駿河湾・焼津沖で夜タチジギング! | エイチ・エー・エル

テーマ:

こんにちは!

H.A.Lふぁみり~の内藤賢太郎です。

 

駿河湾・焼津沖で夜のタチウオジギングに行ってきました。

 

駿河湾では、夜中の2時ぐらいに出船し、朝の8時ぐらいに帰港する遊漁船が多いのも特徴です。

 

夜のタチウオジギングでは圧倒的にグロー系カラーにバイトが多発!

 

 

釣行の序盤は、ハーフピッチの移動距離を抑えたシャクリに好反応。

 

じっくりゆっくりジグを見せてから、止めてステイからのガツン!

気持ち良い~!!

 

 

下の画像の様に、リアフックもサルカンなどを付けて長めに設定しています。

 

フォール時のアタリを取る時だけじゃなく、食い渋ってバイトが浅い時の巻き(シャクリ)にも有効なので、オススメです。

 

尻尾を喰われたタチウオの仇をこのハーフピッチとフックセッティングで僕は取っています(笑)

 

 

タチウオジギングにおいてもフックセッティングは、とても重要な要素だと思っています。

 

釣果を伸ばすためにも必要ですし、出来るだけラインを切られないため(ジグをロストしないため)にも必要だと思っています。

 

ジグのウエイトによって長さも違うので、フロントもリアもサルカン・クレンサルカン・5連サルカンなどを使い分けて、長さを調整しています。バイトポイントをイメージして、だいたいジグの1/2~1/3の位置にそれぞれのフックがくるようにセッティングしています。フックの種類もツインフックや4本針などをジグのアクション(誘い方)に合わせて、使い分けをしています。

 

 

こういう事を考えて試すのはとても楽しく個人的にはハマってしまうんですが、たまに抜け出せないような沼に入り込む時があるので(笑)、迷いが生じた時にはすぐに立ち直りが出来るように、自分の中でフックセッティングやジグのカラーの初期設定を作っておいてます。

 

で、最後にタチウオのオススメの一品。

タチウオのコチュジャンユッケ。

 

細切りにしたタチウオを、醤油・みりん・ごま油・コチュジャンと和え、後はお好みで七味やネギを乗っけるだけ!

 

カンタン・早い・うまいの三拍子で、御飯にもお酒にもよく合います。問答無用に旨旨です(笑)

 

 

冬タチシーズンも、釣りに料理に楽しんじゃいましょう!!

 

ポチッとお願いいたします!


にほんブログ村

エイチ・エー・エルさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス