この悪意に満ちた世界に、一筋の光が!といった感じで、町田くんが巻き起こす青春物語だ。自分の事は後回し、人のために自分を犠牲にする事も惜しまない。幼い事の経験に基づくものなのであるが、純粋無垢な彼の行動は、恋愛や友人関係、コンプレックスに悩む人々に精神的な救いを与えていく。

主演の二人、町田くん役の細田佳央太。猪原奈々役の関水渚の演技が新鮮で良い。特に関水渚は若い頃の山口智子を思い起こさせる。終盤の展開は若干やりすぎの感じはするが、見終わった後、心がほっこりする良作だ。(★★★☆)

 

◎町田くんの世界