【ニコデザインオフィス/ラビット109(S)】ドリフトメソッドで川鱸を狙う! | エイチ・エー・エル
 
お世話になっております。
新潟の加藤です。
 
 
以前のログで等速巻きで楽しんだリバーシーバスが、水温上昇の為、河口エリアより酸素濃度の高い上流の淡水エリアに移ってきたので、強い流れの中に潜む川鱸を狙ってきました。
 
 
喰わせ方としては、立ち位置よりアップにキャストしラインスラッグを巻き取った後はルアーを沈ませながら漂わせ、後方にラインが引っ張られるとUの字を絵描きながらターンさせ、ベイトが流されてくるのを待ち構えている川鱸にルアーを送り込んで口を使わせる、ドリフトと呼ばれるメソッドです。
 
 
image
 
 
使用ルアーは
【ニコデザインオフィス/ラビット109(S)】を選択。
流れの中を漂わせる沈下速度が丁度良く、ミドルレンジを(中層)横切らせながら送り込んだルアーがターンする際に、水を噛んだ時だけアクションを起こし、流水の変化にウサギのミミの様なリップが敏感に捉え「食うならココ」と魚の居場所も教えてくれました。
 
 
 
image
 
 
【ニコデザインオフィス/ラビット109(S)】を丸呑みしたシーバスは、まさかルアーだと思わなかったでしょう(笑
 
 
image
 
 
夏の河川上流部で遊ぶ川鱸狙いに
【ニコデザインオフィス/ラビット109(S)】
オススメです!
 
 
image
 
image
 
                     ーTACKLE DATA

ROD: Tailwalk HI-TIDE TZ S88M+

REEL: 15Twin Power C3000

LINE: Alphatackle Power Eye PeeWee WX4 1.5号

SHOCK LEADER:FC16lb

LURE:Niko design office RABIT 109(S)

CAP:Tailwalk FLAT VISOR CAP

BAG:Tailwalk 2WAY BAG

Jacket: Tailwalk DRY ZIP PARKER

NET: Tailwalk CATCHBAR KAI WADING NET II

LIFE Jacket: Tailwalk BELT TYPE A

 

 

 

ポチッとお願いいたします!


にほんブログ村