テーマ:
愛媛のランカーハンター 山先亮一さんから、レポートをいただきました〜( ^ω^ )
 
 
ハルシコ105R1の使い方
 
ハルシコ105R1は35gの後方重心。
 
昨年の秋もですが、なぜかハルシコ105R1で釣れるパターンが存在します。
※ハルシコじゃないと釣れないとは良い切りませんがw
 
{E36E24F3-0732-4225-9158-EC6E1417544C}
{31136EAE-584C-4314-AFCD-5A0C9CC0EBDD}
 
水深1m以下の超シャローでヘビーシンキングペンシルをスローで使うとなるとはっきり言って使えないと思い込んでました。
通常、シャローでの瀬や橋脚などのストラクチャー周りを攻める時はシンペンやミノーのスローから攻めて、バイブレーションのファストでリアクション。
これで結果を出してきた。
しかし、年々魚が口を使わなくなり、色々考えてた時にハルシコの飛距離に注目しました。
でも、やっぱりスローでは使いづらい。
でも、なぜか流れより少し速いイメージでミディアムリトリーブするとそのスピードレンジで反応する事に気付いたのです。
ハルシコは世にあるシンペンと言うより、ジグミノー的なテールスイングにロールが混ざり、フォールはジグのようなアクション。
このアクションでの少し速めスピードにマッチするんだと思います。
昔、飛距離重視で色んなジグミノーを使って試しましたが、それらは水噛みが悪く、結果が出た事がなかったので、記憶から削除されていたのを今になって思いだしました。
それらのジグミノーとハルシコでは何が圧倒的に違うのか?
それはハルシコが圧倒的に水掴む能力に長けていること。
水を掴んで、あのアクションで少し速めのリトリーブ。
今回のように散々投げ倒して、諦めかけた時にやる気のないランカーシーバスにガッツリ口を使わせるハルシコの性能に改めて驚かされました。
ナイトゲームのストラクチャー撃ちにおいて、リアクション狙い以外でのミディアムリトリーブには抵抗があるかも知れませんが、騙されたと思って、ハルシコ105R1 35g を使って見て下さい。
僕のように新たな引き出しが増えるかも知れませんよ♫
 
山先亮一

 

 

ポチッとお願いいたします!


にほんブログ村

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

エイチ・エー・エルさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。