P-UPを1人でも多くの人達に伝え、身体や健康の悩みからお手伝いしたいという想いでブログを書いているハマショーこと浜崎将吾です。


今回Round2にて学んだ有本塾についてブログを書きました。有本塾とは美容専門アカデミーSSA本校の主宰である有本さんが直接指導を頂くアカデミーになります。



今回学んだのも前回に引き続き『毛髪科学』になります!!会場には全国からの美容師さん達が集まり11時~17時まで濃密に学ぶ有本塾!!



僕も必死に何とかついて行っています!!

今何かと美容業界で話題の酸熱トリートメント!!実際に新美容出版から最新号『経営とサイエンス 7月号』でも酸熱トリートメントの特集されています!!ただ、まだまだ現場の美容師の方々にはこの酸熱の特性をわかっていない状況です!!



その状況を解決する為、実際に有本氏直々、モデルさんの髪質に対して酸熱トリートメントをするとどのようになるか?!そしてある特殊の水を使ったさらに進化した酸熱トリートメントの検証しました。


(イングラボHP引用)



今回モデルさんの左側にグリオキシル酸、右側にレブリン酸を塗布して検証いたしました。


同期の皆さん、モデルさんのbeforeの髪質を真剣に触っています。

有本氏から酸熱トリートメントのする上で、気を付ける事、今髪の状態がどのようになっているか丁寧に教えて頂きました。

afterが下になります。

左側がグリオキシル酸
右側がレブリン酸

実際に素人の僕が触ってもわかるぐらい全然質感、艶感の違いを感じました。1番驚いたのが、画像には見にくいかもしれませんがグリオキシル酸の髪は色が残っているのに対しレブリン酸は、色が薄くなっていました。それは、それぞれの側鎖結合の特性によって引き起こすのです。上記のように失敗しないようするには、『有本塾』で学ぶ毛髪科学の原理原則が不可欠になります。


最後に有本氏が断言していました。

数年後、業界は、

『今までは誰でも手軽にできるメニュー』
『知識、技術がある高単価メニュー』

に変わると!!

今美容業界の変革期に変わるタイミングに有本塾に参加できた事に感謝し、そして僕がよりレベルが上げる為、授業料を出して頂いたフロンテの松村会長と吉田社長に感謝ししっかり復習し、アウトプットできるよう前へ突き進み恩返ししたいと思います!

本日も読んで頂きありがとうございました。