ヘアケアドクター三本周生の

https://kanzenhatsumo.com/

 

ヘアケア・スカルプケア の話し。

 

女性の薄毛改善セルフケアシリーズ。

 

3回目の今回は、

 

スカルプケア とヘアケアが同時に出来るシャンプー法

前回お話しした、『ブラッシング』はうまくできてますか?

 

頭皮の汚れ浮かし、血流促進に効果絶大ですので

 

シャンプー前に必ず取り入れて続けていきましょう。

さて、本題。

 

頭皮と髪を同時にキレイにする

 

スカルプケア とヘアケアを同時に出来るシャンプーの仕方

 

ブラッシングの後、バスルームに移ります。

 

始めます。

 

1. 予備洗浄(1回目のシャワーでの流し)

 

とにかく、よーく、よーく、髪を振り分けて

 

地肌から小まめに指で擦る&マッサージを

 

しながらシャワーで流してください。

 

この時のシャワーの温度は、人肌よりも少しだけ熱いくらいがベスト。

 

1〜2回分のシャンプーの所要時間と同じくらいの

 

時間を使って指先でゴシゴシゴシゴシ流します。

この予備洗浄で、おおよそ8割の汚れは落ちます。

おおむね2〜3分間くらいでしょうか。


次、

 

2. 乳化(脂浮かし)

 

ポンプタイプなら1〜2プッシュのシャンプー剤を使って泡だてます。

このタイミングで「気持ち良い泡立ち」が起きていない人は

 

脂分が多いことが考えられます。

 

そんな人は、『乳化(脂分を頭皮及び髪から浮かす)』が必要です。

 

泡立たないままで大丈夫ですので

 

1〜2分間ほど、クリーミーな感じのままで

 

頭皮全体をマッサージするように指で揉み込んでください

(これが乳化です)

 

乳化が済んだら、よく流します。

 

3. 1回目洗浄

 

1〜2プッシュのシャンプー剤をつけて泡立てます。

「気持ち良い泡立ち」でフワフワのフカフカに泡立っていますか?

泡立ちが気持ちよくない場合、もう一度、「乳化」して、脂を流します。

 

気持ち良い泡立ちができている場合


それがシャンプーの特徴を生かし切った正しい泡立て法

そして

 

しっかりと指先に意識を置いて、擦る&マッサージする感じで

 

頭皮と髪を丁寧にシッカリと洗ってあげましょう

 

4. 2回目洗浄、3回目洗浄


このあと、シャンプー洗浄を後2回続けてできたら

 

完璧にお使いのシャンプーの効果を最大限引き出せているといえます

シャンプーは、3回行います。


1回目は、アブラを流すシャンプー。

2回目は、毛穴・頭皮・髪の掃除をするシャンプー。

3回目は、シャンプーによる、髪のツヤ・ハリの素の注入。

(シャンプー剤の中の成分(主にビタミン系)を、水分との物質代謝によって髪に注入させる、トリートメント効果を狙ったシャンプー法。)

細かく話しているので、大変そうに感じるかもしれませんが

 

やってみると至極カンタンです。

 

要は、よく流し、しっかり洗う(3回)ということ。


頭皮もキレイになるし、髪もキレイになります。

これはシャンプーの効果を最大限引き出し、

 

同時に頭皮も髪もキレイにする方法になります。

 

「シャンプートリート」って私は呼んでます。

あとは、お風呂あがり時にドライヤーで9割乾かし

 

寝るまでに完全に乾いているドライ方法が出来たら

 

髪のコンディションは理想的な状態です。

さらに朗報です、この方法は、頭皮の匂いも抑制出来るというスグレモノ。


女性の方の薄毛の症状で多いのが

 

血行不良と毛穴の脂詰まり。

 

このヒントを正しく理解して

 

この薄毛改善セルフケアシリーズを

 

我がモノにされて頂きたいと思ってます。

 

髪の悩みは、ほとんどが間違ったヘアケア・スカルプケア から起きていると

 

私は考えています。

 

ですので、ほとんどの薄毛は病気によるものではありません。

 

大丈夫です。

 

髪はまた生えます。

 

本気で早期に確実に髪を取り戻したいなら

 

私に任せてください。

 

ご相談はコチラから⇨https://kanzenhatsumo.com/

 

お気軽にどうぞ。

 

それでは今日はこの辺で。