線翔の民謡ブログ

線翔の民謡ブログ

線翔庵主・線翔のお気に入りの民謡について語ります


テーマ:

 《新川古代神》は、テンポも速く面白いリズム感の曲で、自分のお気に入りの1つだ。今回、滑川市の「ふるさと龍宮まつり」に行って、本場の踊りを見よう!と、富山ツァーを企画。  

 

祭りの前に滑川市周辺をうろつく。まず、市内大浦の西光寺へ行ってみる。 

  《新川古代神》のいわれは、昔、西光寺の和尚・コダイジが先祖の霊を慰めるために、松明をもって踊り始めたのが元であるという。 

 

 西光寺の境内はこんな感じ。

 

 

イチョウの古木もある。 

 

さて、滑川市の祭り会場へ!場所は滑川駅から、海へ向かった「ほたるいかミュージアム」付近。ここが交通規制となり、踊りのパレードや露店で賑わう。 

 

午後6:30過ぎから、市内の子供たちや、各地の連が出場。最初はCDが流される。  

その後、保存会生唄が始まる。  これに合わせて踊りが続く。

    

 

そして20:30頃から、ほたるいかミュージアムのステージで、保存会の踊りが演じられた。   

 

本場で聴く《新川古代神》は、とてもいい雰囲気だった。特に、保存会の生唄は素晴らしく、皆さん、長い口説の歌詞をペーパーも見ずに歌っておられた。また、ベテランの音頭取りさんの唄がよく、CDなどには収録されていない歌詞が聞けて、よかった。

 

やはり、地元へ行ってみると、いろいろな発見がある!

 


テーマ:

 各地の《ハイヤ節》《ハンヤ節》、そして越後の《おけさ》の源流と目されている《ハイヤ節》の元が、熊本県の《牛深ハイヤ節》であるという。子供のころ、初めて聴いたのはNHKの「日本民謡の祭典」という番組だったのを覚えている。地元の皆さんの演唱だった。かなり個性的な唄だが、子供心に「エーサ牛深三度行きゃ 三度裸 鍋釜売っても酒盛りゃしてこい 戻りにゃ本土瀬戸 徒歩渡り」という長ばやしが印象的だった(今思うと、その意味は分かってなかったな…笑)。

 

 こうした個性的な民謡は、やはり地元の方の唄があまりに印象的で、いわゆる民謡歌手が歌っても魅力を感じないケースが多い。そんな中で、《牛深ハイヤ節》の最近CDが出された!

 

久保田麻琴氏による録音による《牛深ハイヤ節》ばかりのCDだ。

Amazonの商品説明から引用させていただく。

天草・牛深、日本の音頭のルーツと言われるハイヤ節。北からの船と都からの便りが南の風と交り、しなやかで強靭なグルーヴが形成された。長い時間と距離を経て、その唄とグルーヴは日本全国の港に錨を下ろす。
2017年録音のハイヤ節、そして70年代に檜瑛司により収録されたカセット音源、さらにそのリミックス&ダブミックスが2枚組のCDに納められている。--------- 久保田 麻琴


●熊本県、天草諸島・下島の最南端に位置する漁村、牛深。以前ここは、廻船問屋や海産物問屋が立ち並ぶ南九州有数でももっとも賑やかな港町で、船乗りたちは「南風=ハエ」が吹くのを待つ風待ちの時間をつぶすために宴会を繰り広げていまいした。
●彼らが、酒の席で歌い踊っていたのが「牛深ハイヤ節」という賑やかな酒盛り歌です。南九州で歌われていた「二上がり甚句」に南西諸島から持ち込まれた南洋的なグルーヴが加えられて現在の形になったといいます。港町の荒々しさとお座敷歌ならではの洗練が共存する踊りの音楽です。
●この「ハイヤ節」は、牛深だけでなく九州各地に伝わったほか、北前船に乗って日本海沿岸地域にも伝えられ、佐渡島の「佐渡おけさ」や青森の「津軽あいや節」のルーツともなりました。民謡研究の大家、町田嘉章は「全国のハイヤ系民謡のルーツは、ここ牛深ハイヤである」という言葉を残してます。
●また、本アルバムのプロデューサー久保田 麻琴がこれまで6枚のアルバムを製作してきた『ぞめき』シリーズの阿波おどりにも深く影響を与えたと言われています。
●本アルバムのCD1には、現在の最良の「牛深ハイヤ節」が収められています。牛深ハイヤ保存会を構成する“南風倶楽部"、 “加世浦老人倶楽部・恵比寿会"、 “光彩会" 、“牛深朝市一座"という代表的な集まりを収め、「牛深ハイヤ節」以外にその源流と言われる「元ハイヤ(加世浦磯節〜牛深ハイヤ節)」、されに、別の源流を持つ「牛深磯節」も収録されています。
●CD2には、1996年に逝去した徳島県鳴門市出身の舞踊家/民俗芸能研究家、桧瑛司が70年代に録音したと思われる「牛深ハイヤ節」という貴重な録音を1曲収録。さらに、久保田自身による同録音のリミックス/ダブ・ヴァージョンを3曲収めました。
●録音、リマスターは、もちろん久保田 麻琴自身が担当し、これまでの『南嶋』シリーズ、『ぞめき』シリーズや『郡上白鳥』同様、臨場感一杯で、空気感まで伝わってくる音に仕上げています。
(本紹介文は、大石 始氏による解説から多くを抜粋しています)

