ムリムリムリから脱却しよう!!HANAのキャリア支援ブログ

ムリムリムリから脱却しよう!!HANAのキャリア支援ブログ

あれも無理これも無理から脱却して「私は、この会社できっと役に立てる!」と心の底から思えるようになると就職活動は成功します。HANAのキャリア支援ブログは、読んで頂くことで、このような自己効力感が心の底から湧いてくるようになることを目指しています。

(株)HANAの久世直子です。

 

久しぶりにスッキリと晴れ上がった5月上旬の朝。

少し出遅れたため、自転車で事務所に急いでいたときのこと。

大勢の若者たちが、いつもの通勤の道を塞いでいたのです。

 

思わず立ち止まったところ、

その中の一人が、こちらに向かって、

「HANAさん!」と声をかけられたのです。

 

「エッ?」と思って、改めてじっと顔をみると、

なんと、知り合いの飲食店の経営者であるSさんだったのです。

 

そういえば、みなさん、お揃いのTシャツ。

明るい笑顔で「おはようございます!」

一斉に大きな声で挨拶をしてくださいました。

 

驚いて「なにかあったのですか?」と聞いたところ…

Sさんがおっしゃるには、

緊急事態宣言が発令されて店が休業になった、

従業員には休業手当を支払って休んでもらっている。

でも、根っから働きものの社員たち。

休んでいるのも退屈だし、なにか手持無沙汰。

それで、みんなで相談しあった結果、出てきたアイデアが、

お客様が住んでいらっしゃるこの街をきれいにする。

そのことで、お客様に恩返しをしよう!

ということでした。

 

 

今回のコロナ禍では、協力金や雇調金はあるものの、

飲食店の経営者にとっては大打撃です。

従業員のみなさんにとっても、休業補償はあるものの、

将来的には雇用に不安を感じていらっしゃる方も多いと思います。

 

そんな先の見えない状況の中でも、

みんなで大きなポリ袋を持ち、

笑いながらゴミを拾っていらっしゃる。

その姿に私はなんだか胸が熱くなりました。

 

できないことを嘆いているばかりではなく、

いま自分たちにできることからはじめる。

その姿勢とパワーに私は感動したのでした。

 

 

そのあと、Sさんから、

「まず思いついたのがゴミを拾うことだったのですが。

 他になにかお役に立てることはありませんか?」

と質問されたのですが、私にはすぐには返答できませんでした。

 

地域の役に立つために自分は何をすべきか

そのことに私自身のアンテナが立っていなかったなあ…。

と改めて感じて、なんだか自分が恥ずかしくなりました。

 

 

緊急事態宣言のため店を開けることができない。

働きたいのに、働けない。

この危機的状況に打ちのめされるのではなく、

チャンスとして、プラスに活用する。

これができるのが、Sさんとメンバーのチーム力なのです。

 

このメンバーなら、コロナが収まった時には

間違いなく大きく成長していける!

私は、そのように確信しました。

 

世の中は、コロナコロナで気分が落ち込みがちですが、

この方々を見習って私も頑張ろう!

と元気をいただいた一日でした。虹

 

「あなたの就活の悩みを一瞬で解決する一冊 
  ~my就活と向き合おう~」
Amazonで発売中です。