はみんこの傾向と対策~ニキビ痕改善レポートと妄想~

はみんこの傾向と対策~ニキビ痕改善レポートと妄想~

18歳から人生の半分以上クレーター肌をやってるおばさんの実録。いじりナシの経過写真多数です。


         ■いつもご覧いただきありがとうございます■


     元難治性ニキビ、高打率クレーター移行体質の「はみんこ」です。


----------------------------------------------------------------------------------------

 このブログは、日々ニキビ痕(クレーター)の改善を目指しているおばさんの記録です。

実録ですので肌写真は自前です。お見苦しい点は何卒ご了承ください。

----------------------------------------------------------------------------------------


[記事の信憑性を増し、箔をつけるための大風呂敷]

・日本ニュートリション協会 サプリメントアドバイザー
・元某海外化粧品ブランド ビューティーアドバイザー
・全国珠算連盟 珠算1級 暗算1級


はじめてお越しの方こちら をご覧ください。

よくある質問こちらです(一番効果があった治療法はなんですか?この治療はどうだった?TCAはどこで買えるの?等)。

◆ここ数年、クリニックではなく自宅治療をメインににしている理由はこちら


【コメントのご質問について】

・視力低下により、一般的な質問だけのコメントがボヤけてよく見えないため、返信ができなくなりました。
・私でないと分からないご質問(私の施術の経過・感想など)は、これまで通りできる限りお答えしたいと思います。

・「この施術はこれに効くのか」、また肌について等の一般的な質問は、素人の私ではなく専門家に聞いてください。


しばしば個別にアドバイスやカウンセリングのご希望をいただくのですが、なにぶん備忘録を書いているだけのド素人ゆえ、お受けできかねますのでご了承ください。■


-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//


こいつら↓を1日各1回クリックしていただけると、私は大喜び、あなたの肌はより美しくなることでしょう。

 にほんブログ村 美容ブログ 凹凸・クレーター肌へ


-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//


2000年12月
ビタミンCイオン導入を始める。2001年後半のビタミンC誘導体化粧品認可前は、動物用名目で販売されていたAPM(リン酸アスコルビルmg)「ニャンC」を使用。



haminco village 

2002年
スピロノラクトンで、毎朝のこもりニキビどもからようやく解放。

やっとこさクレーター治療に本腰を入れられるように。

クリスタルピーリング、クールタッチ、クールタッチⅡ、トレチノイン、ハイドロキノン、CO2アブレージョン、ヤグレーザー+切除縫合までやった肌です。それでもハレーション部分でさえも白く飛ばずにハッキリと凹みが分かるほどの陥没ぶりです。

haminco village 


2003年
上記に加えてTCAピーリングを2回受けました。

知人から「友達が、あの人肌きれいになったけど何かやったの?って驚いてるよ」と伝い聞きしたほど改善を見せた状態です。

各クレーターの角が取れ、ボックススカーから皿型になったからと思われます。

まーそれでもこんなもんです。

2004年12月
自宅TCAを始める。


2005年6月
ビタミンC誘導体をAPPSに切り替える。


2007年11月
クレーター治療に湿潤療法(主にキズパワーパッド)の併用を始める。最初の記事はこちら


2008年7月
自宅ダーマローラーを始める。最初の記事はこちら


2009年9月
アンコア(ブリッジセラピー)を受ける。最初の記事はこちら


-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//-//


haminco village  ◇◆haminco village◆◇
2007年以前の記録「ニキビ痕を治す会」などがあります。

faq  ニキビ・ニキビ痕FAQ
ブログ等でよくある質問をQ&Aでお答えしています。


・当サイト内のテキストおよび画像は無断で使用しないでください。
・エロスパム、マルチポスト等は削除させていただきますのでご了承ください。
・あくまでも私個人の効果、感想ですので、すべての人にあてはまるものではありません。
・このブログを参考にして起きたことのすべてに対して、一切の責任を負いかねます。






よく「他人は変えられない」とは言いますが、自分自身であっても体質となるとそうそう変えられません。
 
例えば努力してニキビをできづらくしたとしても、「ほっときゃすぐにニキビができるニキビ体質」までは治っちゃいませんからね。
頑張ればなんとか多少マシな状態を作れるようになったというだけで、依然として「ニキビできやすい遺伝子たち」は細胞核に鎮座していらっしゃるのです。
そう、人間ごとき神の領域では抗えないのです。
 
ニキビ(痕)と虫歯と数学。前々から私はこれらのダメさ加減によって「努力ごときではテコでも動かん、生まれ持った大元の何かが存在する」ということを感覚的に認識していたんですよ。
だから今さらショックでもない。屁でもない。痛くもかゆくもないですからねーだ。
 
そして最近、ベストセラー「言ってはいけない」を深堀りする!という触れ込みの「日本人の9割が知らない遺伝の真実」を読み、確信はさらに強固なものになったんですよ。
{39D18903-52D3-4857-8BA0-1B0B2B5C0E2E}

もちろん遺伝で全てが確定するわけではありませんです。環境の影響(詳細は本書で)だって、あるには、あります。
しかし、想像通り、案の定、やっぱり、結局、多くのことは遺伝のウエイトが大きく、こいつがベースになっていたというわけです。
 
だってそりゃそうですよ。
1週間洗顔せずポテチとラーメンだけ食べて夜更かしを続けた綾瀬はるかと、努力して1週間極めて健康的な生活をした私。
どっちの肌がきれいか?と、まあそういうことですわ。
 
だからといって、どうせ遺伝だと諦めたらそこでノーサイドですよ。
そら確かに悲観したくもなります。
追い討ちをかけるように「そんなのただの言い訳。努力不足を何かのせいにしてるだけ」とか言ってくる人もいますしね。
けどその説は間違いですから。浅い。水たまりくらい浅い。
 
で、水たまりよりは幾分深いと自負している私の考えはこんな具合です。
「やるだけやったなら自分を責めすぎない。遺伝・体質という真実をタブー視しない、逆に支配もされない。でもって自分の設計図を知り、当初の最終目標に執着しすぎず、現実に即した軌道修正をする。」
これです。
 
だってあなた。同じ熱量で同じ方向性で努力した者、全員が同じ結果になってますか?って話。それが通用するのは同スペックのコンピューターくらいのもんですよ。
世界中のレスリング選手の努力だって異次元レベルなのに、なぜ誰も吉田沙保里に勝てなかったのか?ということです。
 
それを踏まえて、さーて、今の肌質体質に合わせた対策は、この3本です。
 
①「皮脂を取りすぎると余計に出るよ」は一般人対象なので、ガン無視。桁違いの皮脂量が少しばかり減ったところでたかが知れてる。
酸化皮脂居座りの弊害のほうがよほど大きい。今すぐ取り去れ。
②油を控えるより、どんな汚い手を使ってでもまず炎症を抑えろ。
③旦那のおかずを1品減らしてでも、ニキビ・炎症で破壊された組織の為に精鋭修復部隊を確保せよ。
 
こいつらを掘り下げる前に、木を見て森を見ずにならぬよう、先に全体像もイメージしておきましょう。
 
なんとなくですが「陸海空」をイメージしてやっています。
それぞれに最適な経路や形状があるってことで。
 
陸→道路(血流)で食事やサプリの栄養の運搬と老廃物の排出。
海→神経のスムーズな伝達で、すばやい修復を目指す。細胞間を泳ぐ感じ。ミネラルやMSMなど。低分子なので塗るのも飲むのもあり。
空→エレクトロポレーションやダーマスタンプで物理的に穴をあけ、上から成長因子をピンポイントで補充。
 
こんな感じです。
それでは話を戻して①〜③について見ていきます。
 
まずは①爆裂皮脂。
顔の洗えない平日昼間だろうが皮脂腺に一切の容赦はない。これはもう約四半世紀愛用の紙おしろい、パピアプードル(ラッシェル)で抑えるしかないのです。
一般的な紙おしろいの半分ほどのサイズながら、皮脂量産型にも対応可能なだけの粉体を蓄え、きちんと化粧直しができる逸品なのであります。
{22ACC32F-B12B-46E1-9706-0E8CB66D4925}
 
