歯磨きのプロと自負している私が家族の歯磨き粉にブリアンを選んだ理由

歯磨きのプロと自負している私が家族の歯磨き粉にブリアンを選んだ理由

歯磨きを毎日がんばっても虫歯になってしまう。ではどうすれば虫歯にならずにすむのか。歯科衛生士が真剣に考えてたどり着いた歯磨き粉のブリアンを紹介するブログです。

NEW !
テーマ:

子供が小学生になってくると、子供の歯並びが気になってきませんか?

 

乳歯が抜けて、永久歯に生え変わると、思った以上に歯が大きくて、まっすぐ並ばない!って思ったお母さんたくさんいると思います。

 

 

歯の生え変わりは最初、下顎の前歯から始まるのですが、ほとんどの場合、乳歯が抜けたスペースに永久歯は大きすぎてまっすぐ生えてきません。

 

 

乳歯の時に歯と歯の間に隙間があれば、すんなり収まるのですが、キチキチで生えていた子の場合必ずガタガタになってしまいますえーん

 

 

実は最近の子供の特徴として、顎が小さくて、永久歯が大きい子が多くなってるそうです。

 

 

こうなると、放っておいても歯がまっすぐに並ぶのは難しいです、、、、チーンチーンチーンチーン

 

 

お子さんの永久歯はどうですか?顎のサイズと比較して永久歯が大きくないですか?もしどう考えても、歯がまっすぐ並ぶ気がしないくらい大きいようなら、早めに矯正歯科に相談に行くことをおすすめします。

 

 

子供の頃なら、顎の骨を強制的に大きく広げて、歯が並ぶスペースを作る治療ができます。

 

 

この装置はクワドヘリクスとよび、奥歯にバンドで固定しバネの力で歯を外側に広げてスペースを作る装置です。

 

 

色々な方法があるので、矯正歯科で相談して治療法を決めるといいのですが、やはり早めに相談に行くことが選択肢の幅を広げるので、8歳くらいまでには一度見てもらうといいですよ。

 

 

ほとんどの矯正歯科医院は相談は無料でしてもらえると思います。

 

 

そして、実際に矯正を始めると、小さなお口の中に矯正装置が入ります。

 

 

矯正装置にも色々あって、取り外し可能なものや、奥歯にしっかり固定される取り外しができないものもあります。

 

 

取り外しができるタイプのものなら、はずしてから歯みがきすればいいのですが、取り外しができないタイプの場合、口の中に大きな矯正装置が入っているとどうやって歯みがきしたらいいのか分からないってなりますよねえーんえーん

 

 

特に、歯の表面に一本一本矯正装置を付けて、針金を通すタイプの矯正を始めると、普通に歯みがきできなくなってしまいます。

 

 

 

ではそんな時にどうっやって歯みがきしたらいいのかをお教えしたいと思います。

 

 

矯正治療中の歯みがきはとても大変、歯間ブラシとワンタフトブラシは必須アイテム

 

矯正装置が歯の表面についていると、普通の歯ブラシで歯みがきをすると歯ブラシが矯正装置にあたってしまいなかなか上手に歯みがきができませんゲッソリゲッソリゲッソリ

 

 

そんな時に大活躍するのが、歯間ブラシとワンタフトブラシという補助器具なんです。

 

 

歯間ブラシは、本来歯と歯の間を磨くためのものなのですが、この形が矯正装置の周りに通しやすくとても便利なんです。

 

矯正中は歯の表面に針金が通っているので、普通の歯ブラシでは針金の下が磨けません。そんなときはこの歯間ブラシを針金の下に通して磨くと綺麗に磨けます。

 

 

 

このように針金の下にある歯の回りも綺麗にみがくことができます。

 

 

 

 

そして、針金の下ではなく装置と歯茎の間の汚れをとるのに便利なのがワンタフトブラシです。

 

 

 

ワンタフトブラシはブラシの毛先が三角にとがっている形をしているので狭いところを綺麗にみがくの適しているんです。

 

 

 

 

もちろん歯の裏側や装置が邪魔にならない箇所の歯ブラシに普通の形の歯ブラシも必要ですよ。



矯正期間中の歯磨き粉にもブリアンはおすすめ、プラークの量を減らしてくれるので歯みがきが楽になる

矯正期間中は虫歯になる確率がすごく高くなります。

 

矯正装置のせいで歯みがきがすごくやりにくい上に、汚れもつきやすくなっているからなんです。

 

 

そんな矯正期間中にもブリアンの歯みがき粉はとてもおすすめです。

 

 

ブリアンに配合されている、ブリス菌は使っていると、プラークの量が減少し、虫歯菌の数も減ってくるので、矯正治療中の歯磨き粉として継続的に利用すると、虫歯になる確率を減らすことができると思いますよ。

 

ブリアン購入はこちら

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス