白馬の暮らし

白馬の暮らし

北アルプスの麓、白馬で「白馬風の子」という宿をやっています。
1988年開業以来365日、一人旅大歓迎の小さな宿です。
娘4人の家族経営。女性一人でも安心して泊まれます。最近はアップが楽なフェイスブックの方が更新多め!?
https://www.facebook.com/kazenoko1988

安曇野市穂高にある高橋節郎(せつろう)記念美術館

高瀬川のアルプスパノラマロードに案内標識に気が付いている方は少なくないと思います

決して大きくない建物ですが明るく雰囲気の良いスポット

 

安曇野出身の漆芸術家だそうです。
漆といっても漆器などの作品ではなく独特な芸術作品

1998年の長野冬季オリンピックの漆工芸メダルの作家さんです

 

 

館内撮影OKの作品、スペースも少なくない

そば猪口アート公募展があり素敵な受賞作品が多数展示されています

そばちょこが好きな方は一見の価値あり

 

沈金体験入館料の他に1100円、おすすめです

以前下の子供たちが体験しました 子供でもOK

 

隣接している生家

自由に入れます

 

 

昔ながらの古いガラスは歪みがあって好き

庭園も手入れがなされ美しい

生家に隣接する土蔵は休憩スペース吹き抜けの中2階になっていてテーブルと椅子が設置

ゆっくりと作品集を眺めたり休憩できる空間

 

白馬の行き帰りに立ち寄るのにどうぞ~

 

 

久しぶりの栂池自然園

思っていた以上に紅葉が始まっていた

 

ロープウェイの中からの眺め

白い幹のダケカンバが美しい

このダケカンバ、紅葉が終わって葉を落としてからの景観も素晴らしい

 

栂池自然園入り口に建つ旧栂池ヒュッテ

 

 

 

草紅葉と色付き始めてきた紅葉

 

 

素晴らしい発色の木々

 

 

平日のせいもありそれほど混雑していない

それでも早め行動がおすすめ

 

 

まだ色付き始めが多いので一週間程度は楽しめるかな

 

栂池自然園をはじめ、白馬周辺は標高差が大きいのでこれからしばらく紅葉が楽しめます

 

 

 

 

 

 

 

長野県立美術館と城山公園の中には個性的なベンチがたくさん

 

城山公園のバス停裏手のベンチ

帽子は忘れ物かな 誰もいないベンチに掛け置かれていました

 

 

 

形とサイズが違うベンチがいくつか設置

 

 

コンビニ弁当でも一層美味しくなりそう!?

 

 

館内にもゆったりできるベンチ

 

 

奥の大きな石も座れちゃう?

 

 

 

他にもいくつかあります

お好みのベンチを見つけてみましょう

 

 

 

2021年春に信濃美術館が長野県立美術館として新たにオープン

無料ゾーンがあって城山公園と一体感ある素敵な空間になりました。

 

 

2021年9月12日(日)までは長野県の「命と暮らしを救う集中対策期間」として休館です。

 

 

緩やかな斜面を活かした心地良い美術館

 

 

屋上は自由に立ち入りできる「風テラス」と呼ばれるフリースペース

正面奥の建物は善光寺

 

 

 

風テラスの端は屋上緑化されている

 

 

屋上からの眺め 奥の建物は東山魁夷館

 

 

 

 

 

 

城山公園と美術館が一体となっており散策にもおすすめ

 

 

館内外に無料エリアがあって気軽にアートに親しめます

外の大きな石は建設時に地下から出てきたもの

これもツルツルに磨かれたアート作品

 

 

みんなのアートプロジェクト展示作品  無料エリアの作品

画像は交流スペースの壁面に一筆書きのアニメの一瞬 2作品が上映 

もうひとつの「飯縄縁日」も素敵な作品 

夢の中にいるような… 細かな動きを目で追ってしまう また行きたいな~

 

 

美術館専用の駐車スペースはないけど

美術館の東側(高いほう)の元NHK長野があったところが無料駐車場

 

「霧の彫刻」9時30分から18時30分まで1時間ごとに5分ほど出現 

風がない日は霧の中に入ると前が見えなくなります 

 

 

 

 

 

 

風の子の庭が夏色に

 

みどりいっぱい、様々な花が咲き競っています

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日が差すと暑い白馬です

日陰は爽やか

のんびりとお過ごし下さい

 

 

 

 

あそび王国Hakuba47と名乗って2021グリーンシーズンオープン中のHakuba47

 

ファミリーにおすすめ

駐車場周辺のベースエリアとゴンドラリフトに乗って行くアルパインエリア

 

 

 

ベースエリアにはキッズでも楽しめるミニトレイン(1回500円)や

バンジートランポリン、クライミングウォール(それぞれ2歳以上10㎏以上各1000円)、

おもしろ自転車(30分ひとり500円)など

 

 

大人も楽しめるバンジートランポリン

 

 

バーベキューは雨の日でも大丈夫な屋根付き

何も用意しないで片付け不要、手ぶらで大丈夫、手軽さが魅力

大人2800円、小人1800円

 

本格的な石窯で焼かれ冬に人気のピザハウスルイスも営業中

 

 

ゴンドラリフトは往復1回券が1800円

個のゴンドラリフトはペット連れOK(800円)です

風の子で大人1600円に、小人、ペット100円割引あり

 

 

五竜岳の雄姿

 

 

八方尾根も一望

 

 

 

アルパインエリアに上がると吹き抜ける風がさわやか

 

 

そり遊び、ドックランは無料

もちろんここに上がるゴンドラ料金は掛かります

 

 

ゴンドラ頂上駅舎からジップラインで始めるアルパインアドベンチャーはおすすめ

安全講習を受けてここからスタート

1回2500円 身長130㎝以上100㎏以下

18歳未満は保護者同伴でひとりに付き2名まで

 

注意しなくてはならないのはワンデーパスポート4000円には含まれません

そしてワンデーパスポートプレミアム5000円でもこの利用は含まれません

プレミアムはバンジートランポリン、クライミングウォールがそれぞれ1回付きの一日券です

 

それで2500円別に掛かっても、この施設はお薦めです

(高いところが苦手な方は除く)

木々の間に設置された様々なアイテムを楽しんでいく樹上のアスレチックコース

ハーネスを付けて安全に楽しめます

 

 

揺れがスリルあり楽しい!?

 

 

 

アイテムは4つのジップラインを含めて全28

 

 

 

勇気の一本橋と名付けられたアイテム

頑張って鐘を鳴らそう

 

 

 

 

アルパインエリアには展望テラス設置

エゾアジサイの道を進むとハンモックやテラス席

 

 

大ブランコも設置されており全て無料

ここもゴンドラ上部なのでゴンドラ料金は必要

 

 

 

標高1200mのここは木漏れ日降り注ぐ心地良い空間

この日は平日という事もあり以外と人が少ないのも二重丸

 

 

ゴンドラリフト下部に位置する親水エリア

平川の河原で楽しめます

魚のつかみ取りは11時、13時、14時30分の一日三回

1500円 魚1匹焼いた魚と交換込です 風の子で1300円に割引

 

 

 

ちびっこの歓声が響き渡ります

 

この川の水、大人には結構冷たいです

なぜ子供は大丈夫?

 

 

小さなお子さんには人気の体験イベント

 

 

つかみ取りした魚を焼くのではなく焼いた魚を受け取ります

毎年思う事 焼き過ぎでは…

これはこれで美味しいです 燻製の雰囲気?

 

 

 

このきれいな水の川遊びはお金を掛けずに楽しめます

Hakuba47は駐車場も無料

 

~2021.8.31と9.4~9.20の土日祝 9~16時営業です

 

細かい事はHakuba47のサイトで確認