二匹目のドジョウとまでは行かなかったようだ。「カメラを止めるな」同様、前半がリアルな問題定期になっており、後半はちゃめちゃな展開となる。アイデアは面白いが、今回はちょっと設定に無理があったか?
コメディとして見てしまえばそれで良しだが、リアリティにかけるため、消化しきれない。面白い作品ではあったが、前作のような撮影的な緊迫感は感じられなかった。私個人としては、エコエコアザラクの佐伯日菜子さんが、タレント家族の母親役で出ていたのが嬉しかった。年齢を重ね、役者として以前とは違った味が出てきた気がする。(★★★☆)

◎イソップの思うツボ公式サイト