えます。

 

人が空へ帰る時にも不思議なことがありますね。

私の初めての患者さん。

早朝、寝ている私の肩を叩いてお別れを告げてくれました。

 

私は実は、肉体のない気配、あんまり意味は感じていません。

気配がなくても妊娠するし、

気配なく亡くなることもいっぱいあるから。

 

でも、命に関することは人智を超えてしまうことがままあるので、

そういう希望を心のどこかに持って治療をしています。

 

 

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

↑よろしかったから、ポチポチッと。
 

はなこ治療院         千葉県松戸市鍼灸院

クローバーhttp://www.hanako-do.jp

クローバー千葉県松戸市上本郷3196
           パインツリーコート301
クローバーtel.04-366-8656

クローバーJR常磐各駅停車北松戸駅徒歩10分
クローバー新京成線上本郷駅
            松戸新田駅より各徒歩10分

こんなこと云うのもなんですが。。
開業当初から毎日不妊の鍼灸治療を行っていますが、
血虚であっても、する時はするし、
問題がなく見えても、しない時はしないのが妊娠です。
 

亡くなった家族が夢で知らせてくれた。とか、
不思議なエピソードもたくさんあって、
命に関わることはさっぱり解らないおーっ!というのが本音。

じゃあ、養生をしなくていいのか、鍼灸は意味がないのか、
と云ったら違います。

 

私は、不妊治療から妊娠中、産後、
生まれた赤ちゃんの治療にも携わることが多いのですが、
鍼灸を受けている人と、受けていない人の明らかな違いが出るのはここ。

 

1回の鍼灸治療で妊娠するということは、実はめずらしくはありません。
でも、長く不妊治療に通っていた患者さんほど安産で、
お子さんも元気で手が掛からないことが多い、というのが私の実感です。

10ヶ月という時間をかけ、お母さんからの“血”だけで、
卵子から約3000gまで育てます。
そして出産時には多かれ少なかれ出血がありますし、
子宮の筋肉に充分な血がなければ、
出産直後に子宮が収縮せず、大量出血の可能性も高まります。

西洋医学的にも、出産までに内蔵にある貯蔵鉄(フェリチン)
40〜50ng/mlが失われると云われています。
フェリチン50ngない人なんてたくさんいますからね。
つまり出産を終えた時点で、ストック0。もしくはマイナス。
そこから赤血球のない血液=母乳での育児がスタートです。

私、今、かなり緩く書いていますけど、
もし血が不足していたらどうなるか、ちょっと考えてみてください。

胎児を育むのが難しい、子宮が伸びやか大きくならない、
陣痛を起こす力が弱い、出血を止めることが出来ない、
母乳が出ない、産後うつ。
小さいトラブルでは腱鞘炎、関節炎、筋肉痛。
血が足りないとういことは、こういうリスクが上がるということ。


不妊治療が長くなると、妊娠が目的になってしまい、
その先を見据えていないことがあります。
でもそうじゃなくて、
母子ともに健康で安全に出産するのがゴールですよね。

とにかく子供を生み育てる過程では、

たくさんの血がなくてはならないんです。


しつこく繰り返すけど、命に作ることは神様の領域なので、
鍼灸で妊娠しますよ。なんて気安く云えない。
でも、鍼灸は気血を増やして健康を保つことは得意分野だし、
もし妊娠した時に、安全に母子ともに健康でいられるように。
私は東洋医学での不妊治療って、そういうものだと捉えています。

ま、とはいえ、身体が整ってから妊娠する方がほとんどなので、
妊娠にも一役買っているとは思いますけど。

今、安産のために通院している患者さんのおひとり。
超虚弱体質で食事も満足に摂れていない状態でした。
鍼灸で胃弱が改善されたのもあるけど、
フルタイムの仕事をきっぱりと辞め、
気血の消耗を減らしたのが一番の勝因でしょう。

専門の病院への初診の予約を入れたタイミングで自然妊娠。
もしあのまま妊娠しないで、体外受精を繰り返すと考えたら、
経済的にも時間的にも、反って負担は少ないですよね。
改めて身体作りの大切さを感じた一件です。

普段は「血が増えるとこういうメリットがあるよ」という、
ポジティブな説明を心掛ける私ですが、

命に関わることなので今日はあえて、
「血が少ないって怖いんだよ」と、ネガティブ強調で書きました。

体質や生活習慣から来る血虚を治すって、簡単なことじゃないんです。

妊娠(着床)するというのは、ふたりの命に責任を持つということ。
だから妊娠する前の身体作りが大切なんです。
血のストック、真剣に取り組んでほしいです。

 

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

↑よろしかったから、ポチポチッと。
---------------------------------------------
FaceBookでも養生法や休診情報をお知らせしています。
アカウントをお持ちの方は、是非「いいね!」ボタンをお願いします

 

 

 

はなこ治療院

桜の季節

テーマ:

4月です。
先月は突然の休診に、快く応じて頂きありがとうございました。
ワンオペ治療院なので基本的に、この様な形で休むことはしないのですが、
今回だけは、迷惑は承知のうえで参列すると決めていました。
ご配慮を頂き、大切な人とのお別れができましたこと、感謝しています。

今日はちょっと、最近感じていることをお話しさせて下さい。

患者さんでも、ご自身や家族の病気に、
なぜ自分が? なぜ自分の家族が?
と心を痛めている方がたくさんいらっしゃいます。

医学的には、原因があって病気になる。
と考えられるものもたくさんあるのですが、
先天的なもの、後天的なもの、生活習慣、家族性、
いろいろな方、いろいろな病気を見ていて思うのは、
病気は“運”みたいなもの。ということ。

不養生、不摂生をしているから、病気になる。
というのは必ずしも当てはまらない。
だから、なぜ自分が? なぜこんな病気に? 
と思い悩まず、受け入れる気持ちも大切だと思うんです。

“命に関わるものは解らない”。私の口癖です。

治療をしてるなかで、妊娠や出産や、死は、
人間の力が及ばないものと感じています。
でも、だからこそ、先を案じたりせず、
今できることを、こなして行くしかありません。

突然の発病で、ちゃんと気持ちを伝えることができませんでしたが、
秋に偶然。偶然ゆっくり話す機会があり、いろんな話を聞きました。
今までの人生や死について。心のうちにあることも。

ご縁がある方が亡くなる前、お互い無意識に、
そんな形でお別れをしていることがあります。
だからと云って、素直に受け入れられるわけではないけど、
きっと命の期限には約束があって、
どうすることも出来なかったのも感じています。

 
 



今年はたくさん桜を見ました。

どういうわけだか命日というものが覚えられない。
家族のさえも。

でも、初夏の湿った風や、秋の乾いた空気で、
大切な人と別れた瞬間を思い出します。

「あの日は桜が満開だったよね」と
いつか笑って話せる日が来ると思います。


四季って素敵ですね。
 

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

↑よろしかったから、ポチポチッと。
---------------------------------------------
FaceBookでも養生法や休診情報をお知らせしています。
アカウントをお持ちの方は、是非「いいね!」ボタンをお願いします

 

 

 

はなこ治療院

 

前回の記事でSS健康法を紹介させて頂きましたが、
今日は当院での施術のご案内。

鍼灸治療または美容鍼灸と一緒に受けられる方は、3,240円、
SS健康法のみ受けたい方は、5,400円となります。
(初診の方は別途1,080円の初診料がかかります)
お時間は15分くらいでしょうか。
その方のお身体の状態で少し前後します。

効果は永久的に持続するものではないのですが、
施術の後にセルフケアをお伝えしますので、
上手に食欲をコントロールできる方は、

一度の施術で良い状態をキープできるようです。

今まで食べ方の癖が抜けずに、
満腹になってもつい食べてしまう方は、
2、3回受けて食べ癖を変えていくと持続するようになりますし、
あとは「また胃が下がってきたなぁ」と感じたら、
また受けてみてもいいと思います。

つきっきりで施術する都合上、鍼と一緒にやりたい方は、
予約の際にお申し付け頂きたいのと、
施術の2時間前までに食事を済ましていらして下さい。

SS健康法だけ受ける方は腹部を締め付けないような、
ゆったりとした服装でいらして下さい。

妊婦さんへの施術は元々禁忌なのですが、
私は授乳中の方へも行いません。
授乳中はむしろ、お腹が空くとか空かないとか関係なく、
いっぱい食べてもらわないと、母乳が作られないから。

授乳中なのに、量が食べられなかったり胃が不調な方へは、
鍼灸治療で対応しますのでご相談下さい。

授乳が終わったけど、食べ過ぎて困るもぐもぐ
となったらぜひ、SS健康法を受けて下さいね。

 

 

ちなみに私は施術後10日で旅行へ行き、
すっかり元の動きの良くない胃に戻ってしまいました(笑)。

旅行の途中ではっきりと「あ、今戻ったな」と分かりました。
でも、どうしても美味しいものを、

お腹いっぱい食べたかったので後悔はしていません。

 

-----------------------------------------
それから、こちらのSS健康法。伝授もいたします。
ただし平日のみ、医療従事者またはセラピスト限定になります。

伝授すれば誰でもできる簡単なものなのですが、
ゆっくりとお時間を取るのが難しいため、
テキストを読んで理解できる方のみに絞らせて頂きます。
伝授は、6,480円です。

おひとりでも複数でもお受けしますので
興味がある方はご相談下さい。
-----------------------------------------

 

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

↑よろしかったから、ポチポチッと。
---------------------------------------------
FaceBookでも養生法や休診情報をお知らせしています。
アカウントをお持ちの方は、是非「いいね!」ボタンをお願いします

 

 

 

はなこ治療院

胃を小さく畳むなんて、過大なタイトルをつけてしまいましたが。
SS健康法。
私自身も施術をしてもらい、患者さんにもさせてもらい、反応を見て、
やってもいいかな。と思いましてメニューに入れることにしました。

 

 

骨盤を狭くし、大きくなった胃を小さく折り畳む。
という、なんともまぁ怪しげな感じです。

ネットだと食欲が抑えられてすごく痩せる!!
というイメージで書かれているものが多いですが、
外気功で胃の働きを正常に戻す。と私は捉えています。

外気功は、自分の気を使う(内気功)のではなく、

宇宙とか自然の気を使った一種のエネルギーワークです。
“レイキ”という療法がありますが、これも外気功。

私自身が受けたあとの感覚だと、
一食の量をしっかり食べられるようになり、
食事と食事の間は空腹感がないため間食の欲求がなくなり、
6時間くらいでお腹が急に空いて、食欲が出る。
という感じでした。

最近ずっと、食べたい欲求が強くて食べ過ぎていたのですが、
私の場合は、胃の働きが悪くて一食で栄養が摂れるだけの量が食べられない。
だから常に飢餓感があり間食をしてしまう。という状態だったんですね。

患者さんにモニターをしてもらいましたが、
食べられない人は食べられるようになり、
食べすぎの人は食べられなくなるようで、
「胃が正常に働き、食事の量が適量になる」
だから「結果として痩せる人もいる」ということ。

 

でも不思議なことに、施術の前後にお水を飲んでもらうのですが、
明らかに施術前に比べて、上の方に胃が在る感じがするんです! 
気(エネルギー)の概念なんでこの辺り、

深く考えずに、ふーん。と思って下さればいいんですけど。

東洋医学では脾胃(ひい)の働きが一番大事と考えます。
SS健康法は、脾胃に特化したもの。
食べ過ぎ食べなさすぎなどに悩んでいる方、
何か解らないけどやってみたい!と云う方におススメしたいです。

長くなったので、今日はSS健康法ってこんなもの。という紹介だけ。
次回、施術についての詳細を書きますね。

 

にほんブログ村 健康ブログ 鍼灸(はり・きゅう)へ

↑よろしかったから、ポチポチッと。
---------------------------------------------
FaceBookでも養生法や休診情報をお知らせしています。
アカウントをお持ちの方は、是非「いいね!」ボタンをお願いします

 

 

 

はなこ治療院