浜田義之 オフィシャルブログ

_____________________


 ◆無料シークレットメルマガ


 ブログではお伝えしていない、
 マスターの体験を通した知恵をお伝えしている

 マスターの無料シークレットメルマガ は 

 

 → こちらから







_____________________

 マスターの最新情報はこちら → ★

_____________________
 
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

酒と悟り 第十九話 幻想世界

────────────────────────

【無料公開中】

人生・仕事・人間関係に奇跡を生む

ハート(魂)のコミュニケーション7日間メール講座

こちらからご覧ください

 

【無料公開中】

あなたの天才性を目覚めさせる5日間メールレッスン

こちらからご覧ください

────────────────────────

 

こんにちは、あなたを目覚めさせるガイドの
マスターこと浜田義之です。

 

毎週金曜日の21時に

シークレットメルマガ(無料)でお送りする、
本当の自分・魂の本当の目覚めへと導く物語。

 

この「酒と悟り」の物語は、
物語の行間から深い「気づき」や「閃き」
「インスピレーション」を受け取れるように
意図して創作している【特別なお話】です。

 

どうぞ行間から気づきや閃きを受け取ってください。

────────────────────────

    これまでのあらすじ


バーで不思議な紳士と出会ったことをきっかけに、
男に本当の自分へと目覚める旅がはじまった。


禅の老師もとで修業をはじめた男に、幻想的な体験が訪れた。


鮮やかな映像、極彩色鮮やかな幾何学模様や曼荼羅模様。


男はそれら神秘的な映像に魅了され、酔いしれた。


だが老師からは「油断しているからそのようなものを観るのだ」と
言われてしまう


ここから男の幻覚を消すための修行がはじまった。

 

────────────────────────
     幻想世界
────────────────────────

 


またはじめから仕切り直しだ....。

 

自分が瞑想中に現れる幻覚に酔いしれ、
それが素晴らしいことだ思い込んでいたことに気づかされ、
男ははじめショックを受けた。

 

だが男は気持ちを切り替えた。

 

自分はここに悟りに来たのだ。

 

気を取り直し....気持ちを新たに、
禅を組み、瞑想に入る。

 


男は静かに目を閉じた....。

 


眼を閉じた途端!

 

鮮やかな幻覚の続きがはじまった。

 

青や赤や緑や紫の極彩色の模様が、
次々に現れては消え、現れては消えを繰り返した。

 

基本に戻る!

 

男は呼吸に意識を向けた。

 

出ていく息....入ってくる息.....。

 

呼吸をよりどころに意識を集中しようとする。

 

瞼の裏には色鮮やかな世界が、サイケデリックな世界が、
鮮やかに繰り広げられた。

 

昨日までは楽しくて仕方なかったサイケデリック・ショー。

 

それが今日はうとましくてしょうがない存在になった。

 


あんなに楽しんで....浮かれて....バカみたいだ!

 


そんな思いが浮かんできた。

 


呼吸に集中しなくては....雑念にとらわれるな!

 


次にそんな思いが浮かんでくる。

 


昨日まで....こんな幻覚にとらわれなければ....。
魅了されてとらわれていなければ、今こんな苦労をしなくていいのに...。

 


そんな思いも浮かんできた。

 


男はハッとして我に返る。

 


ちがう!考えるんじゃない!
呼吸に意識を向けろ!

 


基本に戻る。

 


出ていく息...入ってくる息.....。

 


呼吸に立ち戻ろうとする。

 


だが色鮮やかな幻覚は消える気配はない。

 


それどころか、男の意志とは裏腹に、
その鮮やかさはどんどん増すばかりだ。

 


消えない....まったく消える気配がない。

 


あれだけ楽しかった幻覚が、

今はもう憎くて仕方ない敵になっていた。

 


老師が....(幻覚を)ただ観ていなさいって言った。
観てていいって言ったじゃないか!

 


行き場のない怒りを、何処かに向けたくて、
何処かに向けずにおれなくて、心は老師を悪者にしようとした。

 


そうじゃない!そうじゃない!
....呼吸に意識を向けるんだ。

 


出ていく息....入ってくる息.....。

 


幻覚は消えない。

 


ゆっくりと回るDNA状の螺旋....。


極彩色の幾何学模様....。


金色に光る曼荼羅模様。

 


列をなして歩いてくる虚無僧....。

 


それら映像がどんどん鮮やかさを増しながら、
現れては消え、現れては消えを繰り返した。

 


消えない....どうしても消えない。

 


呼吸に戻れ!

 

一呼吸に集中しろ!

 

男は呼吸をよりどころにしようとして、
いつの間にか呼吸に必死にしがみつこうともがき苦しんでいた。

 

いつ終わるか計り知れない幻覚状態。

 

男はそれでも必死に幻覚を消そうとして、
一呼吸を逃さぬよう闘い続けた....。

 


今夜21時発行の20話につづく。

 

シークレットメルマガ(無料)に登録いただくと、

第一話からお読みいただけます。

────────────────────────

【無料・公式メルマガはこちら】

公式・あなたの真実へと導くシークレットメルマガ

 
─────────────────────

よろしかったら、ポチっとお願いします

   ↓

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>