【映画】火花

テーマ:

漫才芸人の夢と希望、苦悩と葛藤を見事に描いている。原作の面白さもあるのだろうが、なんといっても主演の二人、菅田将暉と桐谷健太の演技がすばらしい。漫才の絶妙な間やスピード感はんかは、へたな芸人よりイケている。なにより、日常の生活や会話から漫才が生まれていくシーンは感動ものだ。漫才に苦しみ、漫才に助けられる、そんな漫才に賭けたひたむきな人生にぐっときた。
板尾監督らしい、ニヤッとわらえるようなシュールな演出も見所の一つだ。ほとんどのエピソードが原作者の経験を元に描かれたものだけに、全てのエピソードがリアルで、説得力のある作品にしあがっていた。(★★★☆)

 

◎火花公式サイト

AD