●牛深ハイヤ保存会の南風倶楽部
唄:山崎チエ/囃子・三味線:山形好香/三味線:古賀晶子/太鼓:西嶋龍一郎
●加世浦老人倶楽部 恵比寿会
●牛深ハイヤ保存会の光彩会
唄:吉浦マサエ/囃子:西岡信子/三味線:吉浦安子、山見カホミ、大曲ムツ子/太鼓:山上勝喜
●牛深朝市一座
唄・囃子=金棒修八、中野栄造、田中裕美/三味線=西嶋龍一郎、古賀晶子/太鼓=古賀晶子
●牛深ハイヤ保存会の南風倶楽部
磯節・ 唄:米田勝行、岩崎 博、原井幸江、黒鶴進治、加世田政美/ハイヤ節・唄:浜村輝行、囃子 吉川妙子/三味線:西嶋龍一郎、吉浦安子、小川光香/太鼓:鯖江 要/手拍子・掛け声・男性:白倉勝二、五十嵐重七、鯖江 東、浅見篤行、米田時男/手拍子・掛け声・女性:山下照香 鯖江ツギエ 高波トシコ 山浦寿子、外浜チサミ、五十嵐順子、黒鶴シオミ
●USHIBUKA HAIYA BUSHI original 70's cassette
録音=桧 瑛司/唄=平塚萬之十、蒔本フミエ/三味線・囃子=武井キヨエ、杉本ウメノ/太鼓=中口正義

 

なかなか楽しいCDだ。前作の「郡上白鳥」もよかったが、今回も民謡好きには興味深いアルバムだ。

 

特に、CD2の70年代のカセットテープのリミックスがこれまたおもしろい。自分が子供の頃、耳にした《牛深ハイヤ節》はこれだなー!という感じ。

 

それにしても、個性的過ぎる《牛深ハイヤ節》だが、民謡歌手のお気に入り《牛深ハイヤ節》がある。

金沢明子さんの《牛深ハイヤ節》だ。

 大体、民謡歌手の《牛深ハイヤ節》には関心が薄いが、この金沢明子さんのテイクはお気に入り。金沢さんのお若い頃の演唱だと思うが、押しの強い唄はかなりアクの強さを感じさせ、大好き!また、三味線、鳴り物が地元の皆さんであることが大きい。そして、西田和枝さんの力強い「サーサヨイヨイ」に始まり、6名の唄ばやしが強烈なインパクトだ。

 今更ながら、レコード解説を見直す。

太鼓に中口正義、三味線に竹井きよえ、蒔本文江の名前がある。これこそ、久保田氏のリミックス版CDにある方々だ。

 土地の方でない、いわゆる民謡歌手による《牛深ハイヤ節》はこうであってほしい!という名盤の1つだと思う。

 


テーマ:

 黒田幸子さんの《出雲音頭》のドーナッツ盤を買った!

 黒田幸子さんと言えば《安来節》のイメージが強い。もちろん、自分も幸子盤安来節は大好きだ。そして、案外好きなのが《出雲音頭》だ。七七七調が延々と続く口説タイプの曲だ。そこに「ヤーハトナヤーハトナ」の唄ばやしがつないでいく。

 

このテイクは、黒田幸子さんの録音でもかなりお若いころのものだ。

写真のお姿は日本髪だ( ´艸`)

そして、三味線に藤本秀夫(※ヒデは王へん)が加わっているキング盤。これが、今時聴けない雰囲気があってお気に入り。

 

そして幸子節の高音の出し方は絶品。♪アー ちょいとやりましょか のあたりのキラッとした声がいいな~。《安来節》とともに、しばらくハマって聴きつづけそうだな!

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス