現役インターネット販売員しか知らされていない、極め効率的通信費用削減術

現役インターネット販売員しか知らされていない、極め効率的通信費用削減術

副業を「サラリーマン」としての安定的な立場を活用して、世間体を無視して、口にしてはいけない本音を語り、水面下でお金をコツコツと稼ぐ 常識を破壊して正しいと思う事を自己責任の基で、試練を強行突破するブログ。

Amebaでブログを始めよう!
【ダイエットと私:不順な動機でもいい(前編)】

ダイエットを取り組む
最初のキッカケは、

ズバリ
「異性からモテたい!!!」
と言った、不順な動機でした。

19歳の春、東北の田舎で
日常生活を過ごす事に
ほどほど嫌気を感じていました。

6年後しで首都圏で
一人暮らしができる
環境を手に入れました。



ダイエットと私 不順な動機でもいい NO1


一人暮らしによる、
食生活の乱れは

確実に肥満体型に
変化を与えていきました。

当時のマインドセットは
「食べたい食事を、好きなだけ食べる」

体型が肥満になろうが
醜いだらしない
格好になってもいい
と考えていました。

ただ、堕落した生活を

4年6ヶ月継続しました。

大学時代、特に入学当初は
同級生でも異性の反応も
至って普通でした。


1年が経過して
徐々に体型が肥満体型
になっていくに連れて

グループディスカッション時
なんかも、事務的対応(塩対応)
に変わっていきました。


ただ、グループが変わり、イケメン君に
変わった瞬間、
女子大生の態度がコロっと
変化する

学生時代のメンタルが非常に
弱かった私は、ネガティブ思考に
陥りました。


当時の私:「結局ビジュアルか。。。」

友人:「まぁしょうがないよ!」
「その体型は相手からしたらキツいよ!」
「痩せたら、まだ可能性あるんじゃない?」

当時の私:「イケメンではないけどなぁ。。。」

この悲壮感がより体重増加に拍車を掛けていきました。






食事:食品 プロローグ 】

ダイエットには、
「バナナ」だけ食べればいいよ。

「もやし」がいい、「しいたけ」
がいい。「〇〇(食品)」がいい
とメディア等で報道しています。

その度に、放送日の翌日
には、紹介された食品が
売り場から無くなると言った


現象が起きています。

結論から言えば、
半分正解、半分不正解です。


【食事・食品プロローグ 挿入画像NO1】



ダイエットをしたい場合の食事は
【高タンパク質、低脂質】が
基本食事になります。

これらの食事を摂取している限り
食事によって太る事は
ほぼあり得ないです。

その状態で太る場合は、
摂取量が過剰です。


【高タンパク質、低脂質】の
スタイルに基づき

糖質のカットを徹底します。

糖度が高いものは、全て厳禁です。
(もちろん一部例外はありますが。。。)

まずは砂糖が、入っている食物は
摂取を控えてください。微量でもです。

そのため、糖度が高い、バナナ
みかん等は摂取を控える必要があります。

この時点で「バナナ」ダイエットは
嘘の情報になります。

(別にバナナがいけない食物ではなく、
ダイエット時には不向きな食材です)



【食事・食品プロローグ 挿入画像NO2】



高タンパク質、低脂質】
の原則に一番反する食事は

「ポテトチップス」です。

これはダイエットする人にとって
一番の大敵です。


なぜならば
【糖質+高脂質】の組み合わせの
食材は、効率よく無駄なく、
人間を太らせる事ができるからです。

その為に、肥満体型になりたい人は
ポテトチップスを食べてください。

飽きたら、砂糖系のお菓子
揚げ物をひたすら食べていくと

どんどん体重は右肩上がりに
増えていきます。


ダイエットを成功させたい方は、
まずは【高タンパク質、低脂質】
の食事スタイルに変えてください。


【食事・食品プロローグ 挿入画像NO3】



まずはこの食事スタイルを継続
するだけでも、体重は徐々に
減っていくはずです。

体重は減らなくても、体脂肪率は
間違いなく減っていきます。

最初は好きなモノを
食べれない事に
嫌気がさすでしょう。

ただし、それを超えた先には
食べないで得られる無常の
喜びがあります。

ぜひ皆さんにも、
実感してください。




【食事・タイミング :プロローグ】

ダイエットを始めようとする時に、
運動量や運動の取り組みに
傾注する事が多いです。

ダイエットを実践する際には、
食事内容や食事するタイミングを
決めて継続する事が一番の近道です。

極端な事を言えば、ダイエットは食事制限
だけで十分な劇的な減量させる事は
十分に可能です。


ただし、体脂肪よりも筋肉量が、
大幅に減量するため、
お勧めはできないです。

私が実践した事は
21時以降は、食事するのは
一切ナシです。

【ダイエットと私】②挿入画像NO1



もちろん、水分の摂取等は
制限はしてません。

なぜならば、21時以降
特に深夜の時間帯の
摂取は、食物が燃焼しにくいからです。

その結果、夜食と取ると、
体に脂肪として蓄積されていきます。


痩せたい人がいくら、運動を開始しても
21時以降に食事をしていけば、
ダイエットの成功は程遠いです。

3食の中で重要度を順列で表すと
次のようになります。

朝食<昼食<夕食


ダイエットしたい人が、
食事量を減らそうとする時には
多く人が朝食を摂取していないのです。
もしくは朝食を抜こうとするのです。


できれば、3食摂取して頂きたいのですが、
それが厳しいならば、夕食を抜いてください。

それくらい朝食が大事なのです。

それは、摂取してから、消化するまでの
時間は多いからです。

夕食特に、夜食の場合は、
摂取してから就寝までの時間が
少ないのです。

















【ダイエットと私 具体的動機:体の部位を定める】

ダイエットを開始して、
目的を明確に設定していない場合は
確実に失敗します。

なぜならば、ゴールが確定してないので、
仮に継続出来たとしても、
何が成功なのかが不明確だからです。


ではどうしたらいいのか、
それは体の部位をどるするのかを明確化させる。


 具体的動機:体の部位を定める】挿入画像NO1



1.部位を絞る!
できるだけ数値化する。
 
私がダイエットを開始する前に
絞ったのは、
「太もも」「おしり」「お腹」でした。

太りきった太ももは、
歩く度に股ずれを
起こしていました。

仕事が終わる頃には、
太ももの皮膚が火傷を
している状態でした

特に店舗販売スタッフのために、
店内を1日中歩く必要あります。

太い足は、仕事開始4時間で
赤く腫れて、
まともに歩けなくなります。
帰宅時には、大股で歩いてました。

「おしり」周りの贅肉も、
余分に付き過ぎて、

これも歩く度におしりも摩擦を
引き起こして、おしりも火傷してました。

それに加えて、
普段着用しているスーツも
しゃがむ度に


おしりの目に合わせて
裂けていました。

その度に、1万円程度を使って
買い換えるのが、無駄に思えてきました。


私はこの3点の部位に対して
問題を抱えていました。

ダイエットで体重を減らす事は
もちろんの事ですが

まずその3点の、日常的な支障を
何とかしたい

これも私のダイエットを
成功させるのに、

大きなポイントとして
働きました。


なぜならば、日々の運動や
食事指導により

徐々に体重は落ちていきました。
ただ、実際には◯ヶ月経過しないと

大きな変化は訪れないのです。
それでも、厳しいトレーニングと
食事制限は継続しなければならないです。

そんな中でモチベーションを
保つためには

日々多少の変化が
あることなのです。

肥満体型当時にとって
先ほどの部位は致命傷でした。


れが、まず、太ももの
股ずれがなくなりました。

そしておしりの火傷も同時に
解消しました。

他人にとっては、全く気づかない
そして本人以外わからない悩みです。

当人にとっては、非常に嬉しい出来事でした。

それを開始1週間で
実感出来たことは、
大きな励みとなりました。


ダイエットをすると決めた時には、必ずやり方・方法を得ようとする方が大多数だと思います。

 私も同様に、ダイエットに成功した人や、パーソナルジム
(専属トレーナー付ジム)の方に、やり方を学びました。

 また学び、それらを一定期間継続した結果、ダイエットに成功しました。


ダイエットと私 具体的動機 画像NO1

※この画像はイメージです。

 自ら実践して、感じた事は、「やり方・方法」が正しくないと、
どれだけの期間を費やしても成功はできないことを実感しました。
 
 またダイエット方法に関しては、沢山あります。
どれが正しくて間違っているのかは、
個人的な考えはあります。
それはあくまでも、私が個人的に感じているものであり、
一般的に証明できる検証までは行ってません。

加えて、私が実践してないことを、語ることはできないです。
 
しかし、個別な指摘はするつもりもありません。
またそれらの類の質問をされても、答えできまん。(キッパリ!)

今回は私自身が経験して、成功したやり方をお伝えしようと思います。

私がダイエットをしようと、開始した時に以下の事を常に考えていました。

 


1.なぜダイエットするのか? それがなぜ今なのか?
 
2、ダイエットをする事で得られる事・変われる事


 この2点が明確に定まっていない場合、高確率で失敗します。
それは、途中に必ず、誘惑や諦めが気持ちが出てきてしまうからです。


 成功するか否かは、全てダイエット開始前に決まっているのです。どれだけダイエットに対して、強烈な動機があるのかなのです。

もちろん当初の予定通りに、進むことも少ないのですが、
その都度軌道修正する事で、終始ブレることなく進める事ができます。

 私が実践した方法としては、頭の中で天秤を思い浮べる事です。
お菓子を食べたいから食べる→太るダイエット失敗


お菓子を我慢する→女性からモテるよう変化する。

さぁ自分はどっちの選択を取りたいのか?

目先のたかが30分だけの満足感で太る、
そして醜い体を維持するのか?

お菓子を食べる30分の満足を捨て
、毎日24時間、引き締まった体を維持するのか?

さぁどっちが得なの?

常に自問自答していました。
そしてそのマインドセットがダイット以外にも、
活用できる事がわかりました。
 振込期限である1週間は、費用を抑えるのか?サービスを重視するのか?
 徹底的に悩み考えました。確実な結果が欲しい気持ちが次第に強くなりました。
最終決定で思い腰を後押ししたのは、全額返金制度でした。



悩む似 ダイエットと私 情報収集 後編②



仮に痩せなかったら、入会金も含めて〇〇万円が戻ってくると言う、ノンリスクである事が決定打になりました。

 全額返金と言っても、食事指導・週2日50分のマンツーマンレッスン付を
1ヶ月受けてから、所定の効果が全く現れない場合は「ある一定の条件」を満たす限り、自己申告すれば全額返金が適用されます。

 ただし、「ある一定の条件」とは何か?

 専属トレーナー付ジムには、食事指導があります。このジムに通っている場合は、トレーナー特別な許可がない限り、ジムが作成した「食事ガイドライン」に添って、
食事を採る必要があります。
 
 「炭水化物・お菓子・揚げ物(脂分が多い食物)」は絶対厳禁です。
特に、私自身も含めて過度に脂肪がある人は、炭水化物を摂取するメリットがほどんどありません。

 なぜならば、基礎代謝を超える過度の炭水化物・タンパク質等の摂取は全て脂肪として、体に蓄積されていくからです。


 もちろん、筋肉量を増加させてたい人やプロレスラーのように、
筋肉も脂肪も増加させたい人は、この限りではありません。ただ、その人は元々全額返金の対象にはならないです。
(※2012年8月時点) 


 ダイエットに必要な運動・食事指導を受けてまでかつ、専属トレーナーより強制力まで掛けられて、痩せられないのは、途中で挫折した場合だけだと確信しました。

 考えていると直ぐに、1週間が過ぎました。
「全額返金があるから、大丈夫だ、いや返金制度は、顧客を釣るための表現か?」
銀行閉店の14時55分まで、銀行ATM前で手が竦んでいました。
一応、指定口座番号と振込額◯万円と入力して、あとは【振込実行】を表記せて、そのあとひと操作で悩みました。

14時59分前になってふと、
「自分は本気で痩せたいのか?ここでお金を出すのを渋るのか?」
「どっちなんだ!本音は!」
「痩せたい!!」

10秒前
振込実行!

最後の最後まで前金◯万円を払う事を躊躇しました。
専属トレーナー付ジムの申し込みから、1週間の猶予を与えられてから、他の主要駅前にある大手ジムについて、情報収集を始めました。
 
絞り込むポイントは4点で決めました。
1,費用 2.トレーニング内容 3.設備とサービス 4.ジムの所在地

まずは金額については月額◯千円と圧倒的に安いが、トレーナー付指導はありません。食事指導も当然ありません。

 金額は除いては、専属トレーナー付ジムの方が、ダイエット成功に確実に近づけると思いました。なぜならば、費用は大手ジムと比べて◯◯万円と大手と比べて圧倒的に高いですが、サービスの内容がダイエット途中での挫折がしにくいようになっている点でした。


 〈具体例〉
・週2回、50分間 専属トレーナーと一緒に運動する。

・契約期間は3食の内容と食べたもの写真を添付しなければならない。

・週2回のトレーニング開始前に、体重・体脂肪率を測定する。

この3点が大手ジムと比べて魅力的に感じた部分でした。基本的には自己管理で、トレーニングメニューも自己作成しなければなりません。
 ただ、素人にダイエットに効果的な運動方法や、食事スタイルについては全くわかりませんでした。加えてすぐ妥協したくなっても、物理的・精神的に強制力を掛けて、トレーニングを継続できる環境を与えられる部分がダイエット成功するか失敗するかのポイントになるからです。


【情報収集と足で稼ぐ行動 (後編)】挿入画像NO

 
 専属トレーナー付ジムに優れている点は、完全個室でトレーナーとマンツーマンで、トレーニングを受ける事ができる点です。その為に、使用したい運動器具を空き状況を気にすることなく、メニュー通り、順番通り効率よくできることです。

 他の大手ジムの場合には、運動機器は一通り揃って置いているのは同じですが、個別に運動器具を用意されいませんで、自分が使いたい運動器具を自由に使うことができないです。ジムが混んでいると、使いたい運動器具を他の会員が使用している間は待つ必要あります。そして個室ではないので、周りのお客様に対して、多少なりとも気を遣う必要がある事です。

 そして週2回も通いますので、なるべく自宅から近い方が良いです。その点も悩みました。専属トレーナー付ジムは片道1時間かかる場所にしかありませんでした。(2012年当時、現在は新規店舗により、片道15分程度の場所にもできましたが。。。)

 その一方で、大手ジムは片道15分程度の場所にありました。高額でかつ1時間掛けてまで、通う必要性はどの程度あるのか?

 そして最終的に費用と通う時間を妥協する事によって、短期間で痩せる目標が中途半端になって、ダイエット失敗するのか?
 それとも、高額な費用かけても、確実に痩せる(ダイエット成功)を選ぶのか?
ギリギリまで考えました。
 専属トレーナ付某ジムにカウンセリングをしてもらう為に店舗までいきました。

 待つこと数分後、カウンセリング担当者がやってきた。

 いきなり深々とお辞儀をされて、御丁寧に名刺まで渡された。プライベートこんな経験をしたのが、初めてだったので、恐縮してしまった。


 
【情報収集と足で稼ぐ行動 (後編)】挿入画像NO3

 
 某ジム担当者:「遠い所わざわざ、店舗まで足を運んでくださりありがとうございます。まず、店舗選んだキッカケと目標を聞かせて頂けますでしょうか?」

私:「サイトに記載されている情報が正しいのか?コンセプトと私の目的が達成できるのかを確かめにきました。現体重(97kg)から70kg~75kgまでに減量したいと思っています。約30kgの減量とは現実的はなさそうなで、最低でも20kg~25kgは落としたいと考えています。その為に必要な費用は惜しみません。」

 担当者:「わかりました。目標に関しては4ヶ月程度で達成は可能です。(キッパリと断言)そして、リバウンドしにくい体作りも同時進行できます。ただ、2ヶ月では下地しかできないので、4ヶ月契約であれば、お約束します。


   私:「本当ですか?断言されたのは初めてです(焦る)」

 担当者:「もし、達成できないのであれば、入会金も含めて全額返金致します。」

普段の私であれば、ここで一度踏みとどまって一晩、考えていましたが、あまりにも堂々した態度で自身満々と全額返金を宣言するとは、余程の自信があると感じました。どうしようか一瞬迷いましたが、ここでせっかくの機会を失いたくない気持ちと、騙されていないだろうか?5分ほど葛藤しました。

私:「わかりました。決めました。今すぐに契約書類を持ってきてください!!」

 担当者:「それではご用意致しますのでお待ちください。」

 これまた、勢いで契約をしてしましまいました。今なら書類にサインしていないから、引き返せるのでは、色々考えるがベストの答えがでない、更に焦っていました。
数分後に担当者が書類を持って、戻ってきた。

 担当者:「入会金◯万円と【基本コース50分週2回:2ヶ月】+【継続コース50分週2回 追加2ヶ月】で合計が◯◯万円になります。シューズ以外は全て店舗で用意しますので、シューズだけお持ちください。シューズ預ける場合は、預かり料◯万円になります。

   私:「シューズ預けは無しでお願いします。」


 担当者:「それでは契約種類の記入と契約注意事項にチェックを入れてください。また今日より1週間以内に最初の入金は入会金◯万円を指定銀行口座に振込をお願いします。入金を確認次第、店舗担当者より、トレーニング開始時期等詳細を決めていきます。期限が過ぎた場合は今日の申し込み書類は無効とさせて頂きます。」

  私:「わかりました。」

 1週間以内という猶予期限を貰ったことに対して、その場では気持ちに余裕ができました。その瞬間1週間後ギリギリまで考える事に決めました。そしてカウンセリングは終始非常に丁寧な接客を受けた事に対して、好印象でした。またそこも悩みポイントでした。恐らくサイトに記載されている情報は、誇大広告ではなく、本物に違いないただ、ダイエットにここまでお金を掛けていいものなのか、ひたすら考えても答えが一向に出てきませんでした。
 肥満体型による、仕事の効率性を低下させるだけでなく、体臭により取引先である店舗関係者スタッフに対して不快な気分を与えた事に対して、同僚スタッフに事細かに指摘を受けました。
 
 指摘を受けた時に、突発的に1週間以内に具体的な解決策を提示すると、勢いだけで回答してしまったので、その時点では全く当てもありませんでした。
 
 それから、ダイエットに関する情報収集を開始しました。その中で一番重視したのは、短期間でかつ確実に結果が出る方法でした。

 
 そのため、運動もしないで、何かを摂取して痩せるやり方、また寝ながら◯◯ベルトを巻いて体脂肪減少等、どこか胡散臭い情報は徹底的に排除していきました。
 
 職場関係者や友人にもダイエットして成功経験がある人が全くいなかったので、インターネットで何度も検索して、直感的に信頼できそうなジム2つに絞りました。

【専属トレーナ付某ジム】と【主要駅前ある某大手ジム】の2つに絞りました。


※企業名と店舗名は控えさせて頂きます。

【ダイエットと私】②挿入画像NO1


 このジムは、サイトでいくつかのキーワードで検索かけると必ず広告表示されました。サイトを開くと、「短期間で絶対に痩せる」「痩せなかったら、全額返金!」
 「ダイエット成功率95%」等といった魅力的な文言が並んでいました。
「カウンセリング無料」とあったので、すぐに、電話予約をしました。サイトだけでは、信用性に欠けていて、信じる事ができなかったからです。1週間後にカウンセリング予約を取り付けました。

 カウンセリング当日店舗に入ると、高級ホテルのラウンジのようないい香りと雰囲気でしたが、何組か専属トレーナとお客がトレーニング中だった為にトレーナの掛け声と共に男性の悲鳴にも聞こえる太くて苦しそうな声が漏れてきました。


 すぐにフロントにいたスタッフが冷えているおしぼりとペットボトルの水を持ってきた、扱いが非常に丁寧でした。本当にジムなのかと疑うような接客姿勢で感心していました。入店からすぐに、カウンセリング担当者がやってきた。 

 
2012年6月 私は職場のスタッフに指摘を受けました。

同僚スタッフ:「お前 自己管理を徹底しろよ! 肥満体型で生じている、体臭について取引先から、上司に厳しい指摘を受けているの知ってるのか?」

私:「そうだったんですか。。。知らなかったです。。。。。。」

同僚スタッフ:「その指摘事項を本人(私)に対して、直接言えなくて悩んでいる。それと同時にくだらない指摘で他のスタッフの評価を落としている事を自覚しろ!!」

私:「わかりました。1週間以内に具体的な解決策を提示します。」

この会話が決定打となり、本格的にダイエットを実践することになりました。

 この時、23歳。一人暮らしをして、5年目の夏でした。一人暮らしで偏った食生活と運動不足により、1年間で10kgのペースで体重が増加していきました。

ダイエット開始直前での体重は、「97kg」でした。

デブ全盛期2012年



朝起きれば、疲れがとれてない虚脱感、気持ち悪さ(後に逆流性食道炎であることが発覚する)

日中は、2~3時間少し立ち仕事をすれば、普通の人が、10時間重労働したような疲労感と気だるさを毎日感じていました。集中力も3時間が限界でした。4時間経過した辺りから、思考回路が停止する状態でした.。

また、太くなりすぎた太ももは、歩く度に股ずれを起こし、仕事帰りには内ももが火傷している状態です。

極度の体重増加によって、仕事に影響を及ぼしているのは以前より自覚していたが、その事実から、目を背けていました。

痩せるより、太る方が圧倒的に楽だからです。

太る事ができる人が多くて、痩せる人が少ないのはここに一つ答えがあります。

そして、痩せる為には、ある秘訣を一定期間、継続していなければならないからです。それが非常に辛く、キツいのです。だから私も目先にある楽な選択をしていました。