「シャイニング」の40年後を描いた、スティーブン・キング原作の映画化である。シャイニングを見たことのある方は、どんな展開になるのかと興味をそそられながらも、シャイニングのイメージをそのまま持っておきたいという気持ちではないだろうか、私もそのうちの一人で、見るかどうか少し迷ったが見ることにした。
ドクター・スリープは、シャイニングを継承しているが、映画としては別物で、むしろ、ドリーム・キャッチャー的なホラー作品に近い感じを受けた。特別な能力をもった人間達の善と悪の対立構造からストーリーは展開され、その力はどのように使うべきなのかといった生と死に関わるスピリチャルな要素も強く感じる。

この作品の面白いところは、別の物語をテーマによって過去と、現在、そして未来に繋げていくストーリーの妙にあるだろう。
映像的にも、シャイニングのファンを裏切らない、むしろシャイニングの解説とでもいうような展開は、うれしかった。
劇中、キューブリック監督のシャイニングの映像やサウンドが登場するが、これらの受け止め方で、本作の評価が変わってくるのではないだろうか。
(★★★★)