{7622BC18-E964-42D9-AA66-B025DE504FC3}
1枚ずつ剥がして使います。
 
ところで、世の中にマウントを取りたがる人っていませんか?
かれらは自信のない実に可哀相な人たちだと思うんですよ。みじめですよね。なので早速今から紙おしろいでマウント取ります。
 
近ごろ無印良品の紙おしろいが「神おしろい!!コンパクトよりも簡単なのに、きれいに化粧直しできる!」みたいな感じで人気が出てきているそうです。
フフ、やっと気づいたか。私は、ネットも普及していなけりゃ美的も創刊されていない、25年前の小娘時代にすでに気づいていたんだよ。紙おしろいの実力にな。
{52745E17-1A5F-4A86-925D-A968EE3920A9}
たまたま実家から出てきた当時のパッケージ。
 
 
普通のお直しレベルじゃ追っつかない皮脂過剰製造女が、長年の盟友としてお互い苦楽を共にしてきた。それこそが紙おしろいだったのですよ。やっと紙おしろいにたどり着いたか、普通肌諸君よ。
 
まあ、なにしろこれが
{A1813559-94A2-4393-A3C1-8A2C536A255B}
 
1枚で、5秒で、これ。
つまり上は、MajiでOffする5秒前。
{29C3C3F4-195A-4671-840A-BA6E095AAD0D}
 
 
そして!この度!めでたく!過剰な酸化皮脂を取り去ることが、見た目改善だけにとどまらず肌改善にも貢献していたことが証明されたのです!
 
前にも触れた「MMP-9」という酵素を覚えていらっしゃいますかね。
そう。MMP-9(ゼラチナーゼ-B(92kDa))は誘導型の酵素と言われ、クレーターにも深く関わっているクズです。
私の持病、片頭痛にも深く関わる、あの真性のクズです。
そしてこのクズについて、肌表面の過酸化コレステロールなどにより発現誘導されるという研究結果があったのです。
 
ここで改めてクレーターという穴ができる経緯を振り返ってみましょうか。
白血球君は細菌らを成敗する為にスーパーオキシド(活性酸素)を投げつけるので、やりすぎ暴走タイプの白血球ですと真皮までやられてしまいます。そして奥がやられたまんま表面の上皮化がなされ、修復作業が終わってしまうんでしたね。
 
さらに過酸化コレステロールやアクネ菌などにより誘引されたMMP-9は、細胞内で放出され毛包壁を破壊しにかかります。
この一連の流れが真皮中で起きると、毛管に沿ってポッカリ筒状のクレーターが形成されるというわけ。
 
ということはですよ。つまり肌表面の過剰な皮脂、こと、過酸化コレステロールは、MMP-9にとっての養分と言えましょう。
紙おしろいで溢れ出る皮脂を常に抑えるというのは、つまりクレーター形成につながるMMP-9を兵糧攻めにしていたということだったのです!
特に私は酸化皮脂になりやすいアクネ菌組成なんですから、もう恰好の餌食です。というかMMP-9入れ食い状態。
 
そういうわけですので、私に「皮脂取りすぎるとよくないよ」とか言ってきた者ども、懲役3年な。
 
ちなみに、日本医科大学大学院薬学博士による論文では、水素がMMP-9を発現制御するとしています。
このことを思い出し、数ヶ月サボっていたメガハイドレートを再開し、半月ほどになりますかね。
はみんこの傾向と対策~ニキビ痕改善レポートと妄想~-メガハイドレート
 
サプリの場合、水素が発生するのは飲んだ時点からですので、水素水のようにすでに飛びきってるという心配はZERO。
肝心の抗酸化力は、切って茶色くなったリンゴに塗った瞬間元の色になるのをこの目で何度も見ております。桃でも同じでした。
 
酸化還元電位-800mV(酸化は+になる)にもなる、末恐ろしいフラナガン博士の開発した「マイクロクラスター」。
こいつが1カプセル300㎎配合されていて月3,000円もしないんですから、ちゃんと飲むべきなのです。
最近は国産でもマイクロクラスター配合サプリをちらほら見かけるものの、mg換算で比較すると15倍以上の価格で売られてたりします。
メガハイドレート、コスパよすぎ。
そんな計算してるとかどんだけいっちゃってるオバハンかとお思いでしょう。まあだいたい合ってます。
 
 
続きまして、②炎症の抑制に移ります。
 
なおMMP-9は炎症系刺激で活性化しますから、ここは本当におろそかにできません。
それに顆粒球暴走タイプ白血球の性格を変える術など思いつきませんから、どっちみち抗炎症成分を補うしかないのです。
となれば、普段の食事では足りないのでサプリの出番です。
 
抗炎症サプリは色々ありますが、メガハイドレート以降の私の強力クリーンアップはこちら。
 
ビタミンD3 (5~6000IU/日)
{CD1BF110-A668-4E73-81EB-2E1572E78FC2}
オメガ3脂肪酸(2~3g/1日)
{32B700BA-0B53-408E-AF2A-216B057AC137}
 
MSM(3000mg/1日)
{44EDCD61-C191-4AAB-A126-008A1DC2C4F9}
 
免疫力の調整や炎症の緩和が実証されている実力派ぞろいです。
これにより「生理前炎症ニキビが出ない月」という夢のような体験を享受することができましたよ。
まだまだ全勝ではないものの、永遠の0から1になったということが凄いのです。
やっと「勝率を上げていく」という次のフェーズに移ることができるわけですから。
 
そこで新たに投入された酵素がこちら。
 
{AF10E428-B2B0-4B89-A133-F2A57C351570}
以前から気にはなっていたブロメライン
 
パイナップルやパパイヤに含まれるタンパク質分解酵素ですね。
ヒトの胃酸にも含まれているそうです。
 
さて酵素の仕事といえば分解なわけですが、ブロメラインは特に炎症に関わるタンパク質に作用するとあって、アレルギーやニキビにも対策に重宝されているんだとか。
同じタンパク質分解酵素だというのに、クズのMMP-9とはえらい違いだ。
 
おっと。
また、これは空腹時に摂ることで、血中のいらぬタンパク質が分解されるそうです。
あれ、けどこの作用、既視感満載。
そう ピュアザイムですよ。
 
すでに私には37万HUTというとんでもない力価のコイツがいるから大丈夫。
ブロメラインなんて、戦闘力 …たったの5か…ゴミめ…と思っていました。
 
ところがこのブロメライン。風邪の咳にも薬として使用されていたり、ヒスタミンの生成を抑えたり、「消炎酵素」などと呼称されていたり。
まあ、ググればとにかくオラわくわくしてくる酵素だったのです。
 
もうこれを飲まないなど据え膳食わぬは男の恥。
というわけですので、炎症誘発系タンパク質どもが完膚なきまでに分解されアミノ酸にされた画を想像しつつ、ほくそ笑みながらポチりました。
ほどなくして佐川男子からブロメラインを受け取り、めでたく今月もNO炎症ニキビで乗り切れました。
 
あと気のせいかもしれませんが、奥深い固い角栓どもが減りました。
私くらいのレベルになると、洗顔してるだけでも指で顔の奥に潜む固い角栓の山脈を感じるんですよ。それが当たり前だったんです。特に、Tゾーンより肉の多い頬なんですがね。
その指のザラザラボコボコ感触が明らかに軽減しているんですよ。
 
 
そうそう。もちろん、これらすべての栄養素が効率的に働くには多種類のミネラルで満たされていることが前提です。
彼らがいないと代謝酵素もまともに作られませんし、栄養素の多くは立ち往生してしまいますからな。
 
と、以上が内側からの対策でした。
 
 
それでは、③外からの対策に移りましょう。
 
紫外線やストレス、加齢などのダメージは誰しも受けますゆえ、肌の修復作業は知らず知らずのうちに粛々と行われています。
その時に司令塔になっているのが「チーム成長因子群」。
このチーム力も、一人一人顔が違うように同スペックではありません。
冒頭で触れた、遺伝子によって相違が出るとみて間違いないでしょう。
 
私の肌の修復力は弱い。
もし私の「チーム成長因子群」がオールブラックス並だったなら、いくら爆発膿ニキビができようがたちどころに修復され、私ゃこんなブログ書いておりません。
とこのように遺伝子的に望ましくない状況なら、後天的な環境を整え補完していくしかないのです。
 
とはいえ、滲出液を理想的な成長因子群に改善する術はさすがに思いつかないので、他を当たります。
ええ。既に完成された最強チームを肌の上から投入することになりますね。
 
それがAQSkinSolutionsの成長因子群。
 
 
成長因子製剤の権威、開発者アーメッド博士が独自に開発し、「他のどの製品よりも高濃度かつ高純度」とコメント。
ヒトに作用するヒト由来のbFGF(一般のGF化粧品に含まれるaFGFの約30倍もの活性)、TGF-B,PDGF、IL-3.6.7.8等を高濃度高純度で独自の処方で配合した、弱腰な滲出液を持つ者にとってのメシアです。
 
ある日、主に医療用FGFであるbFGFの活性は、一般的な化粧品に配合されるaFGFの約30倍ということを検索で知ってしまったのです。
パンドラの箱を開けてしまったんですよ。今まで使ってたFGFは何だったのか、と。
なんとかbFGFをクリニックに行かず自宅で毎日使いたい、と居ても立っても居られなくなったわけです。
 
そもそもFGF美容液って高いんですよ。aFGFでも3万とかするんです。
それが、普段使いのアクティブセラムにもしっかりとbFGFが配合されていて15,000円ですよ。
単純に考えて、aFGFの30倍活性なんですから3万円の30倍、90万円出せと言われても文句は言えないわけです。それが15,000円。
しかもバランスのよい各種成長因子群ですから100万円は固そう。なのに15,000円。AQどうかしてる。
 
結果としては、キズパワーパッドによる自前成長因子クレーター治療から修復具合が遥かに向上しました。
その様子は何年にも渡りアップしてきましたので、ご覧くださった方は「またかよ、しつけえよ」とお思いでしょう。
それでも本当にフォントを大にして言いたい。やはり優秀な司令塔はマストであると!アルトじゃーないと!
そう、優秀な司令塔。それが全くうちの課長ときたら。ちったぁ成長因子を見習うがいい。
 
 
そして仕上げは前回も書いたMSM(有機硫黄)のクリームです。
 
これは水のように伸び、ベタつきがないためこの肌質でも非常に使い勝手がいいのです。
MSMは浸透性も高く、細胞膜の柔軟性をアップし、コラーゲン合成にも必須のミネラルであります。
顔では、目の下のシワや法令線がマシになってきました。
大容量なので全身に使っていますが、子供に「おかあ足きれい!」(あくまでも皮膚のみを指します。姿形ではありません。)と言われましたぜ。フフフフ。
次はこいつを試してみようと思っています。
 
…と、現在はこんな感じにやっていて4ヶ月近くもブログを放置していたわけでございます。
今後も基本は抑えつつ、逐次マイナーチェンジはされていくでしょう。
 
 
最後に、最近の調子をご報告申し上げます。
心なしか黒目が大きく見えますが、カラコンとか入れてない正真正銘のすっぴんなんだからね!
{78585245-328B-4AF8-9698-D27D2D027B0C}
いつもの左。
 
{A02650C0-415B-40CB-87B5-58AAB082017E}
ついでに以前から比較的マシな右。
 

んで、やっぱり↓こいつら、1日各1クリックしていただけませんでしょうか。

にほんブログ村 美容ブログ 凹凸・クレーター肌へ
にほんブログ村