ドイツスタイルのフラワーデザインスクール花阿彌ブログ

ドイツスタイルのフラワーデザインスクール花阿彌ブログ

全国に教室がある花阿彌インストラクターの活動や、花阿彌のレッスンアイテムなど花阿彌に関するを情報を発信しています。


HAIS(ハイス)とは、花阿彌インストラクターの会(Hana-Ami Instructors' Society)の略称で、全国の花阿彌ブルーメンシューレの指導者たちによって組織した会です。



そんな全国の花阿彌インストラクターの活躍・活動を綴っていますので、是非のぞいてみて下さい。




友だち追加









こんにちは。

福島・郡山校の山川です。

 

 

秋分の日ですね。

 

 

秋分の日って?お彼岸の中日?

お彼岸って?

 

 

まず秋分の日とは毎年9月22日から23日頃とのことで、

 

 

太陽が真東から上り、真西に沈む日。

 

その年のなかで昼と夜の長さがほぼ等しくなる日を、

春は「春分の日」、秋は「秋分の日」と定められていて、

 

 

毎年決まった日付ではなく、

天文学に基づいて祝日が決定されているらしいです。

昨年は22日、一昨年は23日でした。

 

 

なんとなくその日を境に日が短くなっていくのを感じつつも、

ちゃんと天文学的な数値をもって決められていたんですね。

 

秋空と秋桜

 

 

花屋稼業としては、、

お彼岸の中日でもあり、ご先祖様を敬い、

お墓参りに行ったり仏壇に手を合わせたりするなど、

 

 

ご先祖様の供養をする日でもありますね。

たくさんお花を供えていただきたい。

 

 

 

このお彼岸というのも、
秋分の日が昼と夜の長さがほぼ等しくになることから、

 

仏教の世界でいう先祖様のいる「彼岸」と

今私たちのいる「此岸」の距離が最も近い日と考えられ、

 

 

先祖への感謝の気持ちを表しやすい日だと考えられるようになったのが由来だそうです。

 

 

 

そして調べてみると、

同じく春にお供えをする春彼岸、

春分の日は、「自然をたたえ、生物をいつくしむ」日として制定された国民の祝日とのこと。

 

 

春分の日は春の訪れを祝う意味合いが強く、

秋分の日は先祖を敬う意味合いが強いそうです。

 

 

同じような祝日でも、意味合いを考えると違う物なんですね。

 

 

 

夏のじりじりと焼けつくような日差しが少しずつやわらぎ、

一年のなかでも特に過ごしやすい秋の始まりを知らせる秋分の日

 

 

こちらのブログでも秋色のお花がたくさん並んでますね。

植物にもやさしい秋はどことなく儚く感じます。

 

 

暑い夏と寒い冬が長く感じられ、春と秋の心地よい季節が

なんとなく短く感じられるこの頃ですが、

 

 

コロナもほんの少しだけ収まりの兆し。

 

 

ご先祖さまを敬い、

何気ない日常の幸せに感謝する秋分の日に。。。

 

 

 

コスモスのパラレル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花阿彌ブルーメンシューレ 

FACE BOOK→★★★

 

友だち追加

 

 

全国の花阿彌インストラクターは

コチラ↓からチェック出来ます。

 

花阿彌ブルーメンシューレHP

 

 

ランキングに参加しています。

応援クリックお願いします。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 

にほんブログ村  にほんブログ村