元号が変わり昭和がより懐かしく思えるようになりました。映画「初恋〜お父さん、チビがいなくなりました」も、そんな昭和の香のする、甘酸っぱくそして夫婦の愛を感じさせる映画です。昭和の名曲にさだまさしの関白宣言という歌がありましたが、まさにそれを地でいく感じ。昭和30年代、恋愛結婚があこがれの時代。夫が稼ぎ、妻が主婦として家庭に入るのが当たり前だった時代に結婚した夫婦の今。子供達も成長し、家を出て行った。二人だけの変化の無い生活。愛猫のチビがいなくなった事をきっかけに、夫婦に危機がおとずれるが‥‥。
俳優人では、無骨な演技が光る藤竜也も良いが、なんといってもおばあちゃん役の倍賞千恵子のキュートな演技がすばらしい。そして、モノクロパートで描かれるフラッシュバックが、古き良き昭和のセンチメンタルな恋愛を鮮やかに映し出す。(★★